2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 時に追われて | トップページ | 繁忙期にひとり。 »

2017年8月13日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(32)復活の火

武田と徳川による今川への侵攻が今にも始まろうとする中
井伊は今川の罠によって取り潰されることになりました。
井伊直虎と小野政次は、あえてそれを受け入れ
徳川方に寝返ることでお家復活を図るという賭けに出たのです。

尼姿となった井伊直虎は、一連のお取り潰しの件について
前もって徳川に説明しておかなければ、
井伊が今川に味方していると思われては
徳川に攻め込まれてしまうだけなのです。


武田信玄から、あと10日で
今川領に攻め込むとの書状を受け取った徳川家康は
井伊が支配する気賀に酒井忠次を送り込んで偵察させますが
いきなりの襲撃に遭い、命からがら逃げ帰ってきました。

恐らくは今川に忠義の厚い者たちが攻撃してきたと思われます。
そして、井伊は今川に取り潰されたとの噂も持ち帰ります。
今川領まで井伊谷を経由して進もうと考えていただけに
その報告を受けた家康は、目を丸くして困惑の色です。

井伊は今、今川方の目付家老であった小野政次が乗っ取って
井伊家跡継ぎの首もあげたという話でして、
今度こそ直虎の力になれると信じていた瀬名は
ショックを隠し切れません。

家康は、調略を試みようと
今川から送られた井伊の家老・菅沼に話を持ちかけます。
他の2人の家老とともに政次を討ち取ろうと。

そんな時、直虎からの書状が届きます。

井伊がお取り潰しを受け、跡継ぎが殺害されたという話ですが
あれは直虎と政次が仕組んだ
今川家を欺くための見せかけに過ぎず、
跡継ぎの虎松は、三河鳳来寺に預けて修行させている、と。

今川の直轄になったと見せかけて、
徳川が攻め込んできた際には城を明け渡す段取りだ、と。
ゆえに井伊を認めてもらい、徳川の国衆の列に加えてもらいたい、
そうしたためてありました。

家康は愉快そうに笑い、直虎に承知の旨の返事を送ります。


直虎に代わって井伊谷城に居座る関口氏経の家臣たちですが、
政次に黙って駿府へ引き揚げ始めています。
今になってか、と政次の家臣たちは騒ぎ始めますが、
氏経は恐らく、武田へ寝返ったのだと政次は推測しています。

龍潭寺にやって来た政次と対面した直虎は、
徳川からの返事を見せます。
その上で、政次は約束通り徳川が攻め込んできた時に
城を明け渡し、徳川に臣従を誓えばいいと確認します。

直虎は、もし今回のクーデターが成功すれば
政次はそのまま領主の座に居座ってもいいのだぞ、と言いますが
政次には、直虎のような、自分たちの商人の町の領主に
来て欲しいと望まれるような人物にはなれないし、

取り潰されるとなったら
身体を張って抵抗してくれる農民たちもいないし、
尼小僧のためなら仕方ねえなあと一肌脱いでくれる者たちもいない。
政次には、直虎のような芸当はとても真似できません。


永禄11(1568)年12月6日──ついに、武田が動きます。

甲府を発つやいなや、破竹の勢いで攻め上ると
アッという間に今川ののど元まで迫り
今川氏真はまたたく間に追い詰められてしまいます。

そのタイミングで、氏経ら21名の今川家武将たちが
武田に寝返るという前代未聞の事態に襲われます。
さらに、今川が頼みとする賤機山(しずはたやま)は
すでに武田に抑えられているというありさま。


そのころ徳川は、遠江との国境・陣座峠へ軍を進めます。

そこで遠江の道案内を務めてくれる、井伊の目付の
菅沼忠久、鈴木重時、近藤康用と対面する家康。
その褒美について納得した上で花押をしたためるのですが、
近藤がただひとり異を唱えます。

その褒美について、井伊の名がどこにも入っていない──。

井伊はすでに徳川に臣従を誓っているので
名前は入れていないのですが、小野政次は
徳川に味方するつもりで家康を受け入れ
寝首を掻こうとしているのではないか? というのです。


徳川軍が近づきつつあると報告を受け、
政次は家臣に、氏経の家来たちを捕らえて縛れと命じます。
「これより小野は徳川に城を明け渡す!
 徳川につき、その下で井伊家を再興する!」

氏経の家来たちもうすうす気づいてはおりました。
自分たちが氏経に捨てられたということを。
この期に及んでは、小野に従っていくより他に道はない、と
みな小野に臣従を誓います。


井伊谷に近づきつつ、家康は
近藤が言った一言が脳裏から離れません。

徳川軍の先頭に立って、近藤と
家康の使者である酒井忠次が井伊谷に現れます。
忠次は開門を求め、政次は開門に応じるのですが
次の瞬間、降り注ぐ大量の矢が……。

12月13日、奇しくも今川館が焼け落ちたのと同じ日。
井伊谷は近藤たちの攻撃を受けます。
「罠じゃ! 門を閉めよ! 逃げよ!」


作:森下 佳子
音楽:菅野 よう子
題字:Maaya Wakasugi
語り:中村 梅雀
──────────
[出演]
柴咲 コウ (井伊直虎)
高橋 一生 (小野但馬守政次)
市原 隼人 (傑山)
菜々緒 (瀬名)
山口 紗弥加 (なつ)
高嶋 政宏 (本多忠勝)
矢島 健一 (関口氏経)
──────────
尾上 松也 (今川氏真)
阿部 サダヲ (徳川家康)
──────────
松平 健 (武田信玄)
小林 薫 (南渓和尚)
──────────
制作統括:岡本 幸江・松川 博敬
演出:村橋 直樹


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』
第33回「嫌われ政次の一生」

デジタル総合:午後8時〜
BSプレミアム:午後6時〜

« 時に追われて | トップページ | 繁忙期にひとり。 »

NHK大河2017・おんな城主直虎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時に追われて | トップページ | 繁忙期にひとり。 »