« プレイバック真田太平記・(31)それぞれの悲願 | トップページ | vol.204・だまされるな!! »

2016年10月19日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(169)

終点停留所の旅“たそがれ”第139弾です。

今回はO分県H田市の
F田バス停をご紹介します。


Pi0716

ちょっと逆光ですが(^ ^;;)
The 村 !! という雰囲気の風景。

初めて来たけれど、なぜか落ち着きます。

Pi0713

この狭いスペースを利用して
待機と折り返しをしていたのでしょうか。


Pi0714

「F田」バス停です。


Pi0715Pi0712

バス停となりの川は、普段は非常に大人しく
優しい癒しの音を奏でてくれる小川なのですが、
集中豪雨では、場合によっては暴れまくりまして
土石流が発生する危険性を孕んでおります。

みなさま、要注意を。

|

« プレイバック真田太平記・(31)それぞれの悲願 | トップページ | vol.204・だまされるな!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレイバック真田太平記・(31)それぞれの悲願 | トップページ | vol.204・だまされるな!! »