2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック秀吉・(09)猿のかく乱 | トップページ | vol.212・過去の自分に教えてあげたい (前編) »

2017年2月 8日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(180)

終点停留所の旅“たそがれ”第150弾です。

今回はF岡県A倉郡の
H珠山駅バス停をご紹介します。


Pi0717Pi0719

バス停をご紹介する前に、まずは駅から。

ジェイR H田H山線の駅です。
立派な構えですが、
昭和46年(1971)2月から無人駅です。


Pi0718

T峰村から見れば、H珠山駅は右下にあります。
分かります?

Pi0720Pi0721

駅名板の下には、誇らしげな
「九州で唯一!」という文字が踊ります。

ちなみに全国に目を向ければ、大阪府と京都府の境にある
ジェイR 東K道本線(K都線)のY崎駅などがあります。


Pi0722Pi0729

ホームに上がってみましたよ。


Pi0723Pi0724

一日9往復。およそ2時間おきの運行です。
位置関係は、運賃表を見れば一目瞭然。


Pi0725Pi0728

ホームを貫く県境。
狭いホームながら、しっかりと自己主張していました。


Pi0726Pi0727

具体的に線で表されると
ああ、県境なんだなぁという感じです。


Pi0730

いろんな駅で見かける設備。
これって何なんですか?


Pi0731

乗車位置目標が、いちおう書かれています。
これを目安に列車を待ちましょうw


Pi0732

せっかくこういう駅にやって来たので
ホームと地面との高低差を実感しましょう。

意外にホームの高さがありまして、
もしも列車が猛スピードで近づいていたなら
ホームに上がるのにかなり必死になるかもしれません。


Pi0733Pi0734

ホームから駅舎に戻ります。

いかにも駅員が改札していそうな改札口。
駅事務室を改装してトイレになった駅舎。


Pi0735Pi0737

駅舎となりには公園があります。
そこから、到着電車を眺め……。

おふたり下車されました。


Pi0740

で、いよいよバス停のご紹介。
バス停前をO肥川という一級河川が流れています。


Pi0738Pi0739

こちらのバスは7往復の運行です。

かつてはH木からH珠山駅までの運行でしたが、
現在はH木からH珠山駅を経由して小I原の運行です。


Pi0741

橋を渡ったところにあるF井神社。


Pi0743Pi0744Pi0745

カントリーサイン。

O分県のは温泉アピール、
H田市のは鵜飼アピールです。


Pi0746

その反対側は、実に寂しいもンです。


Pi0747Pi0748Pi0749

「国境石」……県境なので、
昔ながらの国境に置かれたんでしょう。

« プレイバック秀吉・(09)猿のかく乱 | トップページ | vol.212・過去の自分に教えてあげたい (前編) »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

実に趣きのある駅舎に趣きのあるバス停!
時の流れを忘れそうですね(^。^)

──────────

カミチィさーん。こんにちは!
今日もコメントありがとうございまーす。


>実に趣きのある駅舎に趣きのあるバス停!
交通量は多くないし、駅前には川も流れていて
落ち着いた環境であることは間違いないです。

時間を忘れてのんびりできますよ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック秀吉・(09)猿のかく乱 | トップページ | vol.212・過去の自分に教えてあげたい (前編) »