2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック秀吉・(23)半兵衛の死 | トップページ | 時間の感じ方 »

2017年3月29日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(186)

終点停留所の旅“たそがれ”第156弾です。

今回はF岡県A倉市の
N渕バス停をご紹介します。


Pj1250

取材でココに到着したとき、ちょうどバスと遭遇しました。
と言っても、ここまで運行して折り返し、出発する路線バスではなく、
ここまで回送でやってきて折り返して回送で戻っていくというもの。

でも突然遭遇したものだから、アッと思ってカメラをセットするも
そういう時に限ってもたもたしちゃって、
撮影できた時にはバスは消えかかる寸前だったり。

Pj1246Pj1248

ここが「だんごあん」バス停。


Pj1247

名前がとても特徴的です。
ワタクシには「あんのおだんご」というイメージしか
持てないのですが、決してそういうわけではありません。

その名前の由来は、他の方が詳しいので
どうかそちらをご参照くだされm(_ _)m


Pj1249

夏は、このせせらぎが涼しさを提供してくれますよ。


Pj1244Pj1245

バス停からさらに坂を登ったところに
バス折り返しの転回場があります。

コンクリートの転回場も良いけれど、
こういう転回場も、味がとてもあります。

« プレイバック秀吉・(23)半兵衛の死 | トップページ | 時間の感じ方 »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック秀吉・(23)半兵衛の死 | トップページ | 時間の感じ方 »