2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック山河燃ゆ・(08)大陸へ | トップページ | プレイバック山河燃ゆ・(09)上海に一滴の涙を »

2018年2月 4日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(05)相撲じゃ! 相撲じゃ! 〜波乱の御前相撲〜

嘉永4(1851)年5月8日、島津斉彬がついに
薩摩藩主としてお国入りを果たします。
斉彬が藩主になったことで、何もかもが一新されると
大きな期待に満ちあふれていました。

お国入りして間もなく、斉彬藩主就任のお祝いに
御前相撲が開かれることになりました。
優勝者は米10俵!

俄然、ヤル気の出る西郷吉之助です。

ところが、有村俊斎が怒りながらやってきます。
聞けば、前藩主斉興派の家臣にはお咎めがなく
斉彬を担いだ忠臣にはお許しがないとのことで
斉彬には期待はずれでガッカリだ、というのです。

しかもそれを言ったのは斉彬本人だというから驚きです。
これまで同様の忠勤を求め、斉興の政も3年は変えないと
家臣たちの前で約束したわけです。
心労のあまり、大久保正助の母・福は倒れてしまいます。

吉之助は、直訴して必ず赦免してもらおうと
御前相撲で優勝できるように鍛錬を積みます。


岩山 糸のもとに、縁談話が舞い込んで来ました。

相手の海老原は格が上らしく、仕送りもしなくて済むようになるし
長男との結婚は、親から見ても大喜びです。
ただ、「海老原様にもろうてもらえ!」と父に言われても
素直に頷けない糸でした。

西郷家の正助のところに行く道すがら、思い悩んだ糸は
下駄を空高く放って運試し。
表が出たら海老原家へ、裏が出たら……。

すると、橋の下にいた吉之助の頭に当たって
下駄は川に流れていきました。
正助どんのところへ送っちゃる、と
糸をおぶって行く吉之助です。


糸のことを少し気に入っている正助ですが、
糸に縁談話があることを知ると、たちまち表情を曇らせます。

本当であれば、その縁談話を止めたいところなのですが
謹慎中というのが全て手かせ足かせになっているのです。
それに糸自身は正助の気持ちになんか気づいていないでしょう。


そしていよいよ御前相撲の日。

島津家の本家分家の姫たちも集まり、
その中には今和泉島津家の於一(おいち)もおりました。

下鍛冶屋町から出場予定の村田新八ですが
昨晩食べ過ぎたみたいで、腹を下してしまっております。
とても出場できる状況ではなく、
吉之助が代理で出場することになりました。


糸は西郷家の正助のところにいました。

正助は、糸の気持ちを確かめたくて
回りくどく回りくどく気持ちを聞いていきますが、
糸の気持ちが吉之助に向いていることを知り
無気力状態に陥りますw


吉之助は順当に勝ち進み、大山格之助との戦いにも勝って
決勝戦では、糸を見初めた高見馬場町の海老原重勝と
対戦することになりました。

準決勝で、海老原は左足をひねって負傷していると情報を掴み
仲間たちはそこを狙えと吉之助をけしかけますが、
曲がったことが大嫌いな吉之助は、少し遠慮がちになります。

しかし今は正助の恋愛と次右衛門の放免を直訴する
そのチャンスを得ることが先決で、
仲間たちは気持ちを曲げてでも、と吉之助を説得します。


はっけよい……のこった!


きわどいところもありましたが、吉之助の勝ち!!
吉之助は雄叫びを上げます。

すると、見物していた斉彬が土俵に歩み寄って
吉之助に言葉をかけたかと思うと、着物を上半身脱いでしまいます。
「次はわしが相手じゃ。遠慮はいらん。かかってこい」

周囲からも、もし勝てば首が飛ぶ、という声が上がり
吉之助はどうしていいか分かりません。
ひとつ分かったのは、遠くから於一が叫んでいたこと。
「いけ! 西郷!! 私はそなたに全部賭けちょっで!」

よっしゃ、と腹を叩き、土俵に上がる吉之助。
斉彬と対面します。


勝負に、吉之助は勝ってしまいました。

去ってゆく斉彬の後ろ姿を見て、吉之助は
やってはならないことをしでかした、と顔面蒼白です。

直後、吉之助は牢に入れられてしまいます。

吉之助は薄暗い牢の中を目を凝らしますが
そこには、ひげ面の謎の男が
ただもたれかかって座っていました。


嘉永4(1851)年5月8日、
薩摩藩主に就任した島津斉彬が薩摩にお国入りを果たす。

明治10(1877)年9月24日、
西南戦争で西郷隆盛が討ち死にするまで


あと26年2ヶ月──。

(大河ドラマ『翔ぶが如く』では第2回「新藩主お国入り」付近)
(大河ドラマ『篤姫』では第4回「名君怒る」付近)


原作:林 真理子
脚本:中園 ミホ
脚本協力:三谷 昌登・小林 ミカ
音楽:富貴 晴美
タイトル映像・題字:L.S.W.F
語り:西田 敏行
──────────
[出演]
鈴木 亮平 (西郷吉之助)
瑛 太 (大久保正助)
黒木 華 (岩山 糸)
桜庭 ななみ (西郷 琴)
北村 有起哉 (大山格之助)
高橋 光臣 (有村俊斎)
渡部 豪太 (西郷吉二郎)

堀井 新太 (村田新八)
塚地 武雅 (熊吉)
水野 久美 (西郷きみ)
──────────
北川 景子 (於一)
藤 真利子 (大久保 福)
徳井 優 (山田為久)
青木 崇高 (島津久光)
小柳 ルミ子 (由羅)
劇団 ひとり (謎の男)
──────────
鹿賀 丈史 (島津斉興)
風間 杜夫 (西郷吉兵衛)
松坂 慶子 (西郷満佐)
渡辺 謙 (島津斉彬)
──────────
制作統括:櫻井 賢
    :櫻井 壮一
プロデューサー:小西 千栄子
演出:盆子原 誠


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『西郷どん』
第6回「謎の漂流者」

デジタル総合:午後8時〜
BSプレミアム:午後6時〜

« プレイバック山河燃ゆ・(08)大陸へ | トップページ | プレイバック山河燃ゆ・(09)上海に一滴の涙を »

NHK大河2018・西郷どん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック山河燃ゆ・(08)大陸へ | トップページ | プレイバック山河燃ゆ・(09)上海に一滴の涙を »