« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月30日 (土)

#書店員本日のお問い合わせ

というハッシュタグでツイッターを賑わわせているみたいです。

お客さんからのヒントを元に、本のタイトルを探し出すというもの。
特にお客さんも正確にタイトルを言うのではなく、ところどころ間違いの
しかも全く違う言葉ながらタイトルの感じで店員に質問するものだから
なかなか探し出すのが大変、というものです。

オイラ、書店店員ではありませんが、
似たような感じのお店に勤めておりますので
お気持ちは非常に分かります。

ま、オイラのいかんところは
「ないですね」とすぐにシャットアウトしてしまうところ。
“もうちょっとヒントください”って食い下がるのは
よほど余裕がある時でないとしません。

でもそれじゃあいかんのですよね。
大変だけど、もう少し付き合ってやっかなー。

| | コメント (0)

2017年9月29日 (金)

プレイバック葵 -徳川三代-・(26)派閥抗争

物語は佳境に入って慶長17(1612)年、
世界の情勢はどのようであったのか。

16世紀の大航海時代、主役を務めるイスパニアは
17世紀に入るや急速に衰退。
代わってオランダやイギリスといった国の台頭は著しく
大交易の覇権を巡って激しい争いを繰り広げていた。

東洋ではオランダがいち早く
東インド諸島や東南アジアに進出し香辛料交易を独占。
後れをとったイギリスはインドに集中。
それぞれが東インド会社を設立し、
植民地経営や貿易にしのぎを削りつつあった。

シェークスピアの『ハムレット』がイギリスで上演され
セルバンテスの『ドン・キホーテ』もイスパニアで喝采に浴びた。

「それでも天は回っておる」
イタリアのガリレオ・ガリレイが
自ら望遠鏡を使って天体観測を始め、
ケプラーも惑星の運動法則を発表したのもこのころである──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(26)派閥抗争"

| | コメント (0)

2017年9月28日 (木)

そりゃそうだよね

フラリとH島へ高速道(S陽道)経由でドライブしてきました。

行きに要した時間を頭に入れて、帰りのルートをピックアップ。
帰りは高速道(C国道)経由で帰ることにしますが、
北K州のY幡からF岡までの、非常に車が多い区間は
疲れた身体にはちと酷だ、と思いまして、

思い切って北K州から東K州道に入り、
H出経由でO分道を通って
D宰府まで帰るルートをナビで選択してみました。

すると、なんと所要時間は行きの40分増しじゃないですか!!
多少遠回り、という感覚で、しかも混雑区間を通らなくてもいい。
こんな素晴らしいルート選択があったのですね!!

迷わず選択。
で、スタートです。

順当なルート選択であれば19:30到着予定だったのですが
ナビによれば、H出経由でも40分増しの20:10に到着できるとのこと。
4時間かけて走ります。

北K州ジャンクションから東K州道に入りますが、
到着時間が迫ってきました。
あれ? 極端に遅い?
そんなはずはないんだけどなー。

ハイ、私の勘違いでした。
ちゃんと20:10にH出付近を走っておりました(恥)。

ナビで経路検索した場合、経由地を設定すると
表示される時間は、その第一経由地(=H出)の到着時間なんですね。
最終目的地(=D宰府)かと思っておりまして、
これで計画が大きく狂ってしまいました。

ガソリンも空になってきて
途中のサービスエリアで給油しようか、
途中で降りて街中で給油しようか
走行しながらさんざん迷った挙げ句、

もう待てぬ!! とH田インターで下車、
インター近くのガソリンスタンドで給油。
これがもしサービスエリアまで粘っていたら
おそらくは途中で止まっていたことでしょう。。。

D宰府到着は22時すぎ。
あまり無茶はしないことです。。。

| | コメント (0)

2017年9月27日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(203)

終点停留所の旅“たそがれ”第173弾です。

今回はS賀県S賀市の
M那古バス停をご紹介します。


Qi0209

前回ご紹介した「上M津呂」に立ち寄ったバスが
最終的に向かうのがこの「M那古」。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(203)"

| | コメント (0)

2017年9月26日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(25)秀頼上洛

大御所徳川家康の朝廷に対する姿勢は止むところを知らず
後陽成天皇のお世継ぎ問題に介入し、
公家衆と女官の密通スキャンダルを暴き、彼らを追放させ
強引に政仁親王の立太子を決定させた。

さらに家康は息女・市姫が逝去すると
一方的に天皇退位の時期を延期させ
ご立腹の天皇は体調を崩すほどであった──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(25)秀頼上洛"

| | コメント (0)

2017年9月25日 (月)

学生に戻った気分

別に大した話ではないのです。

Kassyは週に1〜2回のペースで整形外科に通っており
リハビリを受けているのですが、そこではチーム制をとっており
チーム内の理学療法士さん10人がKassyを診るという感じです。

だから日によって担当の療法士さんは変わります。
そのチーム内でKassyの状況を共有できればいいのですけど
担当を変えないでひとりの療法士さんに診てもらいたい、
という患者さんにとってはマイナスなシステムとなります。

Kassyがお世話になっているチームは
10人の療法士さんが所属しているのですが、
やはりそのチームを束ねるチーフ(リーダー? 班長?)から
新人サンまでさまざま。

いろんな患者さんからの指名も多い療法士さんは、
便宜上の序列で言えばやはり上の方になります。
で、チーフの療法士さんは人気が高いので
なかなかこちらに回ってくることがないのですが、
(指名したってなかなか回って来ないというウワサ)

続きを読む "学生に戻った気分"

| | コメント (0)

2017年9月24日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(38)井伊を共に去りぬ

織田・徳川連合軍に武田が圧勝。

城を枕に討ち死にする覚悟の近藤は
今こそ武田と和睦する時、と説得するおとわ(井伊直虎)に
みんなと一緒に逃げるが武田に帰順はしない、と
井伊谷城に火をかけます。

井伊谷城は焼け落ちます。
そして村百姓たちは食糧をもって逃げたのです。
もぬけの殻に怒った武田軍は、村の家々に火をかけ
焼き払ってしまいます。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(38)井伊を共に去りぬ"

| | コメント (0)

2017年9月23日 (土)

ひっかかり

午後の紅茶シリーズから、
ディズニーデザインパッケージの商品が発売開始されまして、
思わず手にとり、買ってしまいました。

こういう戦略、実はKassy弱いんですよねー。
何かのネタになるかなって考えてしまって
すぐに買っちゃう。

ネタになる前に、誰も読んどらんっちゅうのに!!
(自虐)

でもいいのだ。おいしかったから。

| | コメント (0)

2017年9月22日 (金)

プレイバック葵 -徳川三代-・(24)野望の輪郭

慶長14(1609)年7月、
宮中で一大スキャンダルが発覚。
行い正しくない公家衆が、
天皇ご寵愛の女官と密通を重ねたのである。

後陽成天皇の逆鱗に触れて官職を解かれた公家衆は
参議の烏丸光広、左近衛権中将・大炊御門頼国、
左近衛少将・花山院忠長と難波宗勝ら8人。

これらの公家と姦淫に及んだ女官は
天皇の寵愛厚い新大典侍・広橋局、
権典侍・中院局、中内侍・水無瀬、菅内侍・唐橋局ら5人。

公家の風紀を戒めるため、このスキャンダルを
暴いたのは京都所司代・板倉勝重。
これは徳川家康が、宮中に
圧力を加えるためとも言われている──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(24)野望の輪郭"

| | コメント (0)

2017年9月21日 (木)

vol.228・言ってみてぇー!!

vol.228・言ってみてぇー!!
(パーソナリティ:Kassy)

第228回放送です。

イケメンの方が発するセリフってかっこいいですよね。
不細工なオイラだからこその「言ってみたいセリフ」を
まとめて連発しちゃいます。


今回のListening Pointは……
くーっ


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年9月20日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(202)

終点停留所の旅“たそがれ”第172弾です。

今回はS賀県S賀市の
上M津呂バス停をご紹介します。


Qb1955

本線からいったん外れて、上M津呂。


Qb1956

むかしむかし
ワタクシが塾の正社員講師に就いたばかりのころ、
研修として赴いた校舎に
M津呂くんという生徒がいたことを思い出しました。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(202)"

| | コメント (0)

2017年9月19日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(23)宮中重大事件

やんごとなき殿上人の中でも
摂政・関白の座に就くお家柄を
「摂関家」あるいは「五摂家」と言う。
(近衛・鷹司・九条・二条・一条)

“名門中の名門”の五摂家は鎌倉時代の中期に確立され
藤原氏の子孫によって脈々と受け継がれてきた。
この伝統を断ち切り、関白の座を横取りしたのが
武士の頭領・豊臣秀吉と豊臣秀次である。

徳川家康は、これをけしからんことだと心得て
関白の座を再び五摂家へ返上したのである。

しかし、武力財力ともに優位の江戸幕府は
露骨な人事介入を行い、今や五摂家の権威は有名無実、
関白の座と言っても形式的な飾り物と化しつつあった。
これは家康の謀略ではないか──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(23)宮中重大事件"

| | コメント (0)

2017年9月18日 (月)

ばんばん

ウチのパソコンは古い。
実に古い。
もう成人式は済ませた年代に近い。

そしてウチのパソコンは新道を与えるとすぐにフリーズする。

ようつべを見ながらパソコンで製作物を作っていますと
ある女優さんがバラエティでテレテレなことをおっしゃって
見ているこっちまで恥ずかしくなり。

いやーん♪

そんな照れ隠しで思わずバンバンしたら、たちまちフリーズ。
もうこうなっては電源を切るしか方法がありません。
キーボードやマウスがまったく効かないので、保存が出来ません。

おかげで最初からやり直しです。
ぐずん。

| | コメント (0)

2017年9月17日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(37)武田が来たりて火を放つ

井伊家再興の道を諦めた井伊直虎。

一方、遠江を手に入れた徳川家康は
今川氏真と勝手に和睦をしたため
武田信玄の怒りを買うことになってしまいます。
「今に見ておれ……小僧!!」


元亀3(1572)年の秋、井伊谷では
主の近藤康用の下、のどかな日々が続いていました。

中野直之や、
井伊直親の忘れ形見である高瀬は近藤に仕え
祐椿尼は龍潭寺に身を寄せ、
瀬戸方久は薬の行商を始めていました。

そして直虎は還俗し、
「おとわ」として村で百姓として再出発していました。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(37)武田が来たりて火を放つ"

| | コメント (0)

2017年9月16日 (土)

なかなか決まらない

ウチの会社を退職された元同僚の方と
お酒を呑みに行ったのは昨年10月のこと。

この時がとても楽しくて、また行きましょう! また行きましょう! と
誘いまくっていますが、お互いにスケジュールが合わず、
今のところ行けておりません。

よし、今月こそ行くぞ、と行ける日をリストアップして調整するも
偶然なのかなんなのか、コチラが行ける日がアチラが行けない日。
決まりません。

さて、いつになったらご一緒できますのやら。

| | コメント (0)

2017年9月15日 (金)

プレイバック葵 -徳川三代-・(22)大御所

江戸城は太田道灌によって創設され関東一の名城と
うたわれているが、それは150年も昔のことである。
天正年間に徳川家康が初めて入城したときの江戸城は
城も小さく堀も狭く門も塀も貧弱であった。

改築に改築を重ね、征夷大将軍となった
慶長8(1603)年には日本最大の本丸造営に着手。
慶長12(1607)年には天守閣を含めて
威風堂々の江戸城が完成したのである。

この時、本丸御殿、西の丸御殿のほかに
二の丸、三の丸、北の丸などが増設され
世継ぎ竹千代は二の丸に入り、
三の丸や北の丸には、将軍生母や側室たちが入った模様。

ちなみに大奥は本丸御殿内にあるが
いわゆる大奥制度が出来たのはもっと後のことである──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(22)大御所"

| | コメント (0)

2017年9月14日 (木)

旅人チャレンジ

今度こそ正真正銘の『旅人チャレンジ』ファイナル!

せっかくなので、O郡駅からF岡(T神)駅までの急行系統と
F岡(T神)駅からD宰府駅までの急行「旅人」系統と
D宰府駅からC紫駅までの普通系統に乗っておきたかったので
スタートはN鉄O郡駅からです。

O郡駅からの急行系統、と言いましても
C紫駅まで普通、C紫駅から急行という
他社でいうところの“区間急行”であるわけですが、

O郡駅から各駅に停まってお客さんを乗せていきますが
いたって通常の通勤風景であります。
お客さんのうち、いったいどれだけの人が、
この旅人仕様の電車が土曜日までと知っておられるのでしょうね。

続きを読む "旅人チャレンジ"

| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(201)

終点停留所の旅“たそがれ”第171弾です。

今回はS賀県S賀市の
上O瀬バス停をご紹介します。


Qd1617Qd1619

こちらに訪問したのは2度目です。

1度目に来たときには、ちょうどバス停のところで
交通調査が行われておりまして
何人もいる中でのこのこやって来て
バス停とその周辺をパシャパシャと写真を撮る!

……そんな勇気は、ワタクシにはありません(^ ^;;)

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(201)"

| | コメント (0)

2017年9月12日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(21)偉大なる父

この世に生を受ける者あり。
永らえて世を去る者あり。
本当に人の一生というものは有為転変で
あたかも流れてゆく雲のようなものである。

慶長11(1606)年5月14日。
上野館林城主・榊原康政、死去。享年59。
奇しくも同日、伏見城で西郡局が急逝。享年59。

そして6月1日、江戸城で
新将軍・徳川秀忠の次男誕生。国千代と名付けられた。
嫡男・竹千代とは2歳違いの弟である──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(21)偉大なる父"

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

最後の力を振り絞って!!

長い、と言ってもせいぜい4勤ですが
1日勤務するともうぐったり、今までどれほどの新人サンたちが
初日で脱落していったか……というぐらいの激務な
ウチの会社での4連勤が終わろうとしています。

明日になれば、お休み。

休み前日の今日、特に退勤2時間前からラストまでが
相当辛かったですー。
ホントに文字通り“最後の力を振り絞って”っていう表現以外
思いつかないぐらいです。

もう、ぐったり。
早く横になりたい……。

| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(36)井伊家 最後の日

徳川の襲撃により意識不明の重体に陥っていた龍雲丸は
井伊直虎の必死の看病により一命を取り留めたわけですが、
ちりぢりとなった龍雲党のメンバーが戻って来るかもしれないと
しばらくは龍潭寺で療養も兼ねて過ごすことにします。


徳川家康に掛川城を明け渡した今川氏真は
妻・春の実家である北条家に身を寄せることになりました。

氏真を北条に送り込んだことで
武田と今川・北条を分離させた家康は、
武田信玄包囲網を築き上げるべく
碁盤の上であれこれと考えます。

とそこに瀬名が怒り肩で登場。
家康が井伊を見捨てたのはどうしてか、と事情を問いつめる瀬名に
家康の母・於大の方がやんわりとたしなめます。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(36)井伊家 最後の日"

| | コメント (0)

2017年9月 9日 (土)

方向幕考(91)改

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”。
今回は、第91回(第44弾)でご紹介した内容の再修正版です。

第91回では、N鉄バスM像から
A間営業所のトップドア車両をご紹介しました。

今回は、観光特急[むなかた号]の幕コマ追加分の修正です。
色を追加しただけなので、
コマ自体に大きな変動があったわけではありません。

あ、あと、半年前に更新したときにも書いたのですが
新幕の[75]番の文字色、濃緑色になったままですね。
いずれ訂正するって書きましたが、まだできていませんでした。

すんませんm(_ _)m
いずれまた(ォィ)


それではどうぞお楽しみください! ↓↓↓


<方向幕コレクション>
専用ページへ

| | コメント (0)

2017年9月 8日 (金)

プレイバック葵 -徳川三代-・(20)二元政治

新田義重の子・義季が初めて徳川姓を称し
その子孫・松平親氏が松平家の養子となり
徳川家康までは代々松平姓を名乗った。

そして永禄9(1566)年、
三河を統一した家康は朝廷に願い出て、
由緒正しい本家の徳川家を称した。

……というのは真っ赤な嘘!?

徳川家は新田家の子孫ではなく藤原姓を名乗っていたが、
征夷大将軍は源氏の末裔でなければならないという
条件をクリアするため、こっそりと系図を変えていた。

系図詐称と大騒ぎすることなかれ。
この時代のこういった詐称はさほど珍しいものではなく
太閤秀吉も豊臣家の系図をでっちあげている──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(20)二元政治"

| | コメント (0)

2017年9月 7日 (木)

vol.227・ナイショのおはなし (後編)

vol.227・ナイショのおはなし (後編)
(パーソナリティ:Kassy)

第227回放送です。

過激なエッチネタ注意報発令中!(注意度100%)
これまでいろんな種類を見てきたフェティシズム。
果たしてKassyは何フェチなのか!?


今回のListening Pointは……
おっぱい


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年9月 6日 (水)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

弟くん(甥っ子くん2号)♪


今日は弟くんの誕生日♪

てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

神様は私たちに、成功して欲しいなんて思っていません。
ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。


(マザー・テレサの言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

| | コメント (0)

2017年9月 5日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(19)将軍秀忠

朝廷とは神代の昔より侵せない存在であって
雅やかな王朝文化は万民一様に
かしこみ崇めるところであった。

その朝廷の臣下の筆頭は「摂政」「関白」であるが、
近衛家、鷹司家、九条家、二条家、一条家が
回り持ちで務めていた。

武士というものは朝廷を守護するガードマンであったが
平安時代より武力が著しく増大し、
源 頼朝は鎌倉に幕府を開き
政治経済の荒事を担当するに至った。

天下人となった豊臣秀吉は自らを関白と名乗り
位人臣を極めた。

そして慶長8(1603)年、徳川家康は関白の座には目もくれず、
頼朝に倣って「征夷大将軍」の座につくや江戸に幕府を開いた。
「征夷大将軍」とはいわば、防衛庁長官(※)のようなもの。
(※)放送当時の名称。防衛庁から「防衛省」への移行に伴い
 平成19(2007)年1月9日より「防衛大臣」となっている。

ただし、この防衛庁長官(=征夷大将軍)は、
強大な軍事力を背景に総理大臣よりも実力があった──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(19)将軍秀忠"

| | コメント (0)

2017年9月 4日 (月)

ふと

Kassyは会社でP班とC班の両方に所属していて
発注から補充品出しからほぼP班のおしごとを担当していますが、
C班のおしごとも救援として発注したり補充したりしています。

で、今日はP班が3人出勤で、C班出勤者がゼロの日でした。
なので、KassyがひとりでC班のおしごとを担うことになりました。
これは、KassyはかつてP班担当からC班担当に移って
仕事をしていたことがあるということが理由ですかね。

で、本日月曜日は、来たる日のためのチラシ準備の日です。
出勤者3人のうち、2人はP班の業務に
そしてKassyがC班の業務にあたるわけですが、
P班の業務、2人いるわりにはほぼ全体業務に携わってくれません。

よっぽどいそがしいんやろねー、とKassyも気にも止めず
KassyがひとりでC班の業務にアップアップしながらも
全体業務に悪戦苦闘、しかしP班へ救援を求めることが出来ず
え? 今日おしごと終われるん? というほどに追い詰められていきます。

まぁ、これはI班など他の部署からの救援部隊が手伝ってくれまして
何とか終わらせることが出来たわけですが、
後からふと気づいたことがあります。

P班、チラシないじゃーん!!(-"-)

チラシないなら、もっと全体業務に携わってくれても
よかったはずなんですけど、結果的にはしなかったんですね。
そのことに気づいてしまったら、なんかKassyの心の中で
物音を立てながら何かが崩れて行くのを感じました。

| | コメント (0)

2017年9月 3日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(35)蘇(よみが)えりし者たち

井伊直虎は、人を殺す夢で飛び起きます。
そこに、方久が飛び込んできました。
「気賀が……徳川に襲われました!」

ハッとした直虎は、着の身着のままで走って出て行きます。

堀川城に着いて、直虎が目にしたものは
見るも無惨な、崩された城と無数に倒れる遺体でした。
直虎は、気賀に城を立てたことをひどく後悔します。
それでも、ぬかるみに足をすくわれながらも生存者を捜します。

ふと足元に、かつて自分が使っていた水筒を発見した直虎。
視線の先には、龍雲丸が倒れています。
胸に耳を当てると、かすかに呼吸音が聞こえてきます。
「和尚さま! 生きておる者が……おりましたッ」

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(35)蘇(よみが)えりし者たち"

| | コメント (0)

2017年9月 2日 (土)

宅飲み。

今日は遅番で20時半まで会社にいて、
明日はスーパー早番なので朝6時半からおしごとです。

翌朝がスーパー早番の場合、食事やお風呂などを済ませて
就寝する目標は21時半、最低でも23時ごろには横になり
23時半から眠れば6時間は睡眠が取れるという感じ。

で、20時半まで会社にいたものだから
ここはすんなり眠れる自信が全くありませんで、
持ち帰り専門の焼き鳥屋さんでバラ10本ほかを購入。
帰りにお酒も買ってきて、家で宅飲みスタートです。

ところが、Kassyは日ごろお酒を呑まないのですが
全くもってペース配分を間違えてしまいまして
少量のアルコールで食べ物を平らげてしまい
気づけばまだまだお酒が残っている状態。

それをちびちびやっていると、ふと気づけば午前2時。
これなら、スーパー早番前日だからと
宅飲みする意味がなかったなぁ、なんて。。。

次の参考程度に。

| | コメント (0)

2017年9月 1日 (金)

プレイバック葵 -徳川三代-・(18)異母兄弟

言うまでもなく「浅井三姉妹」とは
織田信長に滅ぼされた浅井長政の忘れ形見で
母親は信長の妹・お市の方である。

長女は太閤豊臣秀吉の側室・淀の方、
侍女は若狭小浜城主 京極高次の正室・お初、
三女は徳川秀忠の正室・お江。

浅井三姉妹の胸の内には、
名門浅井家の再興が悲願となっていた。

慶長8(1603)年7月現在、浅井長政の孫は6人。
淀の方が産んだ豊臣秀頼、
お江が先夫との間に産んだ完姫と
秀忠との間に産んだ千姫・珠姫・勝姫・初姫の4人である。

千姫はいとこの秀頼に嫁ぎ、
珠姫は前田犬千代に嫁ぎ、
勝姫は結城秀康嫡男の結城長吉丸に嫁いだ。
そして初姫はまだ産まれたばかり──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(18)異母兄弟"

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »