« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月31日 (木)

夏休みの終焉

小・中学校は今日まで夏休みなんですかね?

2学期制を組んでいる学校などは
3学期制の学校とは日程がズレているはずなので
もしかしたらすでに学校は始まっているかもしれませんが、

Kassyたちにすれば、8月31日といえば
夏休みの終わりの日であります。
いらぬ心配ですが、宿題終わりましたか?

毎年毎年、8月の月末ともなると
「夏休みの宿題で出せそうなものって何かありませんか?」と
お母さんと、恐らくは怒られて連れて来られた半べその男の子が
よく見られるのですが、果たして今年はどうでしょうね?

| | コメント (0)

2017年8月30日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(200)

終点停留所の旅“たそがれ”第170弾です。

今回はS賀県K埼市の
I谷バス停をご紹介します。


Qd1610Qd1612

集会所? 公民館?
それっぽい建物の脇に、ひっそりと立つバス停。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(200)"

| | コメント (0)

2017年8月29日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(17)千姫婚礼

徳川家康は慶長6(1601)年、
佐渡の金山を直轄とし伏見に銀座を設けた。
[貨幣制度の統一]

同年、朱印船制度を定める。
[貿易の許認可制]

慶長7(1602)年には東海道・中山道の宿駅に伝馬制度を設置。
[飛脚の定期便]

同年、江戸城中に文庫を建て、金沢文庫の書物を移す。
[文化遺産の保護]

金沢文庫(かねざわぶんこ)とは、
鎌倉時代に北条実時が鎌倉の金沢に創立した文庫で、
収められた壮大な書物は関東の学問の中心となった──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(17)千姫婚礼"

| | コメント (0)

2017年8月28日 (月)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

soramameさん
松原さつきさん


今日、8月28日は“ヘビーコメンテーター”の
soramameさん & 松原さつきさんの誕生日♪

てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一人お一つずつ。

──────────

soramameさんへ

常に道は在る


(孫 正義さんの言葉より)


松原さつきさんへ

自己投資が、最もリターンが大きい
他人に投資するより、自分に投資しよう。


(中谷彰宏さんの言葉より)

──────────

お二人ともおめでとうございまーす。

| | コメント (3)

2017年8月27日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(34)隠し港の龍雲丸

未来など……もとより女子頼りの井伊に未来などあると思うのか!
生き抜けるなどと思うておるのか!
家老ごときにたやすく謀られるような愚かな井伊が?
やれるものならやってみよ!!
地獄の底から見届け……。

自分の手で政次を槍でひと突きにした井伊直虎。
井伊谷の、いつも政次が座っていた囲碁の部屋にも
当然ながら、政次の姿はありません。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(34)隠し港の龍雲丸"

| | コメント (0)

2017年8月26日 (土)

遠き山に日は落ちて

スーパー早番で、退勤が16時ともなると
お外はまだまだ明るいです。
こんな明るさで帰るのは、およそ4ヶ月ぶりぐらいでしょうか。

そのまままっすぐ帰るのが惜しくなります。
かつてはそのまま、終点停留所の旅の取材に遠方に出かけて行って
日没前ギリギリに取材して帰ったりもしていましたが
またそんな感じになっていくのでしょうか。

ちなみに今日は、Kassy号を月極駐車場に留め
車内でスマホを片手にずっとゲームしておりました。
帰宅したの19時……(^ ^;;)

| | コメント (0)

2017年8月25日 (金)

プレイバック葵 -徳川三代-・(16)秀忠の秘密

徳川秀忠の正室・お江は、
近江小谷城主・浅井長政と織田信長の妹・お市の方の
間に生まれた「浅井三姉妹」の末の妹である。

すなわち、上の姉は豊臣秀吉の側室で秀頼の生母・淀殿、
中の姉は若狭小浜城主・京極高次の正室・お初。

江の名は書物によってさまざまで
「江与」「達子」「江」「小督」「徳子」とある。
いったいどれが本当であろうか。

うち「達子」「徳子」は朝廷から賜った名前で
残り3つは、お江は3回も輿入れしているので
その度に改名したものと思われる。
……というのは多少うがった見方かもしれない。

ちなみに江戸に来て秀忠と結婚した時には
“江戸を与(あず)かる”から「江与」と名乗っていた。
……というのもなかなか当てにはならない。

「江与」も「江」も当て字で、正しくは「小督」である。
ただ、秀忠の姉にもたまたま同名の「督(ごう)姫」がおり
若い方のお江に小の字をつけて「小督姫」……?

謎は深まるばかりである──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(16)秀忠の秘密"

| | コメント (0)

2017年8月24日 (木)

vol.226・ナイショのおはなし (中編)

vol.226・ナイショのおはなし (中編)
(パーソナリティ:Kassy)

第226回放送です。

過激なエッチネタ注意報発令中!(注意度75%)
よっぽど仲良くないと、話すことさえ憚られるフェティシズム。
どんな種類があるのか、軽くおさわりしてみました。


今回のListening Pointは……
ご注意


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年8月23日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(199)

終点停留所の旅“たそがれ”第169弾です。

今回はS賀県K埼市の
I井谷バス停をご紹介します。


Qb1954

峠道では良く見られる道路の形。
ヘアピンカーブです。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(199)"

| | コメント (0)

2017年8月22日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(15)花嫁は三歳

関ヶ原の合戦で石田三成を滅ぼした徳川家康は
毛利輝元らの政敵を容赦なく追い落とし、
おおむね天下を手中に収めた。

しかし、太閤豊臣秀吉の遺児・豊臣秀頼と
その生母・淀殿は依然として大坂城に君臨し
家康にとっては目の上のたんこぶであった。

主君を“目の上のたんこぶ”呼ばわりするのは不忠の極み?
家康を謀反人のように言うのはよろしくない?

いやいや、家康が謀反人であるならば
秀吉もまた謀反人である。
秀吉は天下人になった折、
主君織田信長の係累をみな家来にした──!!

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(15)花嫁は三歳"

| | コメント (0)

2017年8月21日 (月)

天気予報

お局さまのゴキゲンを天気予報に例えるという
画期的な伝達方法が誕生しました。

ちなみに今日は晴れ。晴れも晴れ、雲一つない快晴です。
これがゴキゲンななめだと、恐らく大雨、嵐になるのでしょう。

それはKassyと、後輩の間でしか通じない伝達方法です。
出勤してきた時に「今日は大雨ですッ」と言われたり、
昨日は大雨だったんでー、だけで、ああなるほどと通じてしまう。
(なぜ雨ばっかりなんだ)

プププ。

| | コメント (0)

2017年8月20日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(33)嫌われ政次の一生

徳川が遠江に攻め入り、
いよいよ井伊谷城の明け渡しとなったのですが……。

今川家からの井伊目付である近藤康用が徳川軍の先導役に立ち
家康の使者である酒井忠次が井伊谷に現れ、開門を求めます。
小野政次は素直に開門に応じるのですが、
次の瞬間、降り注ぐ大量の矢が……。

12月13日、井伊谷は近藤たちの攻撃を受けます。

罠じゃ! と井伊直虎は政次に叫び、
政次はただならぬ雰囲気を察して
開いた門をただちに閉じてしまいます。

「開けられよ! 話はそれからじゃ」
忠次は直虎を睨みつけます。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(33)嫌われ政次の一生"

| | コメント (1)

2017年8月19日 (土)

検証。

カラオケを歌う前にとんこつラーメンをいただくと
発声練習をすることなく(or発声練習をする時間を短く)
キーの高い歌声を無理せず出すことが出来る、という検証を
やってみました。

会社の同僚の方々とカラオケの約束をして
その開始1時間前に、とんこつラーメンのお店に行って
食べてきました。


結果……。。。

お、これは!? と思えるほどの効果ではなかったものの
少しは高音キーを出しやすくなった……のかなぁ?
首筋の血管が破れそうな、
キーッというきつさは確かになかったです。

まぁ、4人で行ったので、
1回歌って3曲聞いて、1回歌って3曲聞いて、というスパンなので
のどの調子もそれを加味しなければならないかと思います。

またいずれ、一日かけて
フリータイムをひとカラで、という時があれば
その直前にとんこつラーメンをたくさんいただいて、
チャレンジしたいと思います。

| | コメント (0)

2017年8月18日 (金)

プレイバック葵 -徳川三代-・(14)淀の面目

敗軍の将・石田三成は41歳を一期として
六条河原の刑場の露と消えた。
佐和山城には金銀財宝はおろか弾薬も米もほとんど残っておらず
ありったけの私財をすべて投げ打って関ヶ原を戦ったのだった。

戦とは、莫大な出費を要するもので
三成の誤算と言えば、大坂城に蓄えられた豊臣家の遺産を
引き出すに至らなかったことである。
そして徳川家康もまた、遠征に次ぐ遠征でかなり消耗した。

これらの軍用金は、東軍も西軍も多国籍軍であるため
大名それぞれの負担となったわけだが、
朝鮮の役で蓄えを使い果たし、手元不用意の大名もあった。

大戦となれば、商人のスポンサーも活躍する。
家康には京都の豪商・茶屋四郎次郎、
堺の有力者・今井宗薫などがつき、
三成には堺の天王寺屋、博多の島井宗室らが先行投資した──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(14)淀の面目"

| | コメント (0)

2017年8月17日 (木)

プレイバック葵 -徳川三代-・(13)三成最期

慶長5(1600)年9月15日、天下を二分する関ヶ原の合戦は
徳川家康率いる東軍の大勝利となった。
ただし、東西の激突は関ヶ原のみではなく。

仙台の伊達政宗は、徳川勢の上方移動に驚き
慌てて会津の上杉勢と和睦。
その上杉勢の直江兼続は、突如
山県の最上義光領に攻め入り、今なお交戦中。

佐和山城陥落の時には、西軍の基地である
美濃大垣城において仲間割れが発生していた。

相良頼房、秋月種長らの九州勢が
三成の娘婿・熊谷直盛をはじめ、
垣見家純、木村勝正らを殺害。
その首を東軍に送って降伏に及んだ。

一方、丹後田辺城において籠城中の細川幽斎は
60日にわたって籠城をふんばったものの
朝廷からの声掛けで合戦を差し止められて
12日に城を明け渡した。

朝廷は幽斎の命を助けるために戦を止めさせたが、
それは幽斎が歌詠みの学才で、
古今伝授の大家であったからである──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(13)三成最期"

| | コメント (0)

2017年8月16日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(198)

終点停留所の旅“たそがれ”第168弾です。

今回はS賀県S賀市の
S友病院前バス停をご紹介します。


Qb1933

とその前に、今回は先にコチラをご紹介しておきましょう。


Qb1934

「しょうしゅく」神社でも「かつやど」神社でもありません。

正解は「かしゅく」神社。
先週に引き続き、難読ですが。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(198)"

| | コメント (0)

2017年8月15日 (火)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

ちょんびんさん


今日、8月15日は
ヘビーコメンテーターのちょんびんさんの誕生日♪

てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

仕事はまじめに考え、
自分のことはちょっと不真面目に考えよ。


(ドナルド・トランプ米大統領の言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

| | コメント (0)

2017年8月14日 (月)

繁忙期にひとり。

Kassyは会社内の某部署のPチームに属しています。
同部署のCチームもあり、いちおう別のチームなのですが
部署としては同じところに属しておりまして、
時間が許せば、Cチームのおしごともやります。

で、毎週月曜日はPチームは2人なのですが
お盆ということで、今日はワタクシひとり。
そのかわり、毎週月曜日はCチームが1人なのですが
今日は2人出てきてくれています。

ただ、お店全体で見てみるととてもとても少ない人数です。
お店を回すためには、部署のおしごとそっちのけで
お店全体のおしごとに時間を取られるわけです。

毎週月曜日はいろいろと準備の一日なのですが、
やらなければならないうちの40%程度しか進みませんでした。
もう最後には泣き顔にw

「いいやん、明日がんばろうよ」
日ごろはそんな言葉を吐かない上司の珍しい励ましに
ちとウルウルきつつ、会社を後にしたのでした。

| | コメント (0)

2017年8月13日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(32)復活の火

武田と徳川による今川への侵攻が今にも始まろうとする中
井伊は今川の罠によって取り潰されることになりました。
井伊直虎と小野政次は、あえてそれを受け入れ
徳川方に寝返ることでお家復活を図るという賭けに出たのです。

尼姿となった井伊直虎は、一連のお取り潰しの件について
前もって徳川に説明しておかなければ、
井伊が今川に味方していると思われては
徳川に攻め込まれてしまうだけなのです。


武田信玄から、あと10日で
今川領に攻め込むとの書状を受け取った徳川家康は
井伊が支配する気賀に酒井忠次を送り込んで偵察させますが
いきなりの襲撃に遭い、命からがら逃げ帰ってきました。

恐らくは今川に忠義の厚い者たちが攻撃してきたと思われます。
そして、井伊は今川に取り潰されたとの噂も持ち帰ります。
今川領まで井伊谷を経由して進もうと考えていただけに
その報告を受けた家康は、目を丸くして困惑の色です。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(32)復活の火"

| | コメント (0)

2017年8月12日 (土)

時に追われて

ブログを始めた10年前は
Kassyは仕事を辞めてプーをしておりましたので、
比較的時間も自由に使え、作りたいものを作りたいだけ作れ
その分ストックも豊富に貯まっていったのですが、

今やしごとを持つ身、すでにストックは使い果たし
更新期限と隣り合わせで急かされるように書き綴る日日。

いや、正確に言えば、すでに期限は通り過ぎ
過去のタイミングで更新しなければならない内容を
開き直って書き綴っております。
(つい最近もそんな内容の記事を書いたような?)

でも、空白を明けたくはないので
なんとか埋めながら埋めながらですが
“頑張って”更新していっていますので
どうか更新をお待ちいただきたいと思っております。

よろしくお願いいたしますm(_ _)m

| | コメント (0)

2017年8月11日 (金)

プレイバック葵 -徳川三代-・(12)合戦関ヶ原

関ヶ原に布陣する東西両軍の陣形を見ると
まず鉄砲隊が最前列、次いで槍隊、
その後方が騎馬武者である。

鉄砲伝来以降、弓矢は主力武器にはならず
鉄砲の弾込めのつなぎに使われるのみ。

当時の種子島銃は長さ1m前後、口径18.7mmで
22gほどの鉛玉は命中距離50m、殺傷距離100m。
弾薬の装填には20秒以上も要した。

なので、合戦は鉄砲隊の一斉射撃に始まり
敵勢がひるむところを槍隊が突撃して
死命を決するという戦法である。

歩兵が持つ槍は、長さは5mほどもあり
一列交代で槍襖(やりぶすま)を作って遮二無二突き出す。
一方、騎馬隊や武士が持つ槍はせいぜい2m半。

中世の合戦は、
騎馬武者同士の個人戦法を中心とするが
鉄砲伝来以降は足軽歩兵を主力とした
集団戦法に変わったのである──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(12)合戦関ヶ原"

| | コメント (0)

2017年8月10日 (木)

vol.225・ナイショのおはなし (前編)

vol.225・ナイショのおはなし (前編)
(パーソナリティ:Kassy)

第225回放送です。

前回の自己紹介つながりで、Kassyという人間の
もっと奥底をさらけだしたいと思います。
過激なエッチネタ注意報発令中!(注意度50%)


今回のListening Pointは……
おっさん


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年8月 9日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(197)

終点停留所の旅“たそがれ”第167弾です。

今回はS賀県S賀市の
H津バス停をご紹介します。


Qb1930Qb1931

J原川(“じょう”ばるがわ)。
“しろ”はるがわ、ではありません。

この先で、C後川へ合流します。


Qb1929

反対側にある道路からは、川の様子は見えません。
けっこうな高さです。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(197)"

| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(11)天下分け目

城というものは、堀を巡らし石垣を築き
合戦に備えてあらゆる工夫が施される。

これを攻める側は、慣れぬ敵地に乗り込み
城方から丸見えの平地にさらされて
武器弾薬の補給も心もとなく
野入りして戦う不利を感受しなければならない。

よって城攻めには3倍以上の兵力が必要、
というのが戦国の常識である。

このような城攻めを得意としたのが太閤豊臣秀吉。
火攻め水攻め兵糧攻めと華麗なる策謀を駆使して
多くの城を落としてきた。

一方で、野戦を得意としたのが徳川家康。
一気に勝敗を決する早技には定評があった──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(11)天下分け目"

| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

#RTした人をWikipedia風に紹介する

このネタに対して、松原さつきさん(たかくんさん)が
Kassyのことを書いてくれました!
ありがとうございます!!

Kassy(かっしー)とは、
PODCAST『ヤッテキ!!』のメインパーソナリティである。
過去に西日本鉄道(株)での勤務経験を持つ。
大河ドラマにも精通している。
福岡県内で見ることができるが、出現率は極めて低い。

“出現率”て(^ ^;;)
大いに笑わせていただきました!

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(31)虎松の首

井伊は今川から、再び徳政令を受け入れるように迫られ
取り潰しの危機を迎えておりました。

それを知った井伊・瀬戸方久の領地である
瀬戸村・祝田村の百姓たちは、
徳政令をせよという下知を持ってきた関口氏経の宿所に押しかけ
徳政令を望まないと声を上げたのです。

慌てて駆けつける井伊直虎ですが、
そこにはすでに、小野政次がいました。
政次は直虎に刀を突きつけ、手出しはさせません。
「俺を信じろ、おとわ」

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(31)虎松の首"

| | コメント (0)

2017年8月 5日 (土)

ひとカラの悲劇

きっかけは分かりませんが、
勤務中、ささいなことに神経がピリピリとなり
ちょっとイライラきていたものですから、

そんな神経状態を明日に持ち越さないためにも
ひとりカラオケに行ってきました!

ただまぁ、明日もお仕事ではあるので、2時間だけ。

歌いやすい、ガンガンいける歌ばかりをエントリーして
気持ちよく歌っておりました。
ところが、ここで問題勃発。

おじさまが部屋にガバッと入ってきたので分かったのですが
ワタクシ、入る部屋を間違えちゃったみたいです(^ ^;;)

そのおじさまに腰を90度に曲げて謝り通し
お世話してくれた店員さんにも謝り倒して
本来はいるべき正しいお部屋に入って、ソファに腰掛けました。
はふん( -_-)≡3

ふむむ。
ああいう、本人が想定していない問題が勃発すると、
自分が原因なんですけど、何だか気分が盛り下がりますね。
9割方、もうええかー? な心境です。


それでもまあいろいろ歌を入れて歌って、
帰りに安いお寿司屋さんへ。

最近、こういうお店で頼むのは、
基本的にはあまり口に入らないものか
味とか食感とかイメージできないもの。

メニューをめくり、あっこれ頼んでみたい!
というものを中心にオーダーしていきます。
今日はトビウオが目についたので、
そういえば食べたことないなあと、注文しました。

でも! 気づけばトビウオのお寿司がもう一皿。
そして更にもう一皿やってきました。
あれ? おいら3回も間違えてオーダーしちゃったか?
(まぁ、全ていただきましたけど)

失敗に失敗を重ねた一日でしたー。

| | コメント (0)

2017年8月 4日 (金)

プレイバック葵 -徳川三代-・(10)前哨戦

そもそも大名とは「知行1万石以上の領主」のことであるが、
慶長5(1600)年時点でも、ざっと240人いる。
これが東西に袂を分かち、天下分け目の合戦・関ヶ原に及んだ。

その始まりは奥州会津。
公然と服従を拒絶した上杉景勝を征伐するため
徳川家康は大軍を率いて関東へ下った。

その留守を狙って石田三成が挙兵し
これに西国の諸大名が加担して方々に火の手が上がった。
8月1日に伏見城落城、丹後の田辺城は現在も交戦中。
3日、北陸で前田利長と丹羽長重が開戦。

福島正則以下、豊臣秀吉恩顧の大名連合軍は8月23日に
岐阜城を攻め落とすと三成が籠る大垣城に迫りつつあり。
一方、伊勢路の西軍は安濃津城、松坂城、長島城にて交戦中。

ついでながら家康は未だに江戸城にて腰を据え
秀忠は宇都宮を発して西に向かいつつあり──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(10)前哨戦"

| | コメント (0)

2017年8月 3日 (木)

本音

会社の先輩が言うひとことは、冗談を装っているものの
実は本音を言っていることも多くて、こちらとしてもそれを理解しつつも
「あー、いいですよ、やっておきますよ」と“言わされる”ことがあります。

まぁ、向こうもそれを見越して、やりますよ、と言わないかなぁと思いながら
あくまで冗談ぽく言っているのでしょうけど、
わざと気づかないフリして、結局は“やってね”と言われるのが癪だから
早々と白旗を揚げて、やります、と言ってさっさとこの話を終わらせます。

実は面倒なんですよ、このくだり。
相手の出方を見つつ、こちらもそれに合わせて
動きを変えるといった駆け引きみたいなこと。

恋愛の駆け引きだけが嫌なのかと思っていたら、
どうやら日常業務でも嫌みたいですw

| | コメント (0)

2017年8月 2日 (水)

方向幕考(139)

N鉄バスのなかで、新設されて間もない営業所として
F岡空港営業所というものがあります。

いわゆる、出発ターミナルから旅客機まで、
旅客機から到着ターミナルまで、お客さんを運ぶ
ランプバスを担当している営業所です。

幕ファンのみなさま、大変長らくお待たせいたしましたw

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”
通称“幕コレ”の第84弾は、F岡空港営業所の
ランプバス車両をご紹介します。

新設されて車両が配置されたときには
すでに方向幕の時代は終焉を迎え、LED車になっていたので
F岡空港ランプバスの方向幕というのは実際存在しないのですが、
実車のLED表示などを参考に、Kassyが自作してみたものです。

続きを読む "方向幕考(139)"

| | コメント (0)

2017年8月 1日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(09)風雲大垣城

関ヶ原の合戦を語るとき
「東軍」「西軍」と区分するのは後の世のことである。

当時は双方とも「豊臣軍」を名乗っていたからといって
それを使えば、わけが分からなくなってしまうし、
かといって「徳川勢」「石田勢」と説明すれば
気が利かぬさまになってしまう。

なので今回から敢えて「東軍」「西軍」で区分する。

慶長5(1600)年8月5日、
東軍の福島正則や池田輝政らを先頭に箱根を越える。
西軍は毛利秀元や吉川広家、安国寺恵瓊らを先頭に
伊勢路を進軍中である。

ここで兵力について注釈する。
馬上の武者1騎には歩兵5人が相場とされる。

足軽中間若者らが槍持ち・旗持ち・兜持ち、
荷造り・飯炊き・馬の世話と大忙し。
大軍の移動には先乗りやら兵糧の調達やら
宿の支度やらで大人数。

なので、1万石あたりざっと250人と理解されたし──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(09)風雲大垣城"

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »