« プレイバック山河燃ゆ・(11)いまひとたびの | トップページ | プレイバック山河燃ゆ・(12)大陸からの手紙 »

2018年2月14日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(219)

終点停留所の旅“たそがれ”第186弾です。

今回はF岡県I島市の
F翔高校バス停をご紹介します。


Qi0618

F翔高校。

ボクらが住んでいた地域からこの高校にも行けましたが、
高校生のときは、まだ「F岡商業高校」と旧名を名乗っていました。

Qi0619

Kassyは塾の正社員講師をやっていまして
高校への営業活動や受験時の激励として各高校を回るのですが、
残念ながらこちらにはお邪魔したことはないです。


Qi0624Qi0623

高校のすぐ真下にまでバスがやって来てくれる
というのは実に嬉しいことです。

Kassyが通ったC紫高校は、住宅街の中にあったので
最寄り駅まで15分、雨の日も風の日も歩かんといかんかったです。


Qi0620

ちゃんと駐輪場に停めなさいよ、という実質的警告文。


Qi0621

コーンを立てて、待機するならこのスペースに、
という目安にしています。
引き込み線のような感じですね。


Qi0622Qi0625

真ん中に木が植えられているということは、
それだけ転回スペースが広いということです。

もしバスでどこかに行く(試合の応援など)ことがあったとしたら
そうか、ここでバスを大量に待機させて
生徒たちを乗り込ませればいいのか。
何台ぐらい入るんでしょうね。


Qi0626

水鳥が泳いでいるような、穏やかな池です。

|

« プレイバック山河燃ゆ・(11)いまひとたびの | トップページ | プレイバック山河燃ゆ・(12)大陸からの手紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレイバック山河燃ゆ・(11)いまひとたびの | トップページ | プレイバック山河燃ゆ・(12)大陸からの手紙 »