2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック真田太平記・(39)兄弟再会 | トップページ | vol.206・ストレス発散! (後編) »

2016年11月16日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(172)

終点停留所の旅“たそがれ”第142弾です。

今回はO分県H田市の
★払バス停をご紹介します。


★払・I野地区はO分県旧前T江村の中に位置しておりまして、
山の奥、とてもとても山奥まで進んだところにあります。

まずはいきなり★払に行く前にI野バス停から。

Pi0761Pi0762

田舎だから車の行き来が少ない、ということを差し引けば
バス通りは、いたって普通な感じ。


Pi0760Pi0759

バス停前にあるのは、小学校。
いや、逆か。小学校の前にバス停ですな。

小学校ホームページによれば、
133年間の歴史があったI野小学校も
2012(平成24)年3月に閉校してしまったそうです。

現在は地域交流センターとして、
そして避難所として、もしものために備える毎日。


Pi0768

I野から狭隘路に入っていきます。
こんな道幅通って行くの!? という驚きは
もしかしたら先日ご紹介した、焼き物の
小鹿田(S山)に似たような感じかもしれません。

I野から★払につながる、中間のバス停。
もうここまでくれば、立っていることが役目のようなもので
標柱がボロボロであっても、立派じゃなくても
まあ許そう、な感じ。


Pi0763Pi0765

行けるところまで行きました、という感じの★払。
まぁ、バスも1日2往復であれば
地域の方の車の駐車場になるのも納得?


Pi0764

★払。


Pi0767Pi0766

大雨の日に訪問したせいか
バス停のすぐ下を流れる小川は
水量も多く、ドドドと轟音を立てていました。

分厚い雨雲に覆われた転機でしたので、
者新が全体的に薄暗く写っておりますね。
見づらくて申し訳ないm(_ _)m

« プレイバック真田太平記・(39)兄弟再会 | トップページ | vol.206・ストレス発散! (後編) »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック真田太平記・(39)兄弟再会 | トップページ | vol.206・ストレス発散! (後編) »