2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック葵 -徳川三代-・(29)大坂夏の陣 | トップページ | いいわけ。 »

2017年10月11日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(204)

この“たそがれ”シリーズでは
いつも終点停留所に限定して取材を行っております。

F岡県K留米地区からY川・大M田地区まで南下し
O分県N津地区、T川地区、北K州地区、N方・I塚地区と回って
K留米地区のH川バスエリアから
S賀地区の市営エリアとS和バスと回ってきまして、

残すはI島地区のS和バスと、
F岡都市圏のN鉄バスを残すのみとなりました。
といっても、西はF岡市N区から東はM像市、南はC紫野市まで
広大なエリアを残しておりまして、しばらくは終わりそうにありません。

で、F岡都市圏に戻ってくる前に、
ちょんびんさん、soramameさんと企画して7月に取材した
「福岡バスブログコラボ企画」(6本松)と
同日に赴いたバス停をご紹介します。


今回はF岡県F岡市の、H務局前バス停をご紹介します。

Qg0516

H務局前。

と申しましても、ここのバス停を通ったことは何度もありますが
残念ながら下車したことも乗車したこともありませんで、
取材時、次にH多駅に向かうときに乗ったのが生まれて初めてです。
つまり、まったく縁のないところ。


普段、バス停を取材するときは単独で回るもので、
記事アップも撮影した画像を見ながら
取材当時に感じたことを思い出しつつ綴っていくので、

同じようにバス停を紹介されておられる方々の記事内容を
参照することもありませんし、仮に似たような写真、文章になっていたら
それはホントに偶然であります(←これホント)。

で、今回はちょんびんさん、soramameさん、かのさんの
計4名で回ったもので(ゴルフかいっw)、
あ、これ撮っとこ! とカメラを構えた時に他の方が
同じアングルでカメラを構えていたりすると、譲ってしまいます。

たぶんその方が、ワタクシなんかよりも
うまく料理してくれそうな気がするのです。

ちょうど回送中のA間急行と営業中のS和バスが
T神地区から西進してきて交差点を右折したのですが、
それも譲ってしまいました。
ハートが小さいんです、すんません。。。

そういえば、あれはいつだったかなぁ?
この交差点から北に向かったところにあったC央営業所を
一度だけ見に行った(正確に言えば通りかかった?)ことがありました。
C央営業所は廃止され、現在では駐車場になっていますね。


Qg0517

焼鳥家康。
Kassyがまだ26歳のころ、同僚とよく来ていました。
あ、ちなみにここのお店ではなく、
T神にある「焼鳥家康22号店」ですけどねー。

あー、焼き鳥食べたくなっちゃいました。。。

ちょっと脱線。
N古屋のテレビ局CBCの深夜番組で、
『ノブナガ』『ヒデヨシ』『イエヤス』『ミツヒデ』って
放送していた(現在も放送中?)ような気がするのですが、

こういうお店の名前も、
歴史上の人物から取られた名前があるのか
大河ドラマの関連人物から気分的に調べてみました。

『焼鳥信長』○
『焼鳥秀吉』○
『焼鳥家康』○
『焼鳥光秀』○
『焼鳥直虎』×
『焼鳥幸村』○
『焼鳥松陰』×
『焼鳥官兵衛』○
『焼鳥容保』×
『焼鳥清盛』× →『串焼清盛』なら宮崎にあり
『焼鳥頼朝』×
『焼鳥義経』○

信長の父ちゃんの『信秀本店』というのがありましたね。
……オイラなにやってんだろう(笑)。


Qg0521Qg0520

Qg0519Qg0518

コチラは反対側の、F岡都心向きのバス停。
都心を通り越してイエロー地区やブラウン地区に
向かうバスがほとんどですが、
ワタクシの不得意エリアなので、実はさっぱり(^ ^;;)

どなたか優しく教えてくださーい。


Qg0522

みなさんがバス停にバスにと撮影に回っておられるころ
何かネタがないかしら、と
交差点周辺のビルに無駄に入ってネタを探してみましたが、
そんなに転がっているわけないです。よねー。


Qg0524Qg0523

やっぱり、この時計ですかね(笑)。

« プレイバック葵 -徳川三代-・(29)大坂夏の陣 | トップページ | いいわけ。 »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック葵 -徳川三代-・(29)大坂夏の陣 | トップページ | いいわけ。 »