2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« ひっかかり | トップページ | 学生に戻った気分 »

2017年9月24日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(38)井伊を共に去りぬ

織田・徳川連合軍に武田が圧勝。

城を枕に討ち死にする覚悟の近藤は
今こそ武田と和睦する時、と説得するおとわ(井伊直虎)に
みんなと一緒に逃げるが武田に帰順はしない、と
井伊谷城に火をかけます。

井伊谷城は焼け落ちます。
そして村百姓たちは食糧をもって逃げたのです。
もぬけの殻に怒った武田軍は、村の家々に火をかけ
焼き払ってしまいます。


井伊谷城を脱出した者たちは
川名の隠し里に到着します。

近藤康用にとっては初めて見る存在です。
自分は聞いていなかった、とちょっとだけふくれる近藤ですが
このような時のために伏せていたのです、と中野直之に言われては
今その恩恵にあずかっているだけに「まあ確かに」としか返せません。


井伊谷の龍潭寺に足を踏み入れた武田信玄。

そもそもは武田が攻めかかってきたときに
井伊谷の者たちは挙兵して近藤を追い払おうとしていたのに
近藤は城に火を放ち、落城させてしまったわけです。

南渓和尚は、井伊の者たちは
そもそも近藤の支配を望んでいないと言って
井伊家の復興とともに
この地の支配を安堵して欲しいと願い出ます。


龍雲丸は、火が上がる井伊谷城の中で
逃げるでもなくボーッと立っていた高瀬が気になっています。
どうやら、死ぬ気でいたように見えたのです。

足がすくんでいただけでは、と返すおとわに
ならいいんだが、と答えますが、不安は消えません。
「目を離さぬ方がいいかもしれんぞ」

その時、かつて高瀬が現れたとき
武田の患者では? と言った小野政次の言葉が
おとわの脳裏を横切ります。


夜、高瀬が近藤の痛み止めの薬を運んでいきますが、
遮るように現れたおとわは、自分も腰が痛む、と言って
その薬を飲もうとします。

思わず手を出し、器をひっくり返す高瀬。

何ゆえ我が飲んではならぬ?
そのおとわの問いに答えず、逃げ出す高瀬。
高瀬を捕まえる龍雲丸です。
「そなた、武田の間者か」


高瀬は井伊直親の娘、というのは本当らしいです。
で、母が亡くなったときに相当な借金があり
井伊に入るのであれば肩代わりしてやる、と
武田から話があったのです。

そして近藤を殺すようにと武田の指令があり
それに従って高瀬は動いていたわけですが、

それはもちろん武田の指令ということもありますが
いま近藤を殺せば、よくしてもらった井伊が再興できるからと
高瀬なりに考え出した答えなのです。

「さようなこと誰が頼んだ!」
おとわは高瀬を平手打ちし、強く抱きしめます。


武田は西へ急いでいるらしく、そのまま朝早くに出発していきました。
おとわは、百姓たちと力を合わせて井伊谷の復興を始めます。

中村屋与太夫が船を気賀に付けてくれています。
気賀に戻ってきたのではなく、
おとわと龍雲丸を乗せるために立ち寄ったわけです。

龍雲丸とともに堺に行くと宣言したおとわでしたが、
このゴタゴタですっかり忘れておりまして、
いざとなるとこのタイミングで行ってもいいのかと悩み出します。

「さようなこと気にしておったら、一生行けぬぞ」
南渓和尚の一押しで、おとわは堺行きを新たにします。


徳川は、武田の猛攻により遠江の城を次々と奪われています。
そんな中、食客となっている今川氏真は
亡き祖母の寿桂尼の命日に、笙を吹いて御霊を慰めます。

信玄は、戦の骨休めに
山県昌景が用意した遊び女の部屋へ入りますが、
その女が顔を上げると、なんと寿桂尼ではありませんか。
「冥府よりお迎えに上がりました」

うわぁぁぁぁ……!!

信玄の叫び声に家臣たちが現れると、
信玄は大量吐血して倒れていました。


おとわが堺へ行くことを
亡き井伊の面々に報告していた南渓の元に
表情堅い傑山がひざまずきます。
「和尚様……武田の信玄公が亡くなられました」

そのことを知らずに井伊谷を出発するおとわと龍雲丸。
しかしいざ井伊谷を離れるとなると
おとわの気持ちがついて行かないようで、
与太夫や龍雲丸の会話も耳に入ってきません。

龍雲丸は、あんたはここの城主なんだ、と諭した上で
やることやってから堺に来ればいいじゃないか、と言います。
「待ってっから」

おとわは分かっているんです。
ここで井伊谷に引き返せば、
龍雲丸とともに暮らせる日が来るわけない、と。

泣きじゃくるおとわをグッと抱きしめる龍雲丸。
見て見ぬフリをする与太夫です。

自分のことは待たなくてもいい。
龍雲丸には、自分の心のままに進んでいって欲しい。
おとわは井伊谷に残り、龍雲丸を送り出すことにします。

龍雲丸はおとわとお別れのチューをするのですが、
その瞬間、与太夫はスッと目線を外し、
ニヤニヤと微笑みますw


袖にされました! と戻ってきたおとわ。
目がテンの南渓和尚や直之たち。

そのころ、信玄の死に勢いを得た徳川は
遠江西部から武田勢を追い出し
井伊谷は再び徳川領となったのです。

天正2(1574)年。
直親の十三回忌を行うことになり
松下家からしの、なつ、亥之助、奥山六左衛門、
そして虎松もやってくることになりました。

平伏する男が顔を上げます。

おとわを見つめるその顔は、
どことなく直親を思わせる面影あり。
「松下の、虎松にございます!」


作:森下 佳子
音楽:菅野 よう子
題字:Maaya Wakasugi
語り:中村 梅雀
──────────
[出演]
柴咲 コウ (井伊直虎)
柳楽 優弥 (龍雲丸)
菅田 将暉 (松下虎松)
財前 直見 (祐椿尼)
貫地谷 しほり (しの)
市原 隼人 (傑山)
ムロ ツヨシ (瀬戸方久)
山口 紗弥加 (なつ)
本田 博太郎 (中村与太夫)
──────────
尾上 松也 (今川氏真)
阿部 サダヲ (徳川家康)
──────────
浅丘 ルリ子 (寿桂尼)
山本 學 (甚兵衛)
松平 健 (武田信玄)
小林 薫 (南渓和尚)
──────────
制作統括:岡本 幸江・松川 博敬
演出:藤並 英樹


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』
第39回「虎松の野望」

デジタル総合:午後8時〜
BSプレミアム:午後6時〜

« ひっかかり | トップページ | 学生に戻った気分 »

NHK大河2017・おんな城主直虎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひっかかり | トップページ | 学生に戻った気分 »