2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック葵 -徳川三代-・(06)多国籍軍 | トップページ | 大河ドラマおんな城主直虎・(29)女たちの挽歌 »

2017年7月22日 (土)

ちょんびんさんをひとりじめ。

通常、毎週土曜日は、社会的に休日でありながら
会社的には出勤人数が少なすぎる、という単純な理由で
毎週土曜日は出勤メンバーに入っているKassy。

今週の土曜日は、なぜかそれがお休みになっております。
ドウシテ???

せっかくのお休みなので、家でのんびり過ごすことも考えましたが
Kassyの頭の中に、ちと引っかかるイベントがあったのです。
数あるN鉄バスファンの中でも「最高峰」と言っても過言ではないであろう
空北雪涙さん主催の『第10回・N鉄を語ろう』会です。

ただ、今まで諸氏のツイッターなどを拝見するだけで
その会合の存在は知っていましたが、
会合が終わったツイートが流れてくる度に
きっと……土曜日休みだったらきっと参加するンだ!!
と永遠に果たせない夢に憧れを抱き(笑)、

そして偶然に取得できた土曜日休みであっても
会合が行われていなかったりして地団駄踏んだり(笑)。
そんなモヤモヤをほんの少しだけ(?)感じつつ、
会合開催日とKassyの公休日が偶然にして重なる珍事。

心の中では「ゆっくりしたらぁ?」と悪魔が囁く一方で、
「せっかく巡ってきたチャンスだもの」と更に強い悪魔のささやき(笑)。
悩めるKassy、頭を抱えて暴走中。

そうですよね、毎週土曜日が出勤であるのは
今の職業に就いている以上は変わりようのないことであるので、
今後一切、参加できないかもしれませんものね。
であれば、今回のこのよきチャンスに、参加させていただきますか。

さらさら、と参加者要綱を確認すると、
大人(←身体的)は事前申請は不要、とのこと。
うん、ここで申請が必要でもう締め切られてしまっていたら
この時点でおそらく“the END”です。

参加すると決めても、会合場所も分からなければ参加者の方々も
ほとんどはお会いしたことのない方々ばかり。
誘い合って行きたいけれど、そこが高いハードルです。
主催者様でさえ、会ったこともネット上でしゃべったこともないのです。

さてどうしたものか、と考えていますと、
勤務先から会場に乗り込む予定ながら車がない
といったツイートがちょんびんさんから流れてきました。

もう!
なんていいタイミングなの!

ここはちょんびんさんの同伴出勤で会場に潜り込む!!
少々参加不参加を悩んでいたワタクシですが、
結果的にはこのツイートが後押しとなり参加を決めました。
「お迎えにあがります」とメッセージを送っておきました。


お昼12時に自宅を出て、都市高速と西九州道を経由して
ちょんびんさんの会社がある西の方へ──。

で、道中どこかに食べに行こう! というわけで
提案された3軒のお店のうち、「タンタン麺ハウス」に惹かれたので
買ったばかりのスマホを駆使してちょんびんさんに調べてもらい
すでにお昼ご飯を食べたと言うちょんびんさんを巻き込みます(笑)。

そういえばつい先日、
このS和バスエリアの終点停留所の取材を行っていたのですが、
海側にある「F越」バス停だけ取材し忘れるということをしでかしまして、
その話をしますと、「じゃあ今から行きますか」とちょんびんさん。

さらに、その「タンタン麺ハウス」と「F越」に行く道を
実際にバスが通る隘路で案内してくれるという。
ちょんびんさんに道案内してもらいながら、
バス停の場所を教えてもらいながら、気分はさながら乗務教習w

こういう、こんなところバスが通るん!? というのを感じながらの
ドライブというのもなかなか楽しいです。
何度「あー楽しい」と口にしたことかw


そんな感じで「タンタン麺ハウス」に行き、
冷やしタンタン麺をいただき
(本当は麻婆麺?にチャレンジしたかったのですけど
“激辛”の文字に断念……)

「F越」に行って取材をし、

差し入れしたいんですけど、と言い出したKassyのために
「やおきのシュークリームでも買いますかねー」とちょんびんさんご紹介。
H崎にあるお店に買いに行き、さらには共同で出資してくださいました。
ホント申し訳ない。。。

そんな感じで、まさに
ちょんびんさんとデートをして、ちょんびんさんと同伴出勤するという
おみずかっ!! と突っ込まれても致し方ないほど
ちょんびんさんを独り占めして会場に乗り込みました。


会場での出来事は、みなさんご承知の通り。
資料等をさほど持って行かなかったので、専ら聞き役でした。
でもお会いしたかった方とお会いでき、久しぶりに対面できた方もいらして
とてもとても有意義な、充実した一日になりました。

改めまして、ありがとうございます。
そしてこれからも、
どこかでお会いすることがあるかもしれません。
どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

« プレイバック葵 -徳川三代-・(06)多国籍軍 | トップページ | 大河ドラマおんな城主直虎・(29)女たちの挽歌 »

おともだち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック葵 -徳川三代-・(06)多国籍軍 | トップページ | 大河ドラマおんな城主直虎・(29)女たちの挽歌 »