2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 方向幕考(91)改 | トップページ | 最後の力を振り絞って!! »

2017年9月10日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(36)井伊家 最後の日

徳川の襲撃により意識不明の重体に陥っていた龍雲丸は
井伊直虎の必死の看病により一命を取り留めたわけですが、
ちりぢりとなった龍雲党のメンバーが戻って来るかもしれないと
しばらくは龍潭寺で療養も兼ねて過ごすことにします。


徳川家康に掛川城を明け渡した今川氏真は
妻・春の実家である北条家に身を寄せることになりました。

氏真を北条に送り込んだことで
武田と今川・北条を分離させた家康は、
武田信玄包囲網を築き上げるべく
碁盤の上であれこれと考えます。

とそこに瀬名が怒り肩で登場。
家康が井伊を見捨てたのはどうしてか、と事情を問いつめる瀬名に
家康の母・於大の方がやんわりとたしなめます。


井伊谷では、瀕死の重傷を負っていた近藤康用に
昊天と直虎で看護を続けた結果、
支えなく立てるまでにどうにか回復しました。

大喜びする直虎に近藤は、中野直之、奥山六左衛門らを
近藤の家臣として召し抱えてもいい、という話をします。
しかし今までがだまし討ちされてきたこともあり、
この話をそのまま受け入れていいものかどうか悩みます。


徳川と通じる常慶が龍潭寺にやって来ました。
自分の力不足で今回のような結末を
招いてしまったことを詫びますが、
力不足なのは直虎もそうかもしれません。

そんな常慶が直虎に持ってきた話というのが、
井伊家の跡取りである虎松を松下に差し出せ……というより
虎松に松下を差し上げる、ということです。
松下家は、虎松の母・しのが再嫁した家であります。

即答は致しかねる、と直虎はいったん保留にします。

虎松に松下を差し上げるとは聞こえの良い話で
再び母と一緒に暮らせ、継ぐ家も出来るということで
虎松にとっては願ってもない話かもしれませんが、
井伊の再興を諦める側面もあり、直虎の判断を鈍らせます。

龍雲丸に相談すると、
もうやめちまってもいいんじゃねえですか、とあっさり。
「ここいらが潮時じゃねえですかね」


「もう、やめじゃ。次郎」
井伊はここで終わらせよう、とニッコリする南渓和尚。
直虎を井伊家当主に据えたのが南渓であるならば、
直虎を井伊家当主から下ろさせるのも自分だ、というわけです。

これまで当主として、直虎は頑張ってきた。
ようやった、と直虎を褒めます。

直虎の目から大粒の涙が落ちます。


翌朝、川名の隠し里を訪れた直虎は
井伊家再興を諦め、新たな仕官先を探すと皆に伝えます。
近藤に召し抱えられるもよし、北条に移るもよし、
虎松とともに松下家に向かうもよし、無論このままもよし。

信じられない、という表情の直之は、直虎に
「ずっとついていくつもりだったんだ!」と叫び
飛び出して行きます。


そして直虎は、虎松が預けられている寺に向かい
井伊の再興が叶わなくなったことを虎松本人に伝えます。
虎松は、井伊の虎松という気持ちでいるので
松下の養子に入ることも、僧侶になることも嫌なのです。

直虎は半ば強引に虎松に二択を迫り
悔し泣きする虎松を置いて寺を後にします。

寺に残った南渓は、泣きじゃくる虎松に
あれはもう殿ではない、と微笑みます。
「従わなければならぬという道理がないということじゃ」


結局、虎松と六左衛門は松下家へ移り
近藤家には直之と高瀬(直親の娘)が移ります。
嫁ぎたい、と言い出したあやめのお相手探しが
まだ残っておりますが(^ ^;;)

とはいえ、自分の傘の下に集まっていた者たちが
いざとなれば散り散りに分かれていくのも
何だか悲しくて複雑な直虎です。

直虎は、龍雲丸にこれからどうしたいかを尋ねますが
好きな女のそばにいたい、と言い出します。

その娘が住んでいる村と、どんな感じかを教えてくれれば
調べることぐらいはできる、と言いはしますが、
龍雲丸はその女の名前を知りません。

教えてくれますかね、名を、と直虎に聞いてみます。
「俺ァ、あンたのそばにいてえんですから」

死にそびれる、というのは龍雲丸の得意技です。
龍雲丸は、直虎よりも先には死なない、と言います。
「あンたを置いてったりはしませんでさぁね」

龍雲丸のキスを受け入れる直虎です。

その後、直虎は還俗し、瀬戸村のいち農婦となって
土とともに生きる道を選びます。


元亀2(1571)年10月。
氏真が頼った北条氏康が死去。

その死を大喜びしたのが武田信玄です。

家康は居城を岡崎から引間に移し
引間の名を浜松と改めていました。

そこに現れたのが、氏康の死とともに
北条家を追い出された氏真と春です。

まずは氏真を受け入れ、武田に送ってから
改めて武田と同名を結び直そうと考えた家康は
その前に、織田信長に伺いを立ててみます。

翌元亀3(1572)年、こうして
武田信玄による西への進撃が始まったのでした。


作:森下 佳子
音楽:菅野 よう子
題字:Maaya Wakasugi
語り:中村 梅雀
──────────
[出演]
柴咲 コウ (井伊直虎)
柳楽 優弥 (龍雲丸)
財前 直見 (祐椿尼)
貫地谷 しほり (しの)
市原 隼人 (傑山)
ムロ ツヨシ (瀬戸方久)
菜々緒 (瀬名)
山口 紗弥加 (なつ)
──────────
尾上 松也 (今川氏真)
阿部 サダヲ (徳川家康)
──────────
栗原 小巻 (於大の方)
松平 健 (武田信玄)
小林 薫 (南渓和尚)
──────────
制作統括:岡本 幸江・松川 博敬
演出:福井 充広


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』
第37回「武田が来たりて火を放つ」

デジタル総合:午後8時〜
BSプレミアム:午後6時〜

« 方向幕考(91)改 | トップページ | 最後の力を振り絞って!! »

NHK大河2017・おんな城主直虎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 方向幕考(91)改 | トップページ | 最後の力を振り絞って!! »