2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月の31件の記事

2017年3月31日 (金)

プレイバック秀吉・(24)左遷寸前

一本の矢はたやすく折れるが、三本束ねると強い。
名将・毛利元就の三人の息子たちは、
三本の矢が如く結束して中国地方に強い勢力を誇った。

信長軍団にとって、今や毛利は最大の敵。
その難敵に対するのが、我らの羽柴秀吉。

播磨の姫路城に本拠を構えた秀吉は、
旗色を鮮明にしない武将たちの中で苦戦していたが
ついに、ある条件付きで備前の大名
宇喜多直家を味方につけようとしていた。

2万の兵を手に入れ、戦線を大きく前進させる。
宇喜多調略は、毛利攻めの決定打であった。

その条件は、領主直家を殺さず
領地も取り上げないという寛大なもの。
しかし信長がこの条件を許すはずがない。
危険な賭けに出た秀吉……さあどうなる──!?

続きを読む "プレイバック秀吉・(24)左遷寸前" »

2017年3月30日 (木)

時間の感じ方

やっぱり、楽しいことをしている時の方が
時間はすぐに経ってしまいますね。

昨日、同僚の方と3人でお酒を呑みに行ったのですが
翌日お仕事の方もいらっしゃるので、早く始めて早く終わろうと
18時半スタートに設定していたのですが、

会話が大いに盛り上がり、気がつけば23時半。
慌ててお店を出ました。
外に出たら出たで、周囲のお店は軒並み営業を終え
消灯していたので、街灯はあっても暗かったです(^ ^;;)

でもまあ、自分なりには気分発散できたから
いいのかなぁ、と思ったりしています。

ついでに申し上げれば
お酒の供・ウコンの力を飲み忘れておりまして、
ちょっと調子に乗ってお酒を呑んだものだから
それが今日の朝までちと影響したことが、残念でした……。

2017年3月29日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(186)

終点停留所の旅“たそがれ”第156弾です。

今回はF岡県A倉市の
N渕バス停をご紹介します。


Pj1250

取材でココに到着したとき、ちょうどバスと遭遇しました。
と言っても、ここまで運行して折り返し、出発する路線バスではなく、
ここまで回送でやってきて折り返して回送で戻っていくというもの。

でも突然遭遇したものだから、アッと思ってカメラをセットするも
そういう時に限ってもたもたしちゃって、
撮影できた時にはバスは消えかかる寸前だったり。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(186)" »

2017年3月28日 (火)

プレイバック秀吉・(23)半兵衛の死

デカンショ祭りの季節が間もなくやってくる。

ここは丹波篠山、デカンショ節に歌われるように
山に囲まれた厳しい暮らしの中で
人々が工夫を凝らし、生み出した数々の名産を誇る町。
「ぼたん鍋」「黒豆」「栗」「山の芋」

しかし戦国時代、ここも欲望渦巻く土地であった。

周囲の山々に点在する戦国の城。
その一つ、丹波富士とも言われる高城山にそびえていた
波多野秀治の居城・八上城。

かつての面影を辿ってみると、そこには
光秀の母が磔になったといわれる松の跡がある。

青々と茂る木々に囲まれたこの場所で
なぜかこの松だけが何度植え替えても
枯れてしまうという──。

続きを読む "プレイバック秀吉・(23)半兵衛の死" »

2017年3月27日 (月)

仕事の区分

例えば、ウチの職場でのチームをPとCに分けたとして、
Pチームを更に細分化してC、D、Fとした時、
Kassyの担当は「P-F」になります。
ということは、他に「P-C」担当、「P-D」担当がいるわけです。

で、今日やらなければならない ある大きな業務があって、
しかし「P-D」に業務があるものの「P-D」担当が本日お休みで、
「P-F」にその業務がなければ、
Kassyがいくら“「P-F」担当だ”と主張しても、会社的には
「P-D」の担当に代わって業務を遂行すると、売場は回ります。

まぁ、最低限「P-D」の業務を仕上げていさえすれば
あとは「P-C」担当が「P-C」の業務をするだけなのですが、
業務が押していたようで、「P-D」の業務を終わらせた後で
「P-C」のフォローに入りました。

なんで!? っていう気はさらさらございません。
いつの日か、Kassyが逆の立場で、「P-F」の業務が終わらず
「P-C」担当、「P-D」担当にフォローされることも
もしかしたらあるだろうからです。

いつか、ご迷惑を駈けた時のための布石。
そう思いながら、今日もフォローで別チームの応援に入るKassyです。

2017年3月26日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(12)おんな城主直虎

駿河への道中、突風で思わず目を瞑る井伊直親。

風が止み、目を開けると
今川が送り込んだ刺客に囲まれていました。

「かかれいっ」
直親たち小人数に、大人数の刺客が
一斉に襲いかかります。

善戦するも、やはり多勢に無勢
一人斬り倒され、二人斬り倒されして
ついに直親だけになってしまいます。

幾人にも串刺しにされた直親。
刺客たちが立ち去った後も、次郎法師の心の声が届いたか
「井伊は……どっちだ」と立ち上がって戻ろうと歩き出します。
しかし数歩進んだところで力尽きてしまいます。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(12)おんな城主直虎" »

2017年3月25日 (土)

大声出しますよ!

今日は始発からのシフトで、朝6時半出社でした。

ただ、(前にも言ったかしら?) 今日はチーム内2名の日でありまして
ただでさえ多忙な土曜日、3人であってもチームが回らないのに
出勤する人がいないという、府に落ちない理由で
2名で売場を回さなければなりません。

今日は4時間残業も覚悟しちょりますっっ。

実は残業を1時間やったところで、もう一人の後輩が
帰ってもらっていいですよ! と言ってくれたのですが、
逆の立場として、自分がこれだけの仕事量を残されて
始発メンバーに上がられた時にゃ、こなせる自信がなかったので
とりあえず、目処がつくまで残ることにしたのですが、

覚悟した4時間残業(夜8時)になろうとしても、
業務を終えられるような気がしません。
こりゃ閉店まで残業(6時間半)かなぁ、と諦めたところ
後輩が、いい加減に上がってください、と言ってくれました。

ホントに大丈夫? せっかくだからここまで仕上げるよ?
そう言うKassyに、いやいやいや! と手をSTOPの形に出します。
「帰らないと、大声出しますよ!」(←♀)

ココは在庫を置いている倉庫です。
いやいや、そんなこと言ったら、オイラは
セクハラとか別の意味で連れ去られてしまうべ。
そうなったらそれこそオイラは帰れなくなっちまうべー。

ということで、大声を出されたくないがために、帰宅しました。
うーん、もうちょっといい説得の言葉はなかったのかなぁ?(笑)

2017年3月24日 (金)

プレイバック秀吉・(22)母御前、はりつけ

ポルトガル──。

「カルタ・carta」「ボタン・botão」
「メリヤス・melas」「コンペイトウ・confeito」
「カステラ・bolo de Castela」

南蛮人の到来により、日本語になったポルトガル語は
食べ物や着るものを中心に広まった。

南蛮人の上着である「襦袢・gibão (じゅばん)」は
日本では着物の下に着られ、やがて肌着となった。
南蛮人のズボンである「軽杉・calção(かるさん)」も
現代の農村に仕事着としてその名が残っている。

馬の蹄鉄も、南蛮から入ったもののひとつである。
それまでは、わらじで作った沓(くつ)で
馬の足を守るだけであった。

「ビー玉・vidro-dama」「シャボン・sabão」
「かぼちゃ・cambôdia」「天ぷら・tempora」

秀吉たちが出会った南蛮文化。
その息吹は、現代にも生きているのである──。

続きを読む "プレイバック秀吉・(22)母御前、はりつけ" »

2017年3月23日 (木)

vol.215・過去の自分に教えてあげたい (後編)

vol.215・過去の自分に教えてあげたい (後編)
(パーソナリティ:Kassy)

第215回放送です。

8年間の歴史にひとまず終止符を打ち、ついに新シリーズ
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」始まります!!
8年後、番組はどうなっているでしょうか。

今回のListening Pointは……
発音


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

2017年3月22日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(185)

終点停留所の旅“たそがれ”第155弾です。

今回はF岡県A倉市の
M丸バス停をご紹介します。


Pj1243

県道をひたすら進んでいると、
地図上でこの周辺にバスがあると分かっていても
バス停を探しきれずに。

何往復かして周囲もくまなく探していると
ようやく見つけました。
県道から細い道に入り込んだ方。
川の反対側にバス停発見です。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(185)" »

2017年3月21日 (火)

プレイバック秀吉・(21)命の重さ

戦うばかりが能ではない。

調略、同盟を結び、互いの領土の安全を保証する。
その時、戦国大名は往々にして人質を差し出した。

徳川家康は、その少年期を人質として過ごし
信長の妹・市が浅井長政に嫁いだのも、一種の人質であった。
「わたくしはあなた様の妻にございます」

天下布武を達せんとする織田の勢力、
しかしそれは、数々の人質によって支えられていた。

明智光秀は伊丹有岡城・荒木村重のもとに長女・さよを嫁がせ
新参・小寺官兵衛も最愛の息子・松寿丸を
秀吉に差し出し忠誠を示していた。

いったん事あらば、それは人質の死を意味する。
彼らはいわば、身を守る術も無く
戦いの最前線に置かれたのである──。

続きを読む "プレイバック秀吉・(21)命の重さ" »

2017年3月20日 (月)

恐怖

数日後から始まるチラシの準備を本日行いました。

チラシ掲載商品のリストというものがありまして、
1枚約30アイテムで「少ないねぇ」、2枚で「まぁまぁ普通か」、
3枚で「多いねぇ」、4枚で「大変やねぇ」、5枚で「大丈夫と?」
そんな具合ですが、

そんなリストが、今回6枚も出ました!
しかも、来週には号外チラシとして、
商品リスト3枚分が追加されます。

もうそんな大量になれば、大丈夫? なんて不安は通り越して
恐怖でしかありません。

用意した、ということは、チラシ期間が終われば片づけなければならず、
しかもその2種類のチラシが終了するのは同じ日なので、その日には
合わせて9枚のチラシ掲載商品を一気に片づけなければなりません。

大量に片づけが発生する、そんな日に限って、出勤者がいつもの半分……。
もう、恐怖も恐怖、幽霊話どころの次元の話ではありません。
いったいどうするつもりだろう……。

2017年3月19日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(11)さらば愛(いと)しき人よ

今川を捨てて故郷の岡崎に戻った松平元康。

その裏切りに激怒した今川氏真は
元康の妻・瀬名に自害を命じます。
次郎法師は井伊谷から駿府に駆けつけ
助命のためにあれやこれやと対策を練りますが、すでに遅く。

とその時、馬で駈けてくるひとりの男。
元康の家臣・石川数正であります。

元康に攻められて自害して果てた鵜殿長照の
忘れ形見を人質として預かっているので、
瀬名、竹千代、亀姫の3人と引き返せよと要求。
これが、後に語り草となる元康による瀬名の人質交換劇です。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(11)さらば愛(いと)しき人よ" »

2017年3月18日 (土)

始発の顔

毎週木曜日といい、毎週土曜日といい、
Kassyは始発シフトの顔となっております。

ただ、それは基本シフトではそうなっている、というだけで
週によっては、別のスタッフのシフトがズレていたりして
始発シフトからやむを得ず外れることもあります。

毎週木曜日は、チーム内のシフトの関係で
Kassyは始発シフトからお休みシフトに変わりまして
その代わりとなるスタッフはおりませんので、
ウチのチームからは始発シフトは“不在”に戻ります。

そして土曜日ですが、今日はなぜか
Kassyも、後輩も始発シフトではありませんで、
同様に、ウチのチームからは始発シフトは“不在”でした。

まぁ、次のシフトからは、毎週土曜日は
Kassyか後輩かが始発シフトから出てくるので
不在という状況ではなくなりますが、
今日は珍しく、始発の顔がいなかった、というお話でした。

2017年3月17日 (金)

プレイバック秀吉・(20)軍師の条件

信長は、安土城を飾る全ての軒瓦に緊迫を施した。
『安土城出現』
日本のルネサンス・安土桃山文化の開花である──。

織田信長の思想を象徴するこの城は
装飾、構造の特異性において
日本の建築史上、類を見ない。

宣教師フロイスによれば、この城はヨーロッパの
最も壮大な城に匹敵する豪華で完璧な建造物であり
海外にもその名を馳せた。

完成から焼失までわずか1年あまりの幻の城。

安土→岐阜 75km
  →清洲 100km
  →岡崎 140km
  →伊勢 75km
  →北庄 135km
  →敦賀 75km
  →京都 60km
  →堺  100km
  →播磨 150km

琵琶湖に面した安土城は水路を使えば京までわずか1日たらず。
さらに、近畿・東海・北陸の3文化圏の中央に位置した。

天下を見渡す豪壮華麗な安土城。
夢まぼろしのごとく消え去ったが、
その意志は秀吉の大坂城へと受け継がれるのである──。

続きを読む "プレイバック秀吉・(20)軍師の条件" »

2017年3月16日 (木)

バス停について本気出して考えてみた(184)

終点停留所の旅“たそがれ”第154弾です。

今回はF岡県A倉市の
N渕バス停をご紹介します。


Pj1230

何の変哲もない交差点。


Pj1231

写真の奥の方から手前の方にバス路線が伸びてきて
ここで終点(、となっていたみたいです。路線図によれば)。

でも転回場は、周辺を探してみたのですが
よく分かりませんでした。
どれも転回場でありそうであり、どれも転回場でなさそうであり。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(184)" »

2017年3月15日 (水)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

たっくんさん


今日、3月15日は
“ヘビーコメンテーター”のたっくんさんの誕生日♪

てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

自分のしたいことより嫌なことをせよ。
この心構えさえあれば、道の途中で挫折したり
身を滅ぼしたりするようなことはないはずだ。


(武田信玄の言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

2017年3月14日 (火)

プレイバック秀吉・(19)父の家出

少年:ねえねえお茶飲みに行こうよ、お茶。
女子校生:行かない。

……人をお茶に誘うのは難しい。
そこで! 目指せお茶会! 「豊臣クン出世すごろく」!!

ふりだし─[3]→3・座敷をのぞく
信長は、茶の道具に莫大な値段をつけることで
茶の湯という行為に特別な価値を作り出した。
“怒られて……1コマさがる” →2

2─[5]→7・一夜城つくる
信長は、手柄の褒美にそれらの茶道具を与え
家臣たちの名誉心を煽った。
“4コマすすむ” →11

11─[1]→12・ちょっと一服 一回休み
また信長は、自分の許可なく
家臣が茶会を開くことを禁じた。
茶を政治の道具に使う、これが「茶の湯御政道」である。

12─[6]→18・BOMB! 浮気バレる ふりだしにもどる
後に、この考えを引き継ぎ、発展させたのが秀吉である。
……が、それはあくまで後の話である──。

続きを読む "プレイバック秀吉・(19)父の家出" »

2017年3月13日 (月)

語録

会社の同じチームの後輩がおりまして、
心の声を口で表現することがけっこうあるんですね。
全て説明しちゃうと、どこのだれっていうのが分かってしまうので
言う状況、発音イントネーションに至るまで伏せておきますが、

「いー」「いーえー」「おう」ですw

でも、言った本人は意識していないから
言ったつもりはないんですよね。
「自分、そんなこと言いますっけ??」という感じで。

だから、前もって本人には
口にしたらすぐに言うからねー、と断っておいたのですが、
それから半月、今日、ようやく言ってくれました(笑)。
「いーえー」と「いー」の2種類を!

ただ、「おう」は言うシチュエーションではなくって
言ってくれなかったので、全コンプリートはできませんでしたけど、
言った直後に指摘すると「ホント自分言ってた!」とカンドーしてくれたので、
まぁ、それはそれでよかったのかな(^ ^)

2017年3月12日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(10)走れ竜宮小僧

「政次……いかがしたのじゃ!? 何があった?」
ガサッという大きな物音を聞いて次郎法師が様子を見に来ると、
ケガをした小野政次が座ったまま、脅えた表情を次郎法師に向けます。

奥山朝利に斬り掛かられた政次は、
朝利ともみ合っているうちに返り討ちしてしまったのです。

直親に、事の次第を正直に話すしか道はない。
政次の手当てをした次郎法師は涙を浮かべて説得しますが、
小野はまた、直親の父を奪ったことになったわけです。
「義理とはいえ、いくら何でも許すと思うか?」

次郎法師は、自分がなんとかする、なんとかしたい、と
政次にここに留まるように言います。
「竜宮小僧の務めじゃ」

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(10)走れ竜宮小僧" »

2017年3月11日 (土)

プレイバック秀吉・(18)切腹命令

岐阜、関ヶ原に続く東海道を抑えた信長の安土城。
比叡山より京を臨む光秀の坂本城。
そして北国街道に目を配る秀吉の長浜城──。

琵琶湖を中心に築かれたこの3つの城は
軍事・経済上の重要な拠点であった。
さらに僅かな時間で往復できる
水路を利用して緊密に結ばれていた。

光秀・秀吉・信長の琵琶湖を挟んだ3つのポイントは
天下に鳴り響く「黄金のトライアングル」となる。

無敵のトライアングル。
秀吉・光秀、ふたつの強い力で要所を抑えさせた信長は
さらに次々と試練を与え二人の競争心を煽った。

ふたりにとってそれは辛いものだった。
しかし天下統一の夢に向かって
乗り越えなければならない試練だったのである──。

続きを読む "プレイバック秀吉・(18)切腹命令" »

2017年3月10日 (金)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

うっちゃんさん


今日、3月10日は
“ヘビーコメンテーター”のうっちゃんさんの誕生日♪


てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

大きな舞台になればなるほど、勝負は技術だけにとどまらない。
人間そのものの対決になる。


(野村克也さんの言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

2017年3月 9日 (木)

vol.214・高校入試問題解いてみた。

vol.214・高校入試問題解いてみた。
(パーソナリティ:Kassy)

第214回放送です。

中学3年以来25年ぶり、教育業界から離れて15年ぶりに
高校入試の同日程でガチで試験問題解いてみました。
番組の終わりには素敵なプレゼントのお知らせもあり~♪


今回のListening Pointは……
ルーペ


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

2017年3月 8日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(183)

終点停留所の旅“たそがれ”第153弾です。

今回はF岡県A倉市の
S田バス停をご紹介します。


先日ご紹介した「小I原」に取材に行った後で
今回ご紹介のS田へ向かいました。

Pj1210

小I原から国道500号線をA月方面に進めば
途中でE川ダムのそばを通るのですが、
その近隣でダム工事が行われていることもあり
今から向かうS田方面に迂回させられるのですが、

その迂回路が、道幅といい路面状況といい
かなり整備されておりまして、走りやすかったです。


Pj1208Pj1209

背の低い道路標識。
山の上なのであり得なくはないと思うのですが
降雪量がすごかったら……(笑)。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(183)" »

2017年3月 7日 (火)

プレイバック秀吉・(17)かあちゃんと母御前

貧しくして尾張中村を飛び出した日吉は
墨俣の一夜城や金ヶ崎の殿(しんがり)など
危険な仕事を次々と引き受けて成功し
ついに小谷城を治める城持ち大名になりました。

それは今日で言えば新興企業で
子会社をひとつ任されたようなものです。

これまでの秀吉は、家族と心の知れた家来だけで
思う存分活躍してきました。
でもこれからはどうでしょうか。

織田家は日本一の大企業に成長し、
秀吉もその重役になり、社員の数は数十万。
巨大な組織の中で新しいエリートも使いこなし、
学歴にも知識にも恵まれた他の重役に
勝るような働きをしなければなりません。

秀吉にもいよいよ人生の飛躍の時期がやって来たのです──。
(以上、原作者・堺屋太一氏による解説)

続きを読む "プレイバック秀吉・(17)かあちゃんと母御前" »

2017年3月 6日 (月)

リズム

週2日の、決まった曜日の休日があれば
それまでの身体のペースを掴めさえすれば
少々残業をしても、ペースを掴み直して
休みまで乗り切れたりするのですが、

今までとは違って、始発1日・最終4日のシフトで
しかも定休日が週変わりで決まっていないとき、
なかなかペースが掴めず、ちょっと苦しんでおります。

まぁ、休めるだけマシなんですけどね。

2017年3月 5日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(09)桶狭間に死す

永禄3(1560)年5月、
今川義元は上洛するため尾張方面に軍を進めます。
尾張の織田勢3,000、対する今川勢25,000。
誰もが今川の勝利を疑いませんでした。

尾張・桶狭間──。

織田が守る丸根砦も難なく落とし、
大高城に進めば勝利は間違いなしです。
先鋒を任された井伊軍にも、楽観ムードが漂っています。

そんな中、井伊直盛は
目をキョロキョロさせて何かの音を感じ取ります。
地滑りとも違う、不気味な音です。
直後、敵じゃあ! と叫ぶ兵士の声が聞こえてきます。

「織田じゃあ!!」
織田軍が、狭い井伊の陣に乱入してきて
井伊軍は逃げようにも道を塞がれた形になって
身動きできません。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(09)桶狭間に死す" »

2017年3月 4日 (土)

プレイバック秀吉・(16)隠し子発覚!

1543年、種子島からひとりの少女が異国に嫁ぐため海を渡った。
娘の名は「若狭」。
島の鍛冶職人・金兵衛の娘で
夫はこの年、島に漂着し鉄砲を伝えたポルトガル人。

当時、父・金兵衛は
島の領主に鉄砲の製作を命じられていた。

しかしどうしても分からないことがある。
銃の底をふさいでいた、このネジ。
日本にはまだネジを作る技術がなかったのだ。

半年後、父の元に若狭が戻ってきた。
しかもポルトガルの鉄砲職人を連れて。
日本で初めて鉄砲が作られたのはこの年のことだ。

国境を越えた恋……鉄砲伝来にまつわる政略結婚か、
それとも真のロマンスだったのか。
やがて鉄砲生産の技術は、またたく間に広がり
秀吉たち戦国大名の運命を大きく変えることになる──。

続きを読む "プレイバック秀吉・(16)隠し子発覚!" »

2017年3月 3日 (金)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

やまさん


今日、3月3日は
“ヘビーコメンテーター”のやまさんの誕生日♪


てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

私の歩みは遅いが、歩んだ道を引き返すことはない。


(エイブラハム・リンカーンの言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

2017年3月 2日 (木)

戦えない

ウチのチームから人が減らされたのは
先日もお話しした通りなのですが、
人が少なくて、業務が追いつかず
もう笑うしかありません。

だからあれほど戦えないと言っt

がはは。

2017年3月 1日 (水)

方向幕考(91)改

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”。
今回は、第91回(第44弾)でご紹介した内容の再修正版です。

第91回では、N鉄バスM像から
A間営業所のトップドア車両をご紹介しました。

今回は、観光特急? と言ってもよさそうな
[特急むなかた号]の路線延伸に伴う
幕コマ追加の分の更新です。

M像大社と道の駅むNかたが目的地という
需要を少なからず発掘した路線でありますが、

それに加えて波止場まで延伸し、
船の時間に接続するようにダイヤを構成して
需要を新規開拓したと言ってもよさそうです。

続きを読む "方向幕考(91)改" »

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »