2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 3連休 | トップページ | 「みんな同じネタでブログを書いてみよう」その1【六本松】 »

2017年7月16日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(28)死の帳面

気賀を手中に治めることになった井伊。
しかしその裏では、もう一人の女子が
熾烈な戦いを繰り広げていました。

武田義信が自害した火急の報を受けた時にまで
話は遡ります。
「どいつもこいつも余をバカにしおって!」

義信が自ら命を断ったというのではなく、
あの親が、あの鬼が殺したのだ、と怒りにうち震える氏真。
振り返ると、寿桂尼が立っていました。
「そのお話は、後にいたしましょう」

今回はちと趣を変え、今川の尼御台のお話を──。


義信の妻、氏真の妹である鈴は
夫亡き後も甲斐に留め置かれておりました。
寿桂尼は、“鈴を駿府に戻して欲しい”という
氏真の書状を持って、甲斐に迎えに行きます。

武田信玄と対面した寿桂尼は
鈴を説き伏せて駿河へ戻すと鼻息荒いですが、
信玄は、自分が説得して必ず駿府に返すと約束します。
そこまで言われては、寿桂尼としては強くは出られません。

信玄には高齢の父・信虎がおりまして
まだ信玄が若いころに甲斐から追放されて京に住む信虎ですが、
今は織田方とも仲良くやっているようなのです。
「尾張の若造に足元をすくわれませぬよう」


駿河に戻った寿桂尼は、旅の疲れで胸を押さえて倒れますが
氏真の妻、北条幻庵の娘である春に、父・幻庵にも口添えを依頼。
こうした寿桂尼の命がけの奔走が功を奏して
北条の仲裁によって鈴と娘は今川に戻されることになりました。

武田にとって今川の人質がいなくなったため、信玄は改めて
今川から誓紙を取っておきたいと条件を出してきました。
いま武田と戦っても勝てない、と寿桂尼と幻庵は
武田へ送る誓紙を書かせ、送らせます。

義信幽閉に端を発した今川と武田の争いは
とりあえず決着することになったのですが
それは結果的に、皮肉にも氏真と寿桂尼の間に
大きな亀裂を生むことになったのです。

それで、氏真は政を顧みず
踊りに明け暮れるようになったのでした。


今川が生き残るため、武田に、北条に、
そして今度は上杉輝虎に書状を送ろうとしている中
寿桂尼は再び倒れ、意識をなくしてしまいます。

氏真は、今川中の笛と鼓と琵琶を集めて
寿桂尼に届けと演奏させます。

眠ったままその演奏を聞く寿桂尼は、夢の中で
氏真が龍王丸と呼ばれていた昔のころを思い出します。
まだ寿桂尼の子・今川義元も存命で
龍王丸とともに蹴鞠で遊ぶ映像です。

目覚めた寿桂尼は、氏真に
つらい思いをさせたことを詫び、
許して欲しいと涙を流します。


気賀の堀川城は無事に落成し、
直虎は方久を城代に任命します。
中村屋与太夫も、伊勢屋も、
城に商人の主がいるだけ、何も変わらぬと笑います。

ただ直虎は、これまで方久は銭の力で乗り越えてきただけに
銭ではどうにもならないこともあることを教えます。

気賀はこれで話がまとまり、
小野政次は、そろそろ戦支度を、と直虎に伝えます。
今川にとっての最後の切り札である寿桂尼の容体が芳しからず
仮にこのまま亡くなれば、今川へ武田をはじめとする
他国から攻め込まれるのは必定、というわけです。

このまま何も準備を施さなければ、
戦になれば今川の軍勢として戦に狩り出されるだけであり、
そうならないようにするために、井伊も今川を裏切る準備を
秘密裏に進めておかなければなりません。


そんな時、寿桂尼から駿府へ呼び出しがありました。

直虎は、井伊家の後見を認められて3年
井伊領内で生産した綿布を寿桂尼に送り
今川の財を潤すほどではないにせよ、
ようやくここまでいたったと報告。

直虎を見込んだ寿桂尼も、顔をほころばせます。

「そなた、あれをどう思うておる」
討たれた直親のことをどう考えているかと
直球で聞いて来たのです。
今でも恨んでおるだろう、と。

家を守ることは綺麗ごとでは達せられない、とは
井伊家当主として3年過ごしたからこその
重みのある言葉です。

直虎が我が娘であれば、とずっと思っていた寿桂尼。
いま、武田に攻め込まれそうになっている今川を
自分亡き後もずっと見捨てないでほしい、と涙を流します。
直虎の才覚で氏真を支えて欲しい、と。

「それでも我らは寝返るのじゃの。全ての恩を忘れ」
井伊谷に戻った直虎は、ポツリとつぶやきます。


直後から、離反相次ぐ今川で粛清の嵐が吹き始めます。
その“死の帳面”には、井伊次郎直虎の名前が──。

×をつけたのは、寿桂尼です。

家を守るのは綺麗ごとでは達せられない、と言った直虎の言葉は
いつも寿桂尼が、自分自身を許すためにつぶやいていた言葉です。
自分のような女は、衰えた主家に義理立てなどせずに裏切る……。

今川は、直虎を討つために話を進めます。


今川は上杉と手を結ぶらしいです。
もし上杉と手を組めば、武田を取り囲むことは出来ます。
武田が頼りとしているのは織田、そしてその下の徳川です。
徳川が武田との関係を改めれば、武田と今川は戦はできないのです。

直虎は、それを逆手に
徳川が武田と手を組まぬようにして
戦にさせないように事を運ぶつもりです。

余計なことをして今川に睨まれるのを恐れる政次と、
どうしても戦を避けたい直虎。


碁盤に向き合っている徳川家康。
そこに瀬名が飛び込んできます。
「井伊から書状が参りました」


作:森下 佳子
音楽:菅野 よう子
題字:Maaya Wakasugi
語り:中村 梅雀
──────────
[出演]
柴咲 コウ (井伊直虎)
高橋 一生 (小野但馬守政次)
柳楽 優弥 (龍雲丸)
ムロ ツヨシ (瀬戸方久)
菜々緒 (瀬名)
本田 博太郎 (中村与太夫)
品川 徹 (北条幻庵)
矢島 健一 (関口氏経)
嶋田 久作 (大沢基胤)
──────────
春風亭 昇太 (今川義元)
尾上 松也 (今川氏真)
阿部 サダヲ (徳川家康)
──────────
松平 健 (武田信玄)
浅丘 ルリ子 (寿桂尼)
小林 薫 (南渓和尚)
──────────
制作統括:岡本 幸江
プロデューサー:松川 博敬
演出:村橋 直樹


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』
第29回「女たちの挽歌」

デジタル総合:午後8時〜
BSプレミアム:午後6時〜

« 3連休 | トップページ | 「みんな同じネタでブログを書いてみよう」その1【六本松】 »

NHK大河2017・おんな城主直虎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3連休 | トップページ | 「みんな同じネタでブログを書いてみよう」その1【六本松】 »