« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月31日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(35)竹千代の屈折

徳川家康薨去の際、存命である側室は11人いたが、
これら11人の去就をざっとお目にかけたい。

次男結城秀康の生母・於万は
落飾して「長勝院」となり、そのまま北ノ庄城に居住。
六男松平忠輝の生母・於茶阿は
「朝覚院」となって江戸市内に居住。

九男徳川義直の生母・お亀は
「相応院」となって尾張名古屋城へ。
十男徳川頼宣と十一男徳川頼房の生母・お万は
「養珠院」となって駿府城へ。

十一男徳川頼房の養母・お梶は
「英勝院」となって江戸城三の丸へ。
子を産まなかった阿茶局は
「雲光院」となって江戸城大奥に居住。

お仙は「泰栄院」となって駿府城に居住。
お竹は「良雲院」となって江戸城内比企尼屋敷に居住。
お六は「養儼院(ようげんいん)」となって
江戸城内比企尼屋敷に居住。

お夏は「清雲院」となって江戸城三の丸脇の屋敷に居住。
お梅は本多正純の江戸屋敷に居住。
お梅は家康存命中に下げ渡され、正純の妻となっていたのである。

将軍秀忠はお気の毒である。
父の側室11人まで相続することになったのである──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(35)竹千代の屈折"

| | コメント (0)

2017年10月30日 (月)

昔のアイテム

平成14年(2002年)……だから今から15年前ですか。

当時“契約社員”という名の、
正社員に直接雇用のアルバイトのような立場だったワタクシは
半年ごとに半年分出る交通費を生活費に回してしまい
なるだけ安く交通費をあげるために使っていた魔法のアイテム

『パルカード40』

というものを最近見つけてしまった。
(現在は販売終了)

これは、片道330円、利用回数40回で13,200円かかるところを
25%引きで9,900円で買える回数券方式の磁気カード。
もちろん、片道330円区間で使えるものですが、それ以内の
たとえば280円区間とかで使っても1回分の消費となります。

職場のセンパイが、家に忘れ物をして来たから定期貸してよ、と
この『パルカード40』を奪い取って2回分消費されてしまったのは
今となってはいい思い出だったりしますw

交通費が支給された時、素直に定期券を買えば
誰も困ることなくお金もかからずに済むのですが、
当時はワタクシに借金というものが存在してましてですねぇ……。
えぇ、えぇ、それでその資金を返済の方に回してしまうわけです。

これは確かいつか記事にしましたが、
塾の正社員講師時代に作った200万超の借金は
なんとか返済を終えましたので、念のため。

ちと脱線しましたが、定期券含め
この『パルカード40』や『バスカード』『よかネットカード』など
懐かしいカード類を発見すると、当時の思い出に浸れて
なかなか楽しいですね。

| | コメント (0)

2017年10月29日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(43)恩賞の彼方(かなた)に

井伊の木を数多く切り出して作った馬よけの柵が活躍し
徳川家康は、武田勝頼との戦に勝利を収めます。

井伊万千代は留守居として
武具兵糧を抜かりなく準備した功績により
家康から直に労いを受けたのでした。
「明日より常の小姓として務めよ」

万千代と小野万福は、
さっそく家康から旧来の小姓たちとともに
戦の手柄改めを手伝えとのお達し。

それぞれが戦場でどのような手柄を立てたのか
主家に申し立てる場であります。
岡崎や浜松をはじめとした徳川の直臣、味方した国衆、
旧今川方の武将など、ここぞとばかりに詰めかけたのです。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(43)恩賞の彼方(かなた)に"

| | コメント (0)

2017年10月28日 (土)

夢占い

ここは自宅。
子どものころ、自分の部屋だった居間。

南側と東側には窓がいつの間にか無数に増え
それらの窓は全て開け放たれており
(というか全ての窓ガラスが外されている)
しかもそのいずれにもすだれがかけられている。

すだれのすき間から外をよーく見てみると
部屋を取り囲むように無数の人たちが居並んでいる。
すだれのせいで顔が見えないので、
それが誰なのかが分からない。

誰なのかをハッキリさせようと、そーっと窓の方に近づくと
瞬間、彼らに串刺しにされた。
それも日本刀で。
まるで時代劇のようにまたたく間だった。


その瞬間に飛び起きた。
なんとも気持ちの悪い夢だった。

そう、Kassyはいま
お店でイベントが催されているにもかかわらず
病に倒れ、すでに3日欠勤しているのである。

超多忙の中、長期間病欠しているということで
周囲の同僚の方々に恨まれているのか、と思った。
即、夢占いで確認してみた。

  • 【恐い夢】あなたが仕事・学業・人間関係のストレスを抱えて、
    自分自身が嫌になったり不安になったり、弱気になったり怒りを感じたり、
    潜在意識にさまざまなネガティブな感情を抱いています。
  • 【ナイフや刃物の夢】あなたに恋のライバルが現れたり、
    あなたが体調不良に陥ったりすることを暗示しています。
    ナイフや刃物で刺されて血を流す夢や死ぬ夢であれば、
    あなたが抱えている人間関係や恋愛関係の不安や恐れが
    解消することを暗示する吉夢です。
  • 【殺される夢】殺されることは、再生、人生の一区切りと
    新しい人生への出発、トラブルや苦境からの解放などの象徴です。

悪くはないみたいですけど、自分が殺される夢って
あまり見たくはないものですよ??(涙)

とりあえず、明日から職場復帰します。
全快ではないけれど、これ以上は休んでいられない!!

| | コメント (0)

2017年10月27日 (金)

プレイバック葵 -徳川三代-・(34)御落胤

元和3(1617)年4月17日、徳川家康の御霊は
一周忌を期して駿府久能山より日光へ移され
盛大な遷宮の儀が執り行われた。
この日、日光山を埋め尽くした参詣者は3万人。

こうして家康は東照大権現の名において
神と崇め奉られたのである。

東照社……東照宮と称せられるのは
まだまだ後の世のことである。
東照の言われは、関東と東北を照らす役割だからで、
西は天皇がおわすので、東だけで問題はなさそう。

しかしなぜ不便な山奥に?
いずれ戦乱の世が戻ってくれば、
自分の墓は必ず掘り返されるであろう。
そう予測した家康は、わざと山奥の不便な場所を選んだ。

日光は要害、東照社は城。
万が一、江戸城が陥落した際には
日光に立て籠って戦う。

我、東照大権現、これを守らん!
徳川幕府は永遠に不滅なり──!

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(34)御落胤"

| | コメント (0)

2017年10月26日 (木)

焦り

Kassyが働いているお店では、今日からお祭りが開催されます。
このお祭り開催期間中に限っては、来店客数も激増が見込まれるため
出勤人員も分厚くしてお迎えの体制を整えているわけですが、
そういう時に限って、ごめんなさい、Kassyダウンしました……。

こういう時、ワタクシの頭の中は“やっべー”しかなく。
売場のほぼ全員に迷惑をかけてしまう、という焦りしかありません。

普段よりも出勤人員を分厚くして、と先ほど書きましたが
お店全体とすれば確かに分厚いんですけど
ウチのチームでは、すでにパートさんがお休みに入っているので
ただでさえ人員が不足しているのです。

そこにきてのKassyの病欠ともなれば、チームは……。。。


病院には行きました。

のどが痛くて咳も出て高熱が出てということだったので
かかりつけの耳鼻科に行ってきましたら、
さすがは耳鼻科ですね。専門医ということもあって
鼻洗浄などなどをやってくれました。

これは内科ではやってくれないことですよね。
正直、日ごろ足底腱膜炎で通っている整形外科に併設の内科に行くか
バセドウ病で通っている病院の内科に行くか、
かかりつけ医の内科に行くか迷っていたのですが、

すっごい待たされるので敬遠したかった
ここ耳鼻科に結果的に決めてよかったです。

扁桃炎に咽喉頭炎を併発しているため、高熱が出ている模様。
まずは抗生物質でバイキンをなくしてしまってから
喉の晴れを抑える治療になっていくみたいです。

再発率は高いらしく、しばらくは薬の力で熱を下げて
またぶり返してという繰り返しになりそうですが、
早く復帰できるように大人しく闘病します。

みなさま、ホントに申し訳ないです。。。

| | コメント (0)

2017年10月25日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(206)

福岡バスブログコラボの続きです。
今回は、F岡県F岡市の8田バス停をご紹介します。

えーっと、Kassyが8田をバスで“乗り換えた”のは
2012年6月5日(前)(後)が初めてで、
ちょんびんさんとかのさんと3人でバス停を取材しに来たのが
5年ぶり2度目となるわけですが、

Kassyの少ない記憶を頼りに過去情報を思い出すと
バスで“通った”こともカウントに入れると、詳細な日にちは忘れましたが
T神にあるB電器にメーカーヘルパーとして派遣されていた時、
なぜかクレーム対応で「はらどい病院」まで行ったことがありました。

・T神N銀前からバスに乗り、バスは都市高速を走った
・都市高速を降りて大きな橋を渡り、右折して川沿いを進んだ
・D井団地ゆきだった(終点で「はらどい病院」の行き方を教わった)
ことを考えると、おそらく乗ったのは[72c]D井団地ゆきなんでしょう。

なので、8田は単なる通過点でしかなかったので
まったく記憶になかったわけですが(←言い訳w)

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(206)"

| | コメント (0)

2017年10月24日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(33)東照大権現

徳川家直系男子の命名には一種の法則がある。

徳川家康の「康」は、祖父・松平清康の「康」、
徳川秀忠の「忠」は、祖父・松平広忠の「忠」。
広忠の祖父は信忠、信忠の祖父は親忠と、
一代おきの諱(いみな)を継承していた。

三代将軍徳川家光の「家」は
祖父・徳川家康の「家」であるが、
おもしろいのは、家康の九男・義直、
十男・頼宣、十一男・頼房の命名である。

徳川義直の「義」は、源氏の流れを汲む
新田義重およびその一族のキーワードであり、
頼宣、頼房の「頼」は、家康が崇拝して止まない
源 頼朝の「頼」なのである。

家康は、徳川家の祖先が源氏であることを
わが子の命名によってアピールしたに違いない。
源氏でなければ将軍になれないからである──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(33)東照大権現"

| | コメント (0)

2017年10月23日 (月)

弱くなったのう

何となく悪寒がして、オイラにしては珍しく長袖を着て
風邪薬を服用してマスクして出社しました。

最近よく風邪を引くようになりました。
小学生のころは2年に1回しか風邪で休まなかったし
社会人になってしばらくでも、年に1回ぐらいだったのですけど
気がつけば最近はやたら風邪を引いてます。

栄養が足りてないんですかね。
それとも疲れ過ぎているんですかね……。

| | コメント (0)

2017年10月22日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(42)長篠に立てる柵

戦に丸太が必要なことを知った井伊万千代は
初手柄を掴む足がかりとしようとしますが、

井伊直虎の意見により、丸太の調達は
徳川家康から改めて近藤康用に命じ直してもらい
万千代は浜松城での留守居組となってしまったのでした。

井伊の材木を携え、徳川軍は長篠へと向かっていきます。

「お留守を預かるも大事な役目、それぞれの役目を果たすよう」
軍勢が城を出発し、留守居組にも早速檄が飛びますが、
万千代はどこかふて腐れた感じがありありと見受けられます(笑)。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(42)長篠に立てる柵"

| | コメント (0)

2017年10月21日 (土)

思い知ったか

先週の2人体制を経験した我が上司。

で、予定では今日も2人だったのですが
オイラからの一言
「土曜日の2人がどんなに地獄か分かったでしょ?」

急きょ、パートさんに出勤してもらうことになりました。
当分は、まかり間違っても土曜日に2人などとは言いますまいw

| | コメント (0)

2017年10月20日 (金)

プレイバック葵 -徳川三代-・(32)家康の死

物語は進んでますます佳境、
ここでは徳川家康の宗教観について語りたい。

当時の学問や思想は「神道」「仏教」「儒教」を根本とし
貴族から武家、庶民に至るまで、この3本柱を常識としていた。

家康の神道顧問は神龍院梵舜、
仏教顧問は南光坊天海と金地院崇伝、
儒教顧問は道春こと林 羅山であった。

ところが家康は、70歳を過ぎるや
仏教に深く傾倒して昼も夜も写経三昧。
高僧から仏法を聞くこと、天台宗15回、真言宗7回、
浄土宗3回、曹洞宗3回、華厳宗2回、法相宗1回。

そもそも徳川家は浄土宗に帰依し、
関東入部の家康は増上寺の存応上人より
「血脈(けちみゃく・教えを授かること)」を受けていた──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(32)家康の死"

| | コメント (0)

2017年10月19日 (木)

vol.230・早寝早起きは損!?

vol.230・早寝早起きは損!?
(パーソナリティ:Kassy)

第230回放送です。

昔から「早寝早起き」はいいこと、推奨されるべきこととして
人々の中に浸透してきました。
今日はそんな常識への反論をご紹介してみます。

今回のListening Pointは……
……ことが分かっています


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年10月18日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(205)

福岡バスブログコラボの続きです。
今回は、F岡県F岡市のF又瀬バス停をご紹介します。

実はワタクシ、前職の会社がこの近く
……いやそれほど近くではないですけど(どっちやねん)、
まぁともかく近くにあり、営業先に向かったり帰宅したりで通るため、
F又瀬といえば、Y塚〜S栗の間にあるF又瀬しか知りませんでした。


Qg0525

それが、F岡空港でバスに乗って連れて来られたのが
通ったこともない道の、降りたこともないバス停。
口にはしなかったけれど、
実はこの時すでに方向感覚を失っておりました。

唯一知っているはずのF又瀬が見えず
(そりゃそうですよね、地図で確認すれば
1本向こう側の道路なんですから)
何がどうなっているのか、頭が混乱していました。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(205)"

| | コメント (1)

2017年10月17日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(31)忠輝勘当

豊臣家の悲運を辿れば、太閤豊臣秀吉は子どもに恵まれず
やっと生まれた鶴松はあえなく夭折。
諦めて甥の豊臣秀次を養子にし、関白の座を譲ったところ
側室淀殿が再び懐妊、拾丸すなわち秀頼が産まれたのである。

気の毒なのは秀次で、
秀吉に疎まれヤケを起こして乱行の数々。
ついに関白の座を追われて切腹を命じられ
正室側室は言うまでもなく、
幼い子どもたちも三条河原ですべて打ち首になった。

秀吉が没して17年、世は徳川の天下となり
慶長20(1615)年の夏に大坂城は炎上して陥落。
秀頼は生母淀殿とともに自害して果てた。

城を落ち延びた秀頼の子の国松丸も捕らえられて斬首。
ついに豊臣家は滅亡したのである──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(31)忠輝勘当"

| | コメント (0)

2017年10月16日 (月)

誘惑

夜遅いおしごとともなりますと、夜の食事を気にしたいところ。

最近では、ちょっと多めのサラダに豆腐をいただいておりますが、
やはり誘惑もそれなりに多いもので。

帰り道にはいろいろな飲食店が並んでおりまして
そんなのを見てしまうと「外食!」となってしまうし、
コンビニに立ち寄れば、ちょっと重そうなお弁当類があって
その誘惑に勝つためにも、スーパーに飼い出しにいくようにしています。

ただ、スーパーも誘惑はあるんですよねー。
コンビニに比べてお菓子類が非常に多い(笑)。

結局、どこに行っても誘惑と戦わなければならないわけで
そんな大変な毎日を送っております。。。

| | コメント (0)

2017年10月15日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(41)この玄関の片隅で

日本一の草履番を目指して奮闘した万千代と万福。
その働きが徐々に認められ、小姓に上がることになったのですが
それにはある条件をクリアしなければなりません。

小姓に上がって不在となってしまう草履番を育成せよと
榊原康政に命じられたのです。

数日後、新しい草履番として採用された男と対面します。
その男とは、ノブという中年過ぎの男。
そう、徳川家康の鷹匠のノブです。

小野万福は、ノブとはどこかで会ったような……と思い出します。
ノブも、おそらく鷹場でございましょ、と隠す様子もありません。
ともかく井伊万千代は、そんなノブに厳しく教育を始めます。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(41)この玄関の片隅で"

| | コメント (0)

2017年10月14日 (土)

恐怖

かつて、ウチのチームは7人体制で回していて、
曜日ごとの出勤人数は、日曜日から順に
6.3.6.6.3.6.3(人)
となっているわけですが、

チームに所属するメンバーが一人、別のチームに移り
曜日ごとの出勤人数は、日曜日から順に
5.3.5.5.3.4.3(人)
となったわけです。

それが、更に応援としてチームからひとり出さざるを得なくなり
土曜日は3→2、日曜日は5→3になってしまっています。
週末にこの人数で迎え撃とう(……失礼)というのは
どう考えたって不可能、恐怖でしかありません。

そうして迎えた今日、土曜日。

自分の頭の中で、一日の仕事をシミュレーションして
あれを何時までに片づけて、何時からは何をして、と考えたわけですが、
レジに入る時間を極端に増やされてしまった結果、
その計画はもろくも崩れ去り。

年下の上司とバックヤードで
仕事内容、仕事順について口ゲンカ(笑)。

今日! とりあえず今日乗り切ればいいんだもの!
という考えだと、明日がたちまち回らなくなってしまいます。
3人体制の明日をなるだけ潤滑に回すためにも、
限界までおしごとやってきました。。。

| | コメント (0)

2017年10月13日 (金)

プレイバック葵 -徳川三代-・(30)大坂城炎上

時は慶長20(1615)年、大坂夏の陣において
豊臣家に加担する浪人衆は数万人に及んだが、
その実態はピンからキリまであった。

軍師格の大スター・真田幸村は
かつての上田5万石の真田昌幸の次男で
関ヶ原へ急ぐ徳川秀忠を手玉に取り
ついに遅参させたという実績がある。

改易の後は紀州九度山に籠り
時節到来を待ち受けていた──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(30)大坂城炎上"

| | コメント (0)

2017年10月12日 (木)

いいわけ。

1日に出来事がまったくない日なんてない……?
いや、1日に出来事がまったくない日もあるし、
1日に出来事がいくつも起きることもある。

とかなんとかいうセリフのドラマがあったような気がしますが
今、オイラがブログを毎日続けていられるのは
こういうセリフがあるから、と言えるかもしれません。

結果的には毎日“分”を更新しておりますが、
その日に更新しないで後から振り返って、
記事で埋めてない日をつづる、ということをしていますが、
最近、それでもいいんだ、と思えるようになりました。

ある程度のノルマは自分なりに課さなければ
気がつけば毎日だなんてたちまちできなくなってしまいますが、
早め早めに埋められるように努力しています。

まあ、誰からも責められるわけでもなし
それでいいのだ。

| | コメント (0)

2017年10月11日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(204)

この“たそがれ”シリーズでは
いつも終点停留所に限定して取材を行っております。

F岡県K留米地区からY川・大M田地区まで南下し
O分県N津地区、T川地区、北K州地区、N方・I塚地区と回って
K留米地区のH川バスエリアから
S賀地区の市営エリアとS和バスと回ってきまして、

残すはI島地区のS和バスと、
F岡都市圏のN鉄バスを残すのみとなりました。
といっても、西はF岡市N区から東はM像市、南はC紫野市まで
広大なエリアを残しておりまして、しばらくは終わりそうにありません。

で、F岡都市圏に戻ってくる前に、
ちょんびんさん、soramameさんと企画して7月に取材した
「福岡バスブログコラボ企画」(6本松)と
同日に赴いたバス停をご紹介します。


今回はF岡県F岡市の、H務局前バス停をご紹介します。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(204)"

| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(29)大坂夏の陣

史上最大の兵力が動員された大坂冬の陣は
寄せ手の徳川方20余万人、
籠城の豊臣方は5万ないし8万と伝えられている。

兵力の優劣もさることながら、
ここで注目すべきは両軍の大砲の差である。

家康がオランダ・イギリスから購入した大砲は十数門、
中でも最新式のカルバリン砲は長さ4.8m、
口径16.2cm、弾丸重量16.4km、射程距離6,300m。

はるか離れた城の外より弾を放てば、
外堀内堀をゆうゆう飛び越え
本丸に達するスグレモノであった。

これに対し豊臣方の大砲は旧式の青銅製フランキ砲、
長さ2.9m、口径9cm、弾丸重量・射程距離は定かではないが
時々暴発する恐れもあり、明らかに見劣りする代物であった。

そして徳川方が備前島より放った砲弾は
6,300mの弧を描いて天守閣へ落下。
淀殿の心胆を授からしめ、勝敗を決するに至ったのである──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(29)大坂夏の陣"

| | コメント (0)

2017年10月 9日 (月)

祝日の月曜日は。

確か記憶が正しければ、
2017年では今日が最終日です。
あとは木曜日とか金曜日とか、
月曜日以外の曜日に設定されています。

ウチのお店、月曜日は出勤者数がとてもとても少ないので
その少ない人数で日曜日並みの来店客数を捌くと考えると
ホントに胃が痛くなるほど憂鬱なわけです。

今年はそもそも月曜日に祝日がくることが少ないらしく
シルバーウィークも連続していなかったし
お客さんを迎える立場の人間としては、
ちと過ごしやすい一年でありました。

ただ、少ない年があるということは多い年があるというわけで。
暦の上で祝日が月曜日というのが連続し
シルバーウィークも5日ほどドンと取れてしまう年が
今後いつかやってくる、ということになります。

ずいぶんと先の話ではありますが、それを考えると
正直憂鬱な気分になります。

| | コメント (0)

2017年10月 8日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(40)天正の草履番

「虎松! 今日よりは万千代と名乗るが良い!!」
徳川家康から、井伊姓を名乗ることを許された万千代でしたが、

松下として仕えるなら家康の小姓、井伊としてなら草履番と
厳しい条件を突きつけられ、姑息な手段に怒り心頭の万千代は
日本一の草履番になってみせる! と井伊の道を選びます。


あれでもないこれでもない、と草履番として忙しく働いているさなか、
松下の嫡男として斡旋してくれた常慶が万千代を睨みつけて
抗議の書状の束を見せつけます。
「六左から全て聞いた。みな怒っておるぞ」

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(40)天正の草履番"

| | コメント (0)

2017年10月 7日 (土)

ふりだしに戻る?

本日はリハビリの日。
17:00からリハビリを予約していたのですが、
半ば強引に診察が入れられまして、リハビリは1時間繰り下げに。

という変更を前回の水曜日にお聞きしていたのですが、
主治医が今日は不在でありまして、代理の先生が拒否したか
主治医の先生がいる日で診察してもらえ、ということになり
結局16:30ごろに病院に入ったのに、17:20ごろまで音沙汰なし。

ま、ま、ままぁ、待たされるのは別にいいんです。
(よかないけど)
忘れてないってことが分かれば。

人見知りKassyにとって大事なことは、誰が今日のオイラを診るか。
初めての先生だとそれなりに身構えるし、
いつもの先生でも苦手な先生だとそれなりに身構えるし。

ちなみに受付した段階ではチームリーダーの療法士さんだったのですが
腕は確かなのですが、Kassyちょっとだけニガテ……(^ ^;;)
それが、診察がなくなり、リハビリをまた繰り上げてやることになったので
当然ながら担当療法士さんは変わる……はず。

それが誰になるかが不安で不安でならないわけです。
結局はリーダーが前枠が空いておりまして、
繰り上げでも対応できたのですが、
こういうハラハラはできたら御免蒙りたい……。

| | コメント (0)

2017年10月 6日 (金)

プレイバック葵 -徳川三代-・(28)大坂冬の陣

慶長19(1614)年、秋。
風雲急を告げる大坂城には関ヶ原で敗北した旧大名
あるいは浪々の身を託(かこ)つ旧家臣が
手勢を集めて続々と乗り込んだ。

さて、これらの浪士軍団が
苦戦を覚悟で大坂に集結したのは
どのような存念であったのか。

豊臣家大事の面々が関ヶ原の合戦で大敗を喫し恨み辛みの14年、
徳川の天下を快く思わず今こそ一矢報いんと
錆びた鎧のほこりを払い痩せ馬にむち打って
馳せ参じたのは、これぞ「男の花道」「武門の誉れ」……?

しかしこれは綺麗ごとに過ぎず、もっとリアルに考えれば。

武運拙く戦い敗れ、お家は断絶、家禄は没収、
失業浪人路頭に迷い、楊枝削りだ傘張りだ、
食うや食わずのアルバイト、
そこに突然天の声、豊臣方についたらば
お金上げるよいくらでも、おいしい仕事が待ってるよ、
浪人たちは我先に、なりふり構わず駆けつけた……?

いやいやこれは身もふたもない。ポエムがない。

大坂城は武士の憧れ、太閤殿下が金に糸目をつけず
精魂の限りを尽くして難攻不落の城を築いた。
浪人生活さらりと捨てて、武士の身分に再び戻り
一旗揚げたい大坂城、一か八かの大勝負──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(28)大坂冬の陣"

| | コメント (0)

2017年10月 5日 (木)

vol.229・はっきり言ってありがた迷惑なこと

vol.229・はっきり言ってありがた迷惑なこと
(パーソナリティ:Kassy)

第229回放送です。

他人によるちょっとしたお気遣い、
はっきり言ってありがた迷惑なことってありますね。
みなさんが日常感じているそんなこと、ちょっとまとめてみました。


今回のListening Pointは……
だまっとけー


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年10月 4日 (水)

方向幕考(140)

N鉄バスのなかで、新設されて間もない営業所として
F岡空港営業所というものがあります。

いわゆる、出発ターミナルから旅客機まで、
旅客機から到着ターミナルまで、お客さんを運ぶ
ランプバスを担当している営業所です。

幕ファンのみなさま、大変長らくお待たせいたしましたw

“センバツ・ほうこうまくぅ(方向幕コレクション)”
通称“幕コレ”の第85弾は、
N鉄バスN珂川営業所車両をご紹介します。

ブログで、そしてツイッターで、オフ会で
とてもとてもとてもお世話になっております
たかくん(松原さつきさん)からご提供いただきました。
感謝感謝です! ありがとうございます!!

そもそも公開していたN珂川営業所の大型車は
大所帯の[62]系統の幕コマが収録されているのですが
今回たかくんが提供してくださった幕コマは
[62]系統の一部と、それ以外の系統が収録されているもの。

行先番号のフォントもそのものを使ってみたので
従来よりもリアルさは上がったかもしれません。

コマの表記方法、フォントなどを総合的に判断すると
方向幕時代の比較的最近のものと思われます。

だからヒヨッコと言いたいわけではなくて、
私たちが目にした時間が短い、というのと
やはり新しいというのが一番のオイシサだと思います。
所有できているというのは、いいですなぁ。


このページをご覧いただいている方の中で、
方向幕を所有されている方、実物はないけど写真で撮った!という方、
このページで遊べるようにしてもいいよ! という心優しい方がいらしたら
よろしかったらデータをお送りください。

よろしくお願いいたします。


それではどうぞお楽しみください! ↓↓↓

<方向幕コレクション>
専用ページへ

| | コメント (0)

2017年10月 3日 (火)

プレイバック葵 -徳川三代-・(27)義憤の開戦

ドラマは進んでますます佳境、
お待ちかね「大坂の陣」を前に
家康の宗教政策をザッと予習しておきたい。

織田信長は部力で寺院を破壊し、
焼き討ちを重ねて徹底的に宗教勢力を弾圧した。
豊臣秀吉は寺院の再建は許しつつ
刀狩りや検地によって無力化を断行。

これに対して家康は、厳格な寺院法度を取り決め
法律による締め付けを図ったのである。

家康は、慶長18(1613)年
キリシタン禁令を発して京や長崎の寺院を閉鎖。
高山右近、内藤如安(じょうあん)らを捕らえてルソンに追放。
同年、僧侶の最高位を示す紫の衣「紫衣(しえ)」の勅許に
幕府の同意を要する、と通告。

慶長19(1614)年には五山の僧侶に論文試験を課し
成績によって知行の額を増減。
優秀な学僧には学問料を授与。

家康の宗教ブレーンは、智楽院の南光坊天海、
南禅寺の金地院崇伝、儒学者・林 道春(羅山)。
宗教行政の責任者である京都所司代の板倉勝重も元は僧侶。
蒼々たるメンバーである──。

続きを読む "プレイバック葵 -徳川三代-・(27)義憤の開戦"

| | コメント (0)

2017年10月 2日 (月)

教科書に載っている意味

日本史の教科書や政治経済の教科書に
政党の変遷? のような図が書いてあるページがあって、
単にそれを見ただけでは、離れたー、そしてくっついたー、と
見たものの頭に「???」を浮かばせるような変遷だったりするが、

いま、この民進党をめぐる混乱を見ていると
ああ、だからこういう結果になったのね、と思えて
実体験で経験してみてなるほどと納得できるわけです。

例えば、例えばです。

民主党が党名を変えて民進党、その民進党のうち
衆議院議員分の囲いを党首が解き放って希望の党への合流を模索する。
ところが希望の党は選別をし出して、希望の党に合流できた人、
合流できなかった人の中から立憲民主党を作り上げる。

それで、立憲民主党がいつか民主党に党名を変えたならば
教科書に載っているごたごたのように、
ひとつの党が分離して設立して党名変えて、と
変遷が分かるわけです。

そういう意味では、今回実に面白くなってきましたー。

| | コメント (0)

2017年10月 1日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(39)虎松の野望

井伊家が潰れて6年。

天正2(1574)年12月14日、
井伊直親の十三回忌法要を行うにあたり
松下家からしの、なつ、亥之助、奥山六左衛門、
そして虎松も帰ってきました。

虎松は今や松下家の跡取りで
井伊家との関係が途切れたまま、
15の春を迎えようとしていました。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(39)虎松の野望"

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »