2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« なんと土曜日に!? | トップページ | どうした後輩サン »

2017年4月23日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(16)綿毛の案

駿河の今川館から無事に帰還した井伊直虎。

留守を預かっていた瀬戸方久は、よき話、として
麻より丈夫で温かい木綿を紹介。
飛ぶように売れるであろうこの木綿、
その元となる綿の実を井伊で栽培することを提案したのです。

その、赤毛のアンならぬ“綿毛の案”に感動した直虎は
さっそく瀬戸村の甚兵衛のところに話を持って行って
栽培を持ちかけますが、甚兵衛は浮かない顔です。
栽培する人手が足らないというのです。

前に直虎から出された、耕した土地がその百姓のものになり
3年間は年貢納付を猶予、というありがたいお話も
甚兵衛たちでは耕すというところまではとても行けず。

戦のときは、近隣諸国から兵士を借りることがある、と中野直之。
すると直虎は、兵を借りればよいのか! と
亡き直親の母の実家である鈴木家に
直虎自ら頼みに行ってみることにします。

今川から命じられた目付・鈴木重時が応対します。

直虎は、百姓を少し借り受けたいとニッコリ。
土地を耕せば、その耕したものの土地となるし
土地を持っていない百姓たちにとっては悪い話ではない、と
直虎は胸を張るのですが、

重時は、ウチも百姓が足りず
百姓を貸し出すゆとりなどない、と依頼を断ります。


かつて、井伊の後見を直虎と認めない! と
書状をしたためたしのでしたが、結局は無駄に終わりました。

今は待つ時、いずれボロが出ると小野政次は冷静ですが、
しのは静かに怒りを露にします。
「その脇の甘い女子にしてやられたのであろ。そなたも今川も」

その失態を認めつつ、去り際に捨て台詞を吐く政次。
あまりあちらこちらに噛みつくと頼りを失う、という脅しも忘れません。


結局、他の家臣たちにも人の借受は断られ、
甚兵衛たちが必至な思いで育てている綿の実もなかなか根付かず
直虎は、他の土地で他の百姓が育ててみるという提案をするために
直之とともに再び井伊中の村々を回ります。

いつもいつでもサッサと先に行ってしまう直虎の
お供をしている直之がちょっと音を上げてしまって
座り込んでしまいました。

休んでいる間に、
水を汲みにわき水のところまでやってきた直虎は
そこで、あかいふんどしの男と遭遇します。

旅をしている、というその男に
人手が余っているところはなかったか聞いてみると、
意外なことを言い出します。
「人など買やいいじゃねえですか。たまに売っておったりしますよ」


気候が暖かくなってきたからか、種から花が咲き始めました。
直虎は、人出調達に俄然やる気を出します。

直虎が方久に人買いのことを相談すると、
方久は、人の売買は戦場でよく行われると説明します。
どこで近々戦が行われるか、などの情報は、
市で他の商人たちとの会話から得るのだと、直虎を市に案内します。

商人や山伏たちの会話を総合すると
三河は落ち着いてしまったので、しばらく戦はなかろうが、
美濃で戦が始まるかもしれない、とのことでした。
美濃といえば、三河の隣の織田領、さらにその隣でありまして
井伊谷からは遠すぎます。

ここは、近くで戦が起きるのを待つしかないか……そう諦めた時
「噂を流されてはいかがか」
振り向けば、いないはずの政次が立っていました。
のけぞる一同。

噂というのは、戦が起きるぞ!! といった方面の噂ではなく
百姓募集と求人広告を出すようなものです。

井伊谷では、耕した土地はその者の所有となり、3年は年貢なし。
領主にとって益がなくても、百姓にとってはうまみがあるこの話を
百姓に直に届けさせれば、もともとの土地を捨て、
井伊に逃げ込んで来る百姓も出てくるのでは? というわけです。

まあ、政次が提案したというだけでたちまち否定的になる直虎ですが、
直之は、百姓たちのために、とポンと背中を押します。
そこから直之と方久の、カチカチなお芝居が始まりますが
市の者たちは、ふたりの会話に聞き耳を立てています。

♪己で荒れ地を耕せば 実りがいでてお年貢も
 三とせ(年)もなしと聞きまする
 そりゃまたどーんと羽振りよき まことのことでありますか
 うそと言うなら瀬戸村を 訪ねてみるとよかろうと
 かの瀬戸村でありますか かの瀬戸村でありますか

大声で話し、謡っていたので、声もかすれてしまいます。
そして、直虎は倒れてしまいます。
遊び過ぎてただひたすら眠るだけの子どものように。


翌朝、ざわめきで目覚めた直虎は
井伊屋敷の庭に、百姓たちが大勢集まっているのを見て
目がテンになっています。

直虎の大手柄! ではありますが、政次の策の受け売りで
直虎は心から喜べません。
南渓和尚は、自分の知恵が足りぬと嘆く直虎に
無い知恵は政次から借りてくればいいのに、とつぶやきます。


井伊家に、種子島、つまり火縄銃が届きます。


作:森下 佳子
音楽:菅野 よう子
題字:Maaya Wakasugi
語り:中村 梅雀
──────────
[出演]
柴咲 コウ (井伊直虎)
高橋 一生 (小野但馬守政次)
柳楽 優弥 (旅の男)
財前 直見 (祐椿尼)
貫地谷 しほり (しの)
ムロ ツヨシ (瀬戸方久)
山口 紗弥加 (なつ)
──────────
尾上 松也 (今川氏真)
──────────
浅丘 ルリ子 (寿桂尼)
山本 學 (甚兵衛)
小林 薫 (南渓和尚)
──────────
制作統括:岡本 幸江
プロデューサー:松川 博敬
演出:藤並 英樹


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』
第17回「消された種子島」

デジタル総合:午後8時〜
BSプレミアム:午後6時〜

« なんと土曜日に!? | トップページ | どうした後輩サン »

NHK大河2017・おんな城主直虎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なんと土曜日に!? | トップページ | どうした後輩サン »