2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« バス停について本気出して考えてみた(187) | トップページ | プレイバック秀吉・(28)高松城水攻め »

2017年4月13日 (木)

さくら

久々の休みに、心のカサカサを洗い流そうと
ザッパーンザッパーンの海を見に行ったのですが、
その途中、河川敷に咲く無数の桜を見つけました。

あまり物に対して美しいという意識を持たないワタクシですが、
まぁ、短期間しか咲かないというのと、週末天候が崩れるので
見納めするには今日のうち、ということもあって、
海からの帰りがけに立ち寄ってみました。

誰かに伝えたいなぁ、と何枚か写真に収めたのですが、
どうやって撮れば一番その美しさを伝えられるのかが分からず
結果的には、ただそこにある物を撮っただけに過ぎない、という
仕上がりになってしまいました。

舞い散る桜の花びらを全身に浴びてっていうのなら
桜の木の下であれば最もそれができるポイントなのでしょうが、
近づけば近づくほど、桜の美しさが分かりにくくなるような気がして。

遠方からも撮ってみましたが、どこからどういう角度で撮れば
“満開!”という感動が伝わるのか。
河川敷なので、川とセットとしたほうが良いのか、
桜を中心に据えれば良いのか。

このあたりは美的センスが大きく影響してきますよね。
Kassy、美的センスはまったくナシ(ゼロ)なので
上達するには猛特訓ですね。

どなたか先生いらっしゃいませんか???(笑)

« バス停について本気出して考えてみた(187) | トップページ | プレイバック秀吉・(28)高松城水攻め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バス停について本気出して考えてみた(187) | トップページ | プレイバック秀吉・(28)高松城水攻め »