2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック真田太平記・(35)大坂入城 | トップページ | vol.205・ストレス発散! (前編) »

2016年11月 2日 (水)

方向幕考(127)改

幕ファンのみなさま、
大変長らくお待たせいたしました。

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”。
今回は、第127回(第73弾)でご紹介した内容の修正版です。

過去に公開した幕内容の更新ということで
上のようなタイトルにしているという裏事情は
前回もご説明いたしました通り。

第127回では、N鉄バスC豊から
G藤寺営業所の直行・特急用トップドア車と、
C豊急行の専用車で、新フォントのものをご紹介しましたが、
今回更新するのは、C豊急行の専用車の方です。

今まで公開していたのは非営業含む6コマでしたが、
それに2コマ追加されただけという
「こんだけかいっ」とお叱りを受けても仕方ないような分量です。

大きく変わったことと言えば、やはり
G藤寺バスセンター閉鎖により
終点の設定がG藤寺バスセンターからN鉄G藤寺営業所へ変更になり
路線としては短縮されてしまったことに尽きると思います。

でも、それはちゃんと再現しないと、ですね!

以前の表記“T(G藤寺)川”の意味は
このバスはT川地区、それもG藤寺が終点ですよ、と
教えてくれているわけですが、

G藤寺バスセンターが単なる「G藤寺」停留所となり
終点停留所がN鉄G藤寺営業所に短縮されたとなれば
今までのような“T(G藤寺)川”という表記では
旧バスセンターの「G藤寺」停留所まで行く、と誤解されかねず、
仕方なく“T(N鉄G藤寺)川”という表記に変更されたものと思われます。

ただ、旧バスセンターが「G藤寺」停留所ではなく
もっと別の名称に変わっていたならば……??
方向幕の内容も、また変わったものになっていたかもしれませんね。


それではどうぞお楽しみください! ↓↓↓


<方向幕コレクション>
専用ページへ

« プレイバック真田太平記・(35)大坂入城 | トップページ | vol.205・ストレス発散! (前編) »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック真田太平記・(35)大坂入城 | トップページ | vol.205・ストレス発散! (前編) »