« プレイバック秀吉・(31)天下への道 | トップページ | はぴはぴ »

2017年4月26日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(189)

終点停留所の旅“たそがれ”第159弾です。

今回はF岡県H野村の
I屋バス停をご紹介します。


Pk3015Pk3018Pk3017

バス転回場が、当時とほぼ同じ状態で残っているのは
バス停探しにとってはとてもありがたいことでありまして(笑)。

というわけで、I屋バス停はこのあたりにありました。


Pk3019

とはいえ、転回場以外に、ベンチや小屋、個人商店など
終点停留所の名残りと思わせるものがなければ
何を撮って記録していいものか……(^ ^;;)


Pk3016

撮るものがないので、小川などどうぞ(笑)。


Pk3020

現在は、5つ手前にあたる「U」バス停まで
路線バスが上ってきます。
I屋取材後、山を下っていたら
偶然、待機中のバスを見かけたので、パシャリ。

|

« プレイバック秀吉・(31)天下への道 | トップページ | はぴはぴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレイバック秀吉・(31)天下への道 | トップページ | はぴはぴ »