« プレイバック山河燃ゆ・(07)草原情歌 | トップページ | 閑散期 »

2018年1月31日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(217)

終点停留所の旅“たそがれ”第184弾です。

久々にN鉄エリアに帰ってきましたよ!
しかもついにF岡エリアです。
このエリアが終了すると、このコーナーが終了ということになります。
まぁ、終了までまだ1年ぐらいありますけど(^ ^;;)

今回はF岡県K日市の
上S水バス停をご紹介します。


Qi0601

何の変哲もない、ふつうの街並み。

Qi0604

奥に新幹線が見えていますね。
車両基地です。


Qi0602

昔の航空地図を参考にすると、
おおよそこのあたりに転回場があったようです。


Qi0606

上S水から車両基地方面へは(2)が、
こちらの写真の方角には(7)が
路線を引いていた模様。


Qi0603

この痕は……バス停標柱? 標識?

こういうのがヒントになったりしますが
双方向にバスが向かっていたことを考えると
転回場外に標柱を建てるかなぁ? という感じです。

|

« プレイバック山河燃ゆ・(07)草原情歌 | トップページ | 閑散期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレイバック山河燃ゆ・(07)草原情歌 | トップページ | 閑散期 »