2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 始発の顔 | トップページ | 恐怖 »

2017年3月19日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(11)さらば愛(いと)しき人よ

今川を捨てて故郷の岡崎に戻った松平元康。

その裏切りに激怒した今川氏真は
元康の妻・瀬名に自害を命じます。
次郎法師は井伊谷から駿府に駆けつけ
助命のためにあれやこれやと対策を練りますが、すでに遅く。

とその時、馬で駈けてくるひとりの男。
元康の家臣・石川数正であります。

元康に攻められて自害して果てた鵜殿長照の
忘れ形見を人質として預かっているので、
瀬名、竹千代、亀姫の3人と引き返せよと要求。
これが、後に語り草となる元康による瀬名の人質交換劇です。

寸でのところで助かった瀬名は、
元康が待つ岡崎へ向かうことになりました。

今川館に残る母・佐名と松平に戻る娘・瀬名。
母と娘が敵味方に分かれてしまいますが、
母は笑って娘を送り出します。
「迷うことはありません。今度こそ今川を手に入れなさい」

佐名は、娘婿・元康の裏切りの廉で、自害に追い込まれます。

一方、今川方の井伊に戻る次郎法師とも敵味方になりますが、
こちらは何だかんだ言って書状のやり取りは続けそうな気がします。


今川義元の討ち死に以来、
没落に向かって進んでいく今川家を嘆く寿桂尼。
兵がおらず満足に戦えず、それを見て更に離反が続き
その悪循環を食い止められない当主・氏真。

「起こさせねば良いのです。起こる前に握りつぶすのです」
ただ黙って見ているだけでは何もできません。
寿桂尼は、焦って自暴自棄に陥る氏真を見据えます。


元康から、瀬名を救ってくれたお礼にと
山伏が届けてくれます。
そして、井伊直親にも元康直々の書状を──。

元康が行う鷹狩りへの招待状です。

直親は、その書状を小野政次に見せます。
今川はもう立ち直れまい、と
今後の見通しも考えて、松平と接触をして
おかなければならないと直親は考えているようです。

井伊家にあって今川派の家臣である政次に
どう動くかを決めてもらう必要がありますが、
政次にとっては選択肢などありません。
「選ぶ余地などない。俺も今川と共倒れなど御免だ」

ただし、井伊が今川から松平に乗り換えたと悟られてはなりません。
今川の間者がどこにいるか分からないので、口外無用のこと。
もう一つは、全てを政次にお知らせしてすること。
この2つを直親に約束させます。


元康の鷹狩りに向かった直親は、さっそく元康と対面します。
対面した男は、身体のあちこちに刀傷を作っておりまして
それだけでも直親は圧倒されます。

鷹狩りも無事に済み、元康からの感状をもらって戻ってきました。
約束通り、その感状も政次に見せるわけですが(笑)。
ただ、直親が会ったのが元康本人でないことに
直親は当然ながら気づいておりません。


常慶という山伏が、次郎法師を尋ねてきました。
南渓和尚の知り合いらしく、
風来坊気取りであちこち歩き回っているようです。
「松平元康さまよりお礼の品をお持ちしました」

お礼はもうもらったのに……?

直親は、いま岡崎と
みだりに連絡を密にするのは危ないという考えです。
そこに次郎法師が飛び込みます。
「直親! 我らは今川に謀られたのかもしれぬ!」

今川館には、政次が呼ばれて寿桂尼と会っていました。

寿桂尼は、直親が元康に宛てた書状を持っていました。
これは直親の字ではない? と政次はとぼけますが、
書状を持ち込んだのは、まぎれもなく直親と会った
あの刀傷の男です。

「まさか目付でありながら加担しておったのではあるまいな」
答えられよ、と政次を問い詰めます。


直親は、いっそ元康に助けてもらうという道を選びます。
もし戦になれば、元康が合力するだけで
今川とは充分に戦えるかもしれません。

岡崎城に出向いた次郎法師と南渓和尚は
元康が会いもせぬまま、こちらに割けるだけの兵力はないので
合力はできないと常慶に返事させます。

瀬名の件で助けてやったと次郎法師はもったいぶって言いますが、
それも三河の者たちは、駿河出身の者たちのことは捨て置こうと
考えていたのに、元康が哀れに思って助けてやったようで、
今は瀬名たちは寺に軟禁されています。


次郎法師はさんざん粘るも、結局松平の助力は断られ、
今川が川の向こう岸まで軍勢を進めてきました。
井伊としては、軍勢を迎え撃つしかありません。

未だに政次からの音沙汰がありません。
斬られたか、捕らえられたか、裏切ったか。
直親は、政次は井伊を守ったのではないかと
思いたいところです。


今川の脅しに応じて、直親が申し開きのために
駿河へ向かうことになりました。

「待っておるからな亀! 何をしても
 どんな卑怯な手を使っても戻ってくるのじゃ!」
ギュッと抱きしめられた次郎法師は、
直親の背中に泣き叫びます。

直親は、僅かな手勢で駿河へ向けて出発します。
しかし道中、大軍に囲まれます。


作:森下 佳子
音楽:菅野 よう子
題字:Maaya Wakasugi
語り:中村 梅雀
──────────
[出演]
柴咲 コウ (次郎法師)
三浦 春馬 (井伊直親)
高橋 一生 (小野但馬守政次)
貫地谷 しほり (しの)
苅谷 俊介 (新野左馬助)
筧 利夫 (中野直由)
市原 隼人 (傑山)
菜々緒 (瀬名)
花總 まり (佐名)
星田 英利 (刀傷の男)
──────────
尾上 松也 (今川氏真)
阿部 サダヲ (松平元康)
──────────
浅丘 ルリ子 (寿桂尼)
前田 吟 (井伊直平)
小林 薫 (南渓和尚)
──────────
制作統括:岡本 幸江
プロデューサー:松川 博敬
演出:渡辺 一貴


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』
第12回「おんな城主直虎」

デジタル総合:午後8時〜
BSプレミアム:午後6時〜

« 始発の顔 | トップページ | 恐怖 »

NHK大河2017・おんな城主直虎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 始発の顔 | トップページ | 恐怖 »