« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月31日 (月)

給料日

給料日、という存在をいっつも忘れてしまいます。
特に今回は、10日後にボーナスもありますので、なおさらです。

今までは、Kassy号の車検以外に使用目的がなく
貯蓄に回しながらなんやかやと無駄遣いしてしまっていますが、
今回はちと欲しいものがあるんですよねー。

パソコンです。Kassyパソコン。

昔から使っていた20世紀パソコン、いよいよやばいようで
データ処理能力もかなり落ちたし、処理時間も延びまくりです。
突然フリーズして、せっかく製作していた作品も
泣く泣く抹殺せざるを得ないことも増えてきました。

これ以上、処理に時間がかかっているのは、何にしても時間の無駄です。
特にワタクシ、BlogにPodcastにTwitterにFacebookもやっているので
その一つ一つの時間が遅くなればなるほど、自分の時間が削られます。

ここは思い切ってパソコンを新しくして、
処理を早めて自分の時間の確保に努めたいところです。
なので、そろそろお店を回って
いくら必要なのか、見てみたいと思います。

| | コメント (0)

2017年7月30日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(30)潰されざる者

井伊直虎は、ひそかに今川家を見限って
徳川家と手を結ぶことにしました。
しかしそれは、亡き寿桂尼に見透かされていまして
寿桂尼の死の帳面“デスノート”にバッテン付きで書かれます。

一方 今川氏真は、武田・徳川との戦を決意。
遠江の国衆たちに戦の準備を命じたのです。

気賀では、ことのほか上手く儲かっているようで
新たに蔵でも建てねば資材があふれんばかりです。
瀬戸方久は氏真に蔵の追加建設を申請し、認められますが
交換条件に、とんでもないことを打診されます。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(30)潰されざる者"

| | コメント (0)

2017年7月29日 (土)

ちょっぴり内緒のお話。

Kassyがお世話になっております整形外科クリニック。
リハビリテーション科では、約10人が1チームとなり
そのうちのどなたかがリハビリに当たってくれます。

どなたに当たるかは、病院について診察券を読み込ませた時に
その画面上に担当療法士さんのお名前が出るのですが、

大好きな療法士さんだと、そのお名前が分かった瞬間から
気分上々、顔がニヤニヤしておりますし、
苦手な療法士さんだと、その瞬間からドヨーンと
口角下がりまくりです。

それだけに、発表されるまでの緊張といったらないです。
1日の気分をも決めてしまう発表ですからね。

今日?
今日は大丈夫です!
大好きな療法士さんのうちのひとりの方でした!

Kassy、リハビリ中はほぼ一切雑談をしないのですが
(寝ているわけではないです。目は開きっぱなしです)
あまりの嬉しさに、ちょっとだけ雑談しちゃいました。
その笑ってくれた笑顔がとても眩しかったです♪

| | コメント (0)

2017年7月28日 (金)

プレイバック葵 -徳川三代-・(08)多数派工作

戦ともなれば数が頼り。

慶長5(1600)年の7月から9月にかけて
徳川家康が大名諸侯に送った書状の数は180通。
情報交換や裏切りを防ぐためのものだろうが、
味方につけば応分の所領を与えるなどと多数派工作。

これに対して石田三成が送った書状は5〜6通だが、
この結果的数字だけに惑わされてはならない。

家康からの書状は子々孫々までの家宝となるので残りやすいが
三成からの書状を隠し持つのは災いの元だと
幕府の詮索を恐れる大名諸侯が
密かに焼き捨てたのではないのだろうか?

天下分け目の関ヶ原の合戦を前に
双方の攻略合戦はすさまじいものになった──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(08)多数派工作"

| | コメント (0)

2017年7月27日 (木)

vol.224・今さらですが

vol.224・今さらですが
(パーソナリティ:Kassy)

第224回放送です。

ひょんなことで、番組登録者数(の一部)を知ったKassy。
予想をはるかに上回る方々にお聞きいただいていることが発覚。
なので自己紹介。今さらですが。どうぞヨロシク。


今回のListening Pointは……
浮気


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年7月26日 (水)

未公開スペシャル!! すべて見せます! 福岡バスブログコラボ・六本松ver.

すべては、第3回オフ会から始まりました。

6月6日(水)、個人的には会社の棚卸を終えた直後となるお休みの日、
ブログ仲間のちょんびんさん (バス路線探検家)
soramameさん (バス停鑑定士)の3人で秘密の会合wが行われました。

過去のオフ会については、以下のリンク先をご参照くだされ。
2010年6月26日(第1回目)のK林カレー@ジェイアールF日市駅
2010年11月20日(第2回目)のYよい軒@G服町

で、単純にオフ会で終わるかと思いきや
オフ会の成果を何らかの形で残そうや、ということになり

「みんな同じネタでブログを書いてみよう」

という企画になったものです。
福博バスあるきのスピンオフ企画、とでも言いましょうか。
であれば、今回はスピンオフ企画のスピンオフです。

続きを読む "未公開スペシャル!! すべて見せます! 福岡バスブログコラボ・六本松ver."

| | コメント (0)

2017年7月25日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(07)弾劾状

歴史というものは、時の権力者に都合良く書かれる。
さまざまの思惑で削除あり、改ざんあり、ねつ造あり。
戦があれば勝者の歴史が残り、敗者の歴史は抹殺される。

石田三成については、出自さえ定かならず。

豊臣秀吉に見いだされて御小姓となり、
経営の才を発揮して佐和山194,000石の大名になるも
生まれつきの律儀さ生真面目さが災いして必ずしも人望高からず。
朝鮮出兵では賦役と論功行賞を巡って
加藤清正・福島正則・黒田長政らの怨みを買った。

三成は、石田正継の次男にして
兄・石田正澄は堺奉行であった。
妻・おりんの姉は、上田城城主真田昌幸の正室である。

三成には三男三女あり、長女と次女は家臣に嫁ぎ、
三女・辰姫は津軽信牧の側室に。
嫡男・重家、次男・重成、三男・佐吉については
諸説がいくつもあり、おいおい真実を探索したい──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(07)弾劾状"

| | コメント (0)

2017年7月24日 (月)

奪っちゃえ

今日はPチーム2人、Cチーム1人の3人出勤で、
以下の業務メニューがあります。

・他店ゆき商品搬出
・追加発注
・チラシ準備
・他店発商品搬入
・返品分伝票記入と搬出
・商品補充

今日は早番だったのですが、その出勤時間により
すでに完了されていて不可能な他店ゆき商品搬出業務を除いて
あとのメニューをすべて!! がんばりました!

そう、Pチームに属するもうひとりのおしごとを
奪ってやったのです! ガハハ!!
(ま、奪えるほどの仕事量だったってことです)

普段は自分担当のエリアしか見ない人ですが、
今日ばかりはさすがに、気づけば
他のエリアのおしごともやってくれていました。

いつもこうだといいんですけどねえ……。。。

| | コメント (0)

2017年7月23日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(29)女たちの挽歌

碁盤に向き合っている徳川家康。
そこに瀬名が飛び込んできます。
「井伊から書状が参りました」

上杉と手を結ぶことなどで、戦をここで止めるという
考えはないか、と直虎は言ってきています。
家康は瀬名に、手紙を持ってきた傑山に伝言を頼みます。
「すぐには返事は出来ぬが、考えておく」と。


永禄11(1568)年3月──。

寿桂尼が机に突っ伏していました。
「我がむくろ、艮(うしとら)に葬るべし。
 死してなお今川の家を守らん」

尼御台ともおんな戦国大名とも異名をとった寿桂尼は
今川家混乱の最中、ついに帰らぬ人になりました。

長年にわたり、男たちにとっては
時に敵となり時に味方になった女であり、
女たちにとっては、敬愛と畏怖を
同時に覚えさせるような女でありました。

井伊直虎にとっては、
恐らくその全てでありました。
直虎は、今川仮名目録を手に
せめてもの供養をと読経をして送ります。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(29)女たちの挽歌"

| | コメント (0)

2017年7月22日 (土)

ちょんびんさんをひとりじめ。

通常、毎週土曜日は、社会的に休日でありながら
会社的には出勤人数が少なすぎる、という単純な理由で
毎週土曜日は出勤メンバーに入っているKassy。

今週の土曜日は、なぜかそれがお休みになっております。
ドウシテ???

せっかくのお休みなので、家でのんびり過ごすことも考えましたが
Kassyの頭の中に、ちと引っかかるイベントがあったのです。
数あるN鉄バスファンの中でも「最高峰」と言っても過言ではないであろう
空北雪涙さん主催の『第10回・N鉄を語ろう』会です。

続きを読む "ちょんびんさんをひとりじめ。"

| | コメント (0)

2017年7月21日 (金)

プレイバック葵 -徳川三代-・(06)多国籍軍

徳川家康は生涯に多くの側室を持っていたが
お付きの侍女であったり町人であったり家臣の娘であったり
高貴な姫君などはひとりもおらず、その家柄は
決して高いとはいえない出身の娘ばかりである。

考えてみると、家康最初の妻・築山殿は
名門今川義元の姪であり、織田信長の逆鱗に触れ
長男松平信康とともに非業の死を遂げた。

2番目の正室・旭姫は豊臣秀吉の実妹であり
いわば政略結婚。
噂によれば器量芳しからず、出戻りの再婚であれば
さすがの家康も遠ざけたという話である。

2度の結婚にこりごりだった家康は
それからずっと独身暮らし。
手ごろの女をとっかえひっかえ。
身分の高い女は災いをもたらす、と思ったのかもしれない──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(06)多国籍軍"

| | コメント (0)

2017年7月20日 (木)

出血。

しょっちゅうしょっちゅうケガをします。

大きいケガでは、落下して脱臼、1ヶ月の重傷。
はさみで手の皮膚を切って3針のケガ。
小さいケガでは、おもちゃの国旗の先端が
鼻に突き刺さって流血事故。

さらには今日、
寸法を測ろうかとコンベックスをシャーッと出したら
それに指を切ってしまうという流血事故。

バンドエイド貼ればいい程度のケガですが、
自分でもほとほとあきれ果ててしまいます。
「Kassyさん……私がいるときいっつも血を流してますよね」
と、つい最近 後輩が呟いたばかりというのに(^ ^;;)

| | コメント (0)

2017年7月19日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(196)

終点停留所の旅“たそがれ”第166弾です。

今回はS賀県S賀市の
Tヶ里港バス停をご紹介します。


Qb1912Qb1913Qb1911

バスは、この細い道を曲がって


Qb1914Qb1915

ガソリンスタンドの看板が見えてきたら、
ここが「Tヶ里港」の終点です……が、

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(196)"

| | コメント (0)

2017年7月18日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(05)反主流

太閤秀吉の薨去後、群雄割拠する中
断然頭角を現したのが徳川家康である。

諸大名を恫喝しつつ伏見城を占拠し
後に豊臣家の牙城たる大坂城西の丸に居座り
本丸同様の天守閣を築かせる有り様。
傍若無人と言うか手が付けられぬというか。

試しに当時の諸大名の勢力を石高で表してみる──。

1位 江 戸 徳川 家康 256万石 ※五大老
2位 広 島 毛利 輝元 121万石 ※五大老
3位 会 津 上杉 景勝 120万石 ※五大老
4位 金 沢 前田 利長 84万石 ※五大老
5位 鹿児島 島津 義久 60万石
6位 仙 台 伊達 政宗 59万石
7位 岡 山 宇喜多 秀家 57万石 ※五大老
8位 水 戸 佐竹 義宣 54万石
9位 名 島 小早川 秀秋 36万石 ※後の福岡
9位 佐 賀 鍋島 直茂 36万石

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(05)反主流"

| | コメント (0)

2017年7月17日 (月)

「みんな同じネタでブログを書いてみよう」その1【六本松】

あれは確か23年前の
平成6(1994)年1月14日(金)のことであった。

ボクが通っていた県立高校では、センター試験本試験を翌日に控え
受験生であるボクら高校3年生が食堂2階にある同窓会館に集められ、
10人の担任団はじめ副担任、そして教科担当の先生方による
ささやかな「センター試験壮行会」が行われたのだった。

がんばれ! だの、試験を楽しんで来い! だのと
いろんな先生方が、ご自分の言葉で激励の言葉をくださる中、
冗談が一切通じないことで有名な物理担当の強面の先生が立ちあがり、
背広の内ポケットから便箋を取り出しながら、おもむろに口を開いた。

「えー、キミたちの先輩が、試験会場への行き方を手紙にしたためて
 送ってくれたので、この場を借りて説明しておく!」

続きを読む "「みんな同じネタでブログを書いてみよう」その1【六本松】"

| | コメント (0)

2017年7月16日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(28)死の帳面

気賀を手中に治めることになった井伊。
しかしその裏では、もう一人の女子が
熾烈な戦いを繰り広げていました。

武田義信が自害した火急の報を受けた時にまで
話は遡ります。
「どいつもこいつも余をバカにしおって!」

義信が自ら命を断ったというのではなく、
あの親が、あの鬼が殺したのだ、と怒りにうち震える氏真。
振り返ると、寿桂尼が立っていました。
「そのお話は、後にいたしましょう」

今回はちと趣を変え、今川の尼御台のお話を──。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(28)死の帳面"

| | コメント (0)

2017年7月15日 (土)

3連休

こういうお仕事をしておりますと、
世の中の3連休が非常に羨ましく感じることも多々あります。
サービス業では、3連休とるのがいかに至難の業か。
ま、そんなジェラシーは後日述べるとして。

世の中は3連休です。
この3連休から夏休み……ですか?
連休明けに数日登校してから夏休みですか?

Kassyが小学生だった時代とは違って
2学期制だの夏休み期間の短縮だのいろいろあるようで
今はどんなスケジュールになっているのかほぼほぼ分かっていません。
小さいお子さまがいらっしゃるご家庭などは分かっているのでしょうけど。

それにしては、今日の3連休の初日は
お客さんさほど多くはなかったです。
なに、これは夏休みに入ってから
ドッと押し寄せて来る予告フラグですか???

ちと戦々恐々なKassyです。

| | コメント (0)

2017年7月14日 (金)

プレイバック葵 -徳川三代-・(04)剛腕五十八歳

水戸光圀の祖父・徳川家康は
生涯に16人もの子どもを作った。

慶長4(1599)年までに産まれたのが12人。
信康、亀姫、督姫、秀康、秀忠、忠吉、振姫、
信吉、辰千代、松千代、仙千代、松姫。

そのうち長男信康は織田信長の命令で切腹、
四女松姫は4歳で病死、
七男松千代もこの春に6歳で病死。

長女亀姫は家臣の奥平信昌に嫁ぎ、
次女徳姫は北条氏直と別れて池田輝政に嫁ぎ、
三女振姫は蒲生秀行に嫁いだ。

残る男子6人のうち
二男秀康は11歳で豊臣秀吉の養子となるも
後に結城家に出されて「結城秀康」となった。

三男秀忠と四男忠吉は1つ違いの同腹兄弟。
五男信吉は生まれつきの病弱、
六男辰千代は無類のわんぱく。
八男仙千代はいまだ幼少。

家康はこの中で、三男秀忠を世継ぎと決め
側近くに置いて遊学をさせていた。

で、かく言う水戸光圀の父は誰かって?
慶長4年の時点ではまだこの世に産まれておらず──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(04)剛腕五十八歳"

| | コメント (0)

2017年7月13日 (木)

vol.223・猛暑対策

vol.223・猛暑対策
(パーソナリティ:Kassy)

第223回放送です。

毎夏「今年は猛暑ですよ」と騒がれつつ、冷夏だった最近。
でも今年の暑さは相当ヤバいらしいですよ!!
更新が遅くなりました。ごめんなさい!


今回のListening Pointは……
熱射病


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年7月12日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(195)

終点停留所の旅“たそがれ”第165弾です。

今回はF岡県K留米市の
I田バス停をご紹介します。


なぜこのタイミングでK留米地区の
しかもN鉄バスの終点停留所に戻ったか、と言いますと
早い話が「取材し忘れていた」んですね(^ ^;;)

で、現在はC後地区を運行しているH川バスエリアを回っていまして
そのついでに立ち寄ったので、今度は取材してもアップし忘れないように
後回しせずに出しておきます(笑)。


ワタクシ、バス好きと言いましても
ホントにバスに乗るのが好きというだけの程度で
営業所に訪問したことも1回しかなければ(←あるんかい)
車両形式がどうこう、といったことも全くありません。

ましてや、エリア外の別地区のことなんて全く分かりません。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(195)"

| | コメント (0)

2017年7月11日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(03)五大老五奉行

歴史の謎は数々あるが、中でも奇怪至極なのは
太閤秀吉のご葬儀である。

秀吉の他界は慶長3(1598)年8月18日だったが
交戦中の朝鮮に悟られぬように喪を秘めて4ヶ月、
慶長4(1599)年に入っても、没後半年を経ても
秀吉の葬儀が行われた形跡がなく。

太閤没後の権勢を巡り政局がにわかに険悪となり
葬儀どころではなかったのではないだろうか。

幼君秀頼の側近・前田利家、奉行・石田三成、
そして実力No.1・内府徳川家康。
天下は割れてまっ二つ、武力衝突寸前の有り様である。

哀れなのは太閤秀吉、葬儀があったのかなかったのか?

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(03)五大老五奉行"

| | コメント (0)

2017年7月10日 (月)

これでも“毎日ブログ”と言い続ける

「ワタシ、毎日ブログを書いてます!」と言える人、すごいと思います。
毎日なんて書けません書けません、ソンケーに値します。
一言日記のようなものではなくて、
しっかりとした記事を書いておられる方は、なおさらです。

Kassyも、一日一記事を“ほぼ”守ってきていますが、
毎日更新なんてできません。
後日、まとめてザッと書いちゃう。

でも、それでもいいと開き直っているんです。
一日の出来事なんて、
その日に書けることがないなんてこともザラなんですから。

数日経ってみて、あああの日はこうだったな、と
自分の中でその日の一日の中で順位付けして
この日のネタはコレにしよう! と決めて書くのも。

ブログには日付が記載されていますが、
ほとんどの方は、更新した日付のことだと思うのですが
Kassyブログの場合は、あくまでその出来事があった日付のことです。

だから今年の冬、伊勢方面へ行った日は未だに未更新です。
長すぎてうまくまとまらない。
ゆっくり時間をかけてまとめあげて更新するつもりです。

| | コメント (0)

2017年7月 9日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(27)気賀を我が手に

気賀の町衆がこぞって井伊谷の井伊直虎のところを訪問します。

「大沢さまに代わって、
 井伊さまで御預かりいただくわけには参りませぬか」
中村屋与太夫は、直虎を見込んで思い切った提案をします。
しかしこれは、瀬戸方久も同じ提案をしていましたね。

ただ、大沢が支配するというのは今川が決めたことでもあり
こちらの一存で井伊が代われるものなのか、
直虎は自信がないので目が泳いでいます。
「ま……待て、一晩考えさせてくれ!」

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(27)気賀を我が手に"

| | コメント (0)

2017年7月 8日 (土)

知らぬ間に

本日は18:15までのおしごとだったのですが、
終礼をするというので事務所に向かうと
そこにはウチのチームの長がおり、突如「今日残れる?」と。

もう上がりで頭をおしごとOFFモードにしちゃったよ……。

このテンションからのお仕事モードは
なかなか厳しいものがあるなぁ、と思いつつ
ムッとしながら「どれだけですか?」と聞いてみたら
1時間、と。

まぁ、1時間なら仕方ないか、と了承したのですが、
チームの仕事場に戻って、まだ出せていない品出し状況を
確認してみても全て出し終わっているし、
商品陳列の補充状況も
確認したら補充したばかりだからまだまだパンパンだし、

さて、何をしようかしら、と考えていたら
同僚の若い女の子(Kassyとは違うチーム)がやって参りました。

続きを読む "知らぬ間に"

| | コメント (0)

2017年7月 7日 (金)

プレイバック葵 -徳川三代-・(02)秀吉の遺言

明暦3(1657)年 春・水戸家駒込屋敷(別邸)──。

水戸光圀がカメラ目線で説明する。
脇で控える介さん覚さん(佐々介三郎・安積覚兵衛)。

そもそも歴史というものは、必ず誰かに都合良く作られる。
有り体に申せば時の権力におもねって作られる。
作り話をでっち上げ、あれも名君、これも名君、
戦があれば勝者が歴史に残り、敗者の歴史は闇に葬られる。

歴史の書物はウソだらけ穴だらけ、矛盾だらけ──。

そこで一念発起した。
ウソのない歴史を作りたい。
一片のくもりもない歴史をこの世に残したい。

慶長3(1598)年8月18日、太閤秀吉は他界された。
そして徳川家康は関ヶ原の合戦で
逆賊・石田三成の大軍を討ち果たす……?

その言い分こそ奇怪至極、
石田三成を“逆賊”呼ばわりするのはバカバカしい。
三成から見れば、家康こそが逆賊である。
三成には三成の申し分があるだろう。

『彰往考来』
往たるを彰らかにし、来たるを考う。
これぞ学問の神髄である。
いにしえの真実を極めるのに何の遠慮がいるだろうか!

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(02)秀吉の遺言"

| | コメント (0)

2017年7月 5日 (水)

方向幕考(126)改

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”。
今回は、第126回(第72弾)でご紹介した内容の再修正版です。

第126回では、N鉄バスC豊から
I塚営業所のトップドア車両をご紹介しました。


今回挿入したのは、先月と同じ
ノンストップ、特急系統でありながら
K尾峠を通らずにバイパスのK尾トンネルを通る
新系統のコマでありますが、

続きを読む "方向幕考(126)改"

| | コメント (0)

2017年7月 4日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・[新] (01)総括関ヶ原

徳川家康──。

三成が挙兵に及べばもっけの幸い。
誰と誰がこれに加担するのか
時を与えてじっくりと見極めようぞ。

後で十把一絡げに葬れば、手間も省ける!


淀殿──。

さては家康殿、豊臣家孤高の家臣に
言いがかりを付け追放に及ぶ所存と見ゆる。

ええい、そうはさせまい!


石田三成──。

家康殿の不忠と専横はおのおの方も熟知しているところなり。
おめおめとこれを見過ごさんか、豊臣家の行く末は
荒波に翻弄さるる小舟のごとくなり。

三奉行いま立たざれば、やれ腰抜けよ臆病者よと
子々孫々まで嘲らるるは必定!


お江──。

殿方が戦をなさるのは、
古今東西の倣いゆえ致し方ござりませぬ。
どうかご存分にお働きくださりませ。

されど、豊臣家と事を構えるは烏滸の沙汰にござります。


徳川秀忠──。

我慢できぬわ!
秀忠はこの宇都宮で立ち腐れか!

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・[新] (01)総括関ヶ原"

| | コメント (0)

2017年7月 2日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(26)誰がために城はある

あろうことか今川を裏切った三河徳川の領地へ
結果的に井伊の材木を横流ししたということで、
龍雲党を使って今川方へ取り返した井伊直虎。

取り返した材木が井伊で伐採したものである証の
「井」の焼き印を確認した関口氏経は、
沈痛な面持ちの直虎と中野直之が待つ部屋に向かいます。

「あの材木はそのまま駿府に留め置くがよい、との仰せだ」
直虎の、今川への忠義の訴えは
聞いてもらえた、ということになります。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(26)誰がために城はある"

| | コメント (0)

2017年7月 1日 (土)

夏本番

寝汗かきました。
こんにちは。

前日、お風呂に入ってサッパリしても
寝汗をかくので翌朝はけっこう気持ち悪く
朝、出がけにシャワーを浴び直したりもします。

7時に起床する予定だったのですが、
あまりの暑さに1時間半も早く目が覚めてしまいました。
ジットリと汗をかいているので、二度寝すること叶わず。

こう急に暑いと、何だか複雑です。
夏、本番ですね。

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »