2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 憂さ晴らし | トップページ | vol.219・本当は恐い足底腱膜炎 »

2017年5月17日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(190)

終点停留所の旅“たそがれ”第160弾です。

今回はF岡県Y女市の
上T代バス停をご紹介します。


Pk3046Pk3047Pk3051

バス停は、このくぼみのところにありました。
でも、廃止されて標柱が撤去されてしまった現在では
ここにバス停があったんだよと
言われなければ分からないと思います。

上T代です。


Pk3048Pk3049Pk3050

こういう風景って、
故郷を離れてもずっと覚えているものですよね。
そして結婚して子どもが産まれて、その子どもを連れて里帰りした時
自分と同じようにこういうところで無邪気に遊ぶ……。

縁とは不思議なものです。


Pk3044Pk3045Pk3042

で、ここまでやって来たバスは
どこで転回(折り返し)するのでしょうね。
いろいろ探しまわってみましたが、
ちょっと見つけることが出来ませんでした。

Kassyがかつてここでバスを見たのは
すでに転回して
このスペースで出発待機をしていた時でした。


Pk3043

まさか、橋じゃないですよね?(笑)

« 憂さ晴らし | トップページ | vol.219・本当は恐い足底腱膜炎 »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 憂さ晴らし | トップページ | vol.219・本当は恐い足底腱膜炎 »