2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック葵 -徳川三代-・(41)御対面 | トップページ | 治ったと思っていたら。 »

2017年11月22日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(209)

終点停留所の旅“たそがれ”第176弾です。

今回はF岡県I島市の
K屋バス停をご紹介します。


Qg1829Qg1825Qg1826

K屋。

そこそこ有名なところらしく、
あちらこちらにでっかい地図看板が立っています。

Qg1828Qg1827

遊覧船にも乗れるようだし、
水浴場88にも選ばれるほど。

というのを、取材の時に初めて知りました(^ ^;;)

Kassyは生まれてこのかた
ほぼほぼF岡県民でありますが、
F岡県の歴史や、こういった名所について
知らないことってまだまだたくさんありそうです。


Qg1830Qg1834Qg1832

バス停と転回場。

近くに海岸があるところは、砂が風に乗って運ばれてくるのか
道路の端に浜の砂がたまりやすくなっていますね。


Qg1831

K屋。

ここに取材に訪れたときは、
ちょうどバスが折返しの発車待ちでお休み状態だったのですけど、
近くの駐車場に車を停めて戻ってきてみると
すでに発車した後でした。

つくづくバス運ってついてないなぁ。。。


Qg1833

待合室はブロックでガッツリ作られたところ。

通気とか風通しとかを考えないと、
端の方が湿気ていたりとか、よくあります。


Qg1835

思わず撮っちゃいます、海抜。

« プレイバック葵 -徳川三代-・(41)御対面 | トップページ | 治ったと思っていたら。 »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック葵 -徳川三代-・(41)御対面 | トップページ | 治ったと思っていたら。 »