2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 思い知ったか | トップページ | 弱くなったのう »

2017年10月22日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(42)長篠に立てる柵

戦に丸太が必要なことを知った井伊万千代は
初手柄を掴む足がかりとしようとしますが、

井伊直虎の意見により、丸太の調達は
徳川家康から改めて近藤康用に命じ直してもらい
万千代は浜松城での留守居組となってしまったのでした。

井伊の材木を携え、徳川軍は長篠へと向かっていきます。

「お留守を預かるも大事な役目、それぞれの役目を果たすよう」
軍勢が城を出発し、留守居組にも早速檄が飛びますが、
万千代はどこかふて腐れた感じがありありと見受けられます(笑)。


家康一行は、武田が攻める長篠城の近くの設楽原に布陣。
そしてそこでは、織田信長の命によりある物が作り始められています。

信長はすでに陣中に到着しており、
家康はあわてて信長に対面に向かいます。

信長は、徳川が武田に勝てないのは
武田と同じような戦のやり方で挑んできたからです。
であるならば、違うやり方に武田を引きずり込めばいい。

違うやり方とは、主に鉄砲を使うことです。
そこでようやく、信長の策が発表されます。


万千代たちが浜松城の留守を守る中、
設楽原では戦場のしつらえが着々と進んでいます。

丸太が200本ほど足りないと聞けば
普請に出ていた中野直之がそれを請け負い
奥山六左衛門にも手伝わせます。


信長の命による大規模な普請がいよいよ完成し
酒井忠次率いる別働隊が長篠城を取り囲む
武田勝頼軍を背後から奇襲します。

落城間近の長篠城だから、敵の挑発に乗ってはならないという
重臣の忠告に、若い勝頼は耳を貸すことがなく
織田・徳川の大軍が待ち受ける設楽原に突撃していきます。

武田赤備えの核となる武将・山県昌景を討ち取るなど
信長の立てた策は絶大な戦果を上げ、
長篠は織田・徳川軍の大勝利に終わります。


留守の間、小姓から武具の整備を任された万千代。
毎日毎日細かく整備を行って1ヶ月、かなり進みました。

そこに、長篠大勝利の報とともに
この勢いで遠江の武田方の城にも攻め入るとのことで
いま整備ができている分でかまわないので
武具を届けよとの命が下ります。

ところが、武具の整備はすべて
万千代と小野万福が手がけたはずですが、
それを小姓が自分の手柄だとさらってしまいました。

小姓に殴り掛かろうとする万千代を
本多正信は羽交い締めにして必死に止めます。
小姓は酒井家の出身なので、
もし殴れば万千代の立場が悪くなるだけです。

誰も見ていないところで、地味な役目を文句一つ言わず
誰よりも真面目にやっていた姿を知っているのです。
「偉うこざいますよ」
正信は万千代を励まします。

そして向こうが徳川での権勢を誇る家の子を強みとするなら
こちらは今川の国衆の、しかも潰れた家の子であることを
強みとしてはどうか、と万千代に提案します。

そんなことができるはずもない、と鼻で笑う万千代。
であれば、正信は裏切り者を強みとして働くのか、と逆に問いかけます。
これまで見せていた柔和な笑みが消え、眼光が鋭くなっていきます。
「裏切り者、恥知らず、だからこその働きをいずれお目にかけるつもり」

家康が自分たちを採用したのには必ず意味があるわけで
家康を信じ、その時が来るのを待ち、
チャンスが来たらパッと前に出る。
「あの方は頼りのう見えますが、信じてよいお方ですよ」


長篠の戦が終わり、
近藤や直之、六左衛門が井伊谷に帰ってきました。
そして、丸太を200本切り出した直之と六左衛門に
信長から直々に茶碗を褒美に取らせます。

しかし徳川の配下でありながら
織田から褒美をもらうというのは筋違いと、
近藤は茶碗を寺に寄進したいと言い出します。


各地に転戦を重ねていた家康たちが浜松城に戻ってきます。
帰って早々、万千代は家康に寝所に呼ばれます。

服を新しいものに着替え、寝所に伺えと榊原康政に言われれば
万千代は“まさか、あの契りか?”と誤解してしまいます。
正信も悪乗りして「万千代さまは顔がおかわいいから」と言うし
頭の中はそれのことでいっぱいいっぱいになります。

が、家康は男色は好みませんで、
単なる誤解だったことが分かって万千代は一安心。

家康は、武具を整えたのは万千代と万福か、と聞いてきます。
いつもより随分と細かく手入れされ、槍は磨き込まれ
矢は寸分の狂いなくまっすぐに修正され、
新調したのかと言うものがいたほどで。

小姓が“自分がやった”と言ってはいましたが、
以前はそんな感じではなかったので、
家康は、新しく入った者がやったのだろう、と推測します。

そして草履棚も新調されていまして、
家康はしっかりと見てくれていました。

誰も気づいてくれないんだ、と思っていただけに
万千代は感激して涙を流します。


作:森下 佳子
音楽:菅野 よう子
題字:Maaya Wakasugi
語り:中村 梅雀
──────────
[出演]
柴咲 コウ (井伊直虎)
菅田 将暉 (井伊万千代)
高嶋 政宏 (本多忠勝)
尾美 としのり (榊原康政)
市原 隼人 (傑山)
六角 精児 (本多正信)
──────────
阿部 サダヲ (徳川家康)
山本 學 (甚兵衛)
市川 海老蔵 (織田信長)
小林 薫 (南渓和尚)
──────────
制作統括:岡本 幸江・松川 博敬
演出:福井 充広


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』
第43回「恩賞の彼方(かなた)に」

デジタル総合:午後8時〜
BSプレミアム:午後6時〜

« 思い知ったか | トップページ | 弱くなったのう »

NHK大河2017・おんな城主直虎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思い知ったか | トップページ | 弱くなったのう »