2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック秀吉・[新] (01)太陽の子 | トップページ | vol.210・おひとりさま。 »

2017年1月11日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(177)

終点停留所の旅“たそがれ”第147弾です。

今回からF岡県に戻りまして、
Uきは市のS尾バス停をご紹介します。


Nh2709

ひとつ手前のバス停から、
終点停留所「S尾」を見上げてみました。

カーブミラーのすぐ右に写る鉄塔のあたりまで登ります。

Nh2706Nh2704

住宅以外何もない場所。
つづら折の峠道が始まります。


Nh2707Nh2708

いや、何もないわけではありません。
ちょっと下ったところにはお店もあるみたいだし、
周辺には何より茶畑が広がります。

その茶畑は急坂の途中にありますので、
急坂の途中から畑へ下りる道も、おのずと急坂に。
行きは良い良い、帰りは恐い。


Nh2701

峠を越すと、病院があるみたいです。
高原と名前がつくと、自然に囲まれて癒しがあって
それだけで治癒していきそうな病院にも思えます。


Nh2705

で、S尾。

このバス停は平成26(2014)年10月1日に廃止されまして、
その告知の紙が貼られております。
N鉄バスからのニュースリリースを得まして、
8月27日に慌てて取材に行ったのでした。


Nh2702Nh2703

転回場は、もう少し奥に進んだところの
鉄塔のおとなりのスペースです。

« プレイバック秀吉・[新] (01)太陽の子 | トップページ | vol.210・おひとりさま。 »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック秀吉・[新] (01)太陽の子 | トップページ | vol.210・おひとりさま。 »