« プレイバック真田太平記・(33)事件勃発 | トップページ | お祭り »

2016年10月26日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(170)

終点停留所の旅“たそがれ”第140弾です。

今回はO分県H田市の
A日ヶ丘団地バス停をご紹介します。


Pi0750Pi0753

団地の中心部まで乗り入れるような感覚ですが、
折り返しはどこでやるんでしょうね?
ここに到着後、5分の時間を空けて出発するようですが
周辺に転回場のようなスペースは見当たりませんでした。

道路と施設の空きスペースを使ってUターンしているんでしょうか。
車両によってはなかなか難しそうですけどね。


Pi0751

団地の片隅に停留所。
でもまあまあ便利のいい場所に立っています。


Pi0752

お隣は学校。
団地の中にある高等技術専門学校。
こんな、住宅街の中という環境にある
高等技術専門学校も、ある意味珍しいかもしれません。

|

« プレイバック真田太平記・(33)事件勃発 | トップページ | お祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレイバック真田太平記・(33)事件勃発 | トップページ | お祭り »