2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« バス停について本気出して考えてみた(159) | トップページ | プレイバック真田太平記・(06)出会い »

2016年7月21日 (木)

主治医が変わるということ

Kassyの持病であります「バセドウ病」。

発病以来、ずっと担当してくれました先生が
今の病院Mを辞められて病院Hに移られました。

正確に言えば、これまでも病院C→病院N→病院Mと
転職されるに従ってついてきたKassyでしたが、
先生が今回病院Hに移られるのにKassyはついて行かなかったのです。

次の病院が、今の病院よりも格段に遠くなってしまうからと、
最初に病院にかかってすでに10年を超え、
主治医を変えてみたかったというのが主な理由です。

それで、新しくKassyを担当してくださる新主治医とは
先週の水曜日に顔合わせを済ませているので
特にキンチョーも何もなかったわけですが、

前主治医のやり方があれば新主治医のやりかたがあるわけで
そのそれぞれが違っても、そりゃ人が変われば内容が変わるので
ある意味仕方のないことなのかもしれません。
とりあえず、検査をすべてやり直すことになりました。

でも、胸に聴診器当てて心臓や脈の音を聞いたり
実際に甲状腺を触診したり、ということは
これまでの主治医にはしてもらっていなかったことなので、
(風邪の時にも聴診も触診もしてもらえなかったという……(^ ^;;))

期待半分、不安半分、といったところでしょうか。
いや、その中に安心半分というのが加わりますかね。

とりあえず、次回検査は検査項目が格段に多くなるので
時間は長くかかりそうです。

« バス停について本気出して考えてみた(159) | トップページ | プレイバック真田太平記・(06)出会い »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バス停について本気出して考えてみた(159) | トップページ | プレイバック真田太平記・(06)出会い »