2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« ばんばん | トップページ | バス停について本気出して考えてみた(202) »

2017年9月19日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(23)宮中重大事件

やんごとなき殿上人の中でも
摂政・関白の座に就くお家柄を
「摂関家」あるいは「五摂家」と言う。
(近衛・鷹司・九条・二条・一条)

“名門中の名門”の五摂家は鎌倉時代の中期に確立され
藤原氏の子孫によって脈々と受け継がれてきた。
この伝統を断ち切り、関白の座を横取りしたのが
武士の頭領・豊臣秀吉と豊臣秀次である。

徳川家康は、これをけしからんことだと心得て
関白の座を再び五摂家へ返上したのである。

しかし、武力財力ともに優位の江戸幕府は
露骨な人事介入を行い、今や五摂家の権威は有名無実、
関白の座と言っても形式的な飾り物と化しつつあった。
これは家康の謀略ではないか──。


慶長13(1608)年4月下旬、修築工事が完了した駿府城に
京都所司代・板倉勝重がやって来ました。
京都守護を司る京都所司代は警視総監、県公安委員長、
アメリカで言えばFBI長官という感じであります。

家康に指示されて勝重が調べ上げたところでは
公家衆の風紀は乱れに乱れ、真っ昼間から酒色に耽り
不義密通が頻繁に行われているとのこと。

それを唯した勝重に、関白は
そんなことはあるはずもない、
京都所司代ごときが何を言うかとご立腹。

「関白を……変えねばならんな」
家康はつぶやきます。

今の新将軍にとって、ねじ伏せるべき相手こそ
朝廷だと家康は考えているのです。
そして懸念すべき案件は、その朝廷と
今や負け犬となった豊臣家が結びつくことなのです。

家康が次の天皇に八条宮ではなく
政仁(ことひと)親王を推挙する理由は、
家康の娘・市姫を入内させ、朝廷と縁戚関係になり
徳川家の地位を上げたいためであります。

これをしくじれば徳川家の力は地に堕ちます。
ゆえに市姫入内は、関ヶ原のように
天下分け目の戦いと思って
取りかからなければなりません。


この年の暮れ、京都の高台院の屋敷に来客あり。
右大臣・九条忠栄と、正室の完子姫であります。

家康が関白の座をすげ替え、
忠栄に関白就任の内示があったそうです。
それは家康の強い奏請があればこそなのですが、
その裏では高台院の引き立てもあったと推測できます。

腐れ斬った公家衆を立て直すため、
幕府の後ろ盾で忠栄が大ナタを振るうのは
忸怩たる思いだと忠栄は吐露しますが、

たとえ天皇のご機嫌を損ねたとしても
後の世のためにもきっぱりと善悪を示しなさい、と
高台院は忠栄を叱咤激励します。


福島正則、加藤清正といった西国大名が
次々と城の修築を始めまして、
家康はそれを謀反の兆しかと疑念を持ち
慶長14(1609)年2月、秀忠に追及を命じます。

もとより両者にそんな思惑は一切なく
城も数年経てば柱は腐り石垣は崩れるもので
単純にそれを直したいと思った時期が
幕府の武器弾薬発注と重なっただけなのですが、

正則は、せっかく修繕した広島城の天守閣を
家康の見せしめとして打ち壊すと悔し涙を流します。
正則の根底には、現在の家康があるのは
関ヶ原の戦いでの福島勢の勝利があったればこそ、
という思いが残っているのです。


4月1日、
鹿児島城主・島津家久は家康の命により琉球に出兵。
首里城を陥落させます。

5月3日、若狭小浜城主・京極高次が病没。
正室お初の方は落飾し、常高院となります。


そして7月4日、
京都御所で重大な事件が発覚します。

忠栄が朝廷の乱れを正すべく天皇に報告したのですが
元関白の近衛信尹、前関白の鷹司信房、参議の烏丸光広は
男女の仲は恋し恋されの間柄、道ならぬ恋をしなければ
和歌も詠めぬと笑って聞き流そうとするのですが、

道ならぬ恋は世のひんしゅくを買い
公家の権威は地に堕ちる、と言う忠栄は
ついに爆弾を投げ入れます。
「天子様の女御に恋を仕掛けるは、これ邪恋にあらずや!」

後陽成天皇は御簾を上げさせ
板倉勝重が上げた報告書を忠栄に読ませます。

宮中内の見張り役の報告によれば、乱行を働いた公家衆は
この場にいる烏丸光広をはじめ、左近衛権中将・大炊御門頼国、
左近衛少将・花山院忠長と難波宗勝ら8人。
そして女官は、天皇の寵愛厚い新大典侍・広橋局、
権典侍・中院局、中内侍・水無瀬、菅内侍・唐橋局ら5人。

こうして未曾有のスキャンダルが内部告発により暴かれ
乱行に加担した公家衆は次々と官職を解かれ
女官たちもそれぞれの屋敷に押し込められます。

家康は、単に官位を剥奪しただけ、
屋敷に押し込めただけの処分に納得がいきません。
このままもみ消しにされるのだけはならぬと
加担した者をすべて引きずり出せと躍起になります。

公家方の窓口は武家伝奏の大納言・広橋兼勝ですが、
彼は事件の首謀者・広橋局の実父であります。
実父であれば寛大な処分を願うのも無理もないのですが、
京都所司代は相当な処分は行うと強気に圧力をかけます。


作:ジェームス 三木
音楽:岩代 太郎
題字:ジェームス 三木
──────────
[出演]
西田 敏行 (徳川秀忠)
尾上 菊之助 (豊臣秀頼)
田村 亮 (藤堂高虎)
石倉 三郎 (青山忠俊)
石田 太郎 (大久保忠隣)
渡辺 いっけい (本多正純)
──────────
鈴木 瑞穂 (板倉勝重)
保坂 尚輝 (大野治長)
苅谷 俊介 (加藤清正)
神山 繁 (本多正信)
金田 龍之介 (天海僧正)

波乃 久里子 (お初)

津川 雅彦 (徳川家康)
──────────
中村 梅雀 (語り・水戸光圀)
──────────
草笛 光子 (高台院)
蟹江 敬三 (福島正則)
林 隆三 (土井利勝)
小川 眞由美 (淀殿)
岩下 志麻 (お江)
──────────
制作統括:川合 淳志
演出:尾崎 充信

« ばんばん | トップページ | バス停について本気出して考えてみた(202) »

NHK大河2000・葵 -徳川三代-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ばんばん | トップページ | バス停について本気出して考えてみた(202) »