2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 閑散期 | トップページ | ようやく完結 »

2018年2月 2日 (金)

プレイバック山河燃ゆ・(08)大陸へ

昭和11(1936)年8月。

喫茶店『リラ』のラジオから、NHK・河西三省アナウンサーによる
「前畑ガンバレ、前畑ガンバレ……」と連呼する実況が流れてきます。
第11回ベルリンオリンピック・競泳女子200m平泳ぎの実況です。

そしてマスターの白浜をはじめ、
張 美齢、楠田 武たちはラジオにかじりつき
前畑秀子選手が優勝、金メダルを決めると
みなが立ち上がり、大喜びです。

「明日から3日間、コーヒー半額!」
興奮冷めやらぬ中、マスターは勢いで言ってしまいます。

しかし、ひとりしょんぼりしている川辺庄平。

美齢のお金の工面で撮影所のカメラを質に入れた後
すぐにお金を入れてカメラを返してもらえましたが、
撮影所からカメラを勝手に持ち出したことがバレてしまい
撮影助手をクビになってしまったのだそうです。

天羽賢治は、弟・天羽 忠が持ち込んだカメラを庄平に貸し
カメラマンという仕事を諦めないように励まします。


三島家では、ご祝儀袋がいくつも届く中
典子が家出してすでに2日が経過しています。
とはいえ、父・三島誠之介は世間体を気にして
警察に捜索願を出すといった行動には出ていません。

誠之介は、夏休みで在宅している三島啓介に
典子の行先について厳しく問いつめていますが、
そんな時、典子がアメリカの賢治の家へ送った郵便が
母・天羽テルの計らいで三島家へ返送されてきます。

中を改め、賢治と写った街頭写真を見て
賢治に送った手紙を読み、大激怒の誠之介。
そして“天羽賢治”という人物が啓介の大学の同級生と知り
「軟弱な映画かぶれか」と吐き捨てて出て行きます。


『帝国政府は 8月11日 中国華北五省の防共親日地域建設を
 企画する第二次北支処理要綱を決定』

UAP通信社でマリー田宮が面接を受け、合格。

映画会社をクビになった庄平も、
ジェームズ・トムソン東京支局長の計らいで
UAP通信社と同じビルの新聞社の
契約カメラマンとして就職が決まりました。

そこに一本の電話が──。
「今どちらに? はい、すぐに伺います」


指定された場所に赴くと、典子が座って待っていました。

典子が家出したことはそこそこに、
呼び出したのは、賢治に別れを言いに来たのだそうです。
「遠くに行こうと思って。──ハルピンです」

女学校時代の友だちの父親がハルピンで仕事をしていて
典子にもその斡旋をしてくれるというので、
それで働かせてもらおうと思っているのです。

旅立とうとする典子を引き止め、
まずは島木邸に行き、兄・啓介と一緒に
典子にとって何が一番いい方法かを考えることにします。


久永大尉は特別高等警察に赴き、荒木と対面します。

荒木はヨーロッパから日本に帰ってきた
林田という男について捜索をしているらしいのですが、
その林田を恩師と仰ぐ啓介の存在も知っています。

ということは、妹・典子の存在も知っているわけで、
久永は、その典子の所在を突き止めて欲しいと依頼します。


啓介も交えて話し合いが持たれますが、
時間だけが経過し、なかなか結論に至りません。

賢治は、自分の力で生きようとする典子が
もがき苦しんでいるような気がしています。
それは、自分の姿にも重なる部分があって
典子の気持ちが少しは理解できます。

話を聞いた忠は、典子を
百蘭のところに弟子入りに来た女の子ということにして
音羽座で預かってもらうことにします。
人の出入りはとても多いですが、
だからこそ目立たない、と忠は妙案を思いつきます。

翌日、忠と一緒に音羽座にやって来た典子。
忠の願いは断れないよ、と
百蘭は笑って典子を受け入れることにします。


三島家では、久永大尉が誠之介と対面しています。

なんでも、近いうちに中国に渡ることになったそうで
その前に典子と結婚しておきたかったわけですが、
まぁこんなことになったので、

表向き、典子は軽井沢の親戚の家で療養中ということにして
しばらく結婚は延期する、ということにします。


『広東省北海で 日本人商人が殺害される』

トムソンの依頼で、賢治は中国に渡ることになりました。
それを知った啓介は、林田も一緒に
上海に連れていって欲しいと言ってきます。

微力ながら、戦争にならない道を模索するために
同行する新聞記者ということにして
上海に渡りたいという林田の話を聞き、
賢治は、自分はいいが周囲のお世話になった方々に
迷惑が及ぶから、とやんわりと断ります。

島木文弥は、典子の父が内務省官僚であるということは
特別高等警察を管轄するところであるから
今後、賢治のことを監視する可能性もあるということを伝え、
気をつけるように言い置きます。


上海に向けて出発する賢治ですが、
ふと車両の奥に目をやると、林田が乗っています。
迷惑がかかるからと諦めた素振りを見せながら
やはり林田は諦めていませんでした。

しかし車両には、特高警察が追う他の人物も乗っていたようで
日が悪いと林田は車両から飛び降りて逃げて行ってしまいます。


昭和11(1936)年8月1日〜16日、
ドイツ・ベルリンで第11回夏季オリンピック大会が行われる。

昭和20(1945)年8月15日、
日本がポツダム宣言を受諾し第二次世界大戦が終結する。


あと9年──。


山崎豊子 作『二つの祖国』より
脚本:市川 森一・香取 俊介
音楽:林 光
──────────
[出演]
松本 幸四郎 (天羽賢治)

大原 麗子 (三島典子)

篠田 三郎 (三島啓介)
アグネス・チャン (張 美齢)
柴田 恭兵 (荒木)
手塚 理美 (マリー田宮)
渡辺 謙 (楠田 武)

川谷 拓三 (川辺庄平)
竜崎 勝 (久永大尉)
柳生 博 (白浜)
──────────
泉 ピン子 (百蘭)
高森 和子 (ひさ)
井上 孝雄 (林田)
山内 明 (三島誠之介)
児玉 清 (島木文弥)

西田 敏行 (天羽 忠)
──────────
制作:近藤 晋
演出:伊豫田 静弘

« 閑散期 | トップページ | ようやく完結 »

NHK大河1984・山河燃ゆ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 閑散期 | トップページ | ようやく完結 »