« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月28日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(221)

終点停留所の旅“たそがれ”第188弾です。

今回はF岡県F岡市の
東W久バス停をご紹介します。


Qi0649Qi0651

本線から分かれて、路線バスが通るには狭い
住宅街の道を奥に進んでいくと、
バス停と転回場が見えてきました。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(221)"

| | コメント (0)

2018年2月27日 (火)

プレイバック山河燃ゆ・(15)開戦前夜

昭和16(1941)年10月18日、東郷茂徳邸──。
東郷は、天羽賢治からの手紙を読んでいます。

──この7月、日本軍が南部仏印(フランス領インドシナ南部)に
進駐したことに対抗して、アメリカが在米日本資産を凍結。
日米関係はいよいよ雲行きがあやしくなってきました。

UAP通信の特派員として
かつて中国大陸を取材した体験から考えるに、
両国間の関係悪化を防ぐ最良の方法は、やはり
日本が満州含む中国大陸および仏印から
全面的に撤兵することだと考えています。

名目はどうであれ、
他国の領土に兵を送り内政に干渉することは、
近代国家としてなすべきことではないと思います。

とにかく、日本とアメリカが
戦うなどという事態だけはなんとしても避けたい。
これは、僕のみならず、日系市民全員の切なる願いです──。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(15)開戦前夜"

| | コメント (0)

2018年2月25日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(08)不吉な嫁 〜黒船来る・友は激怒で嫁逃げる〜

伊集院家から須賀という嫁をもらった西郷吉之助は
それから半年も経たないうちに、父と母を相次いで亡くしました。
悲しい一年が終わり、西郷家は新しい年を迎えました。

とはいえ、西郷家の周囲では
須賀のことを“不吉な嫁”呼ばわりしているようで、
どうせこの家でも自分はそう思われているのだろう、と
須賀は少しひがみっぽくなってしまっています。

そんなことはない、と吉之助は須賀を諭します。
「よか年になりますように!」
須賀は吉之助を見つめます。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(08)不吉な嫁 〜黒船来る・友は激怒で嫁逃げる〜"

| | コメント (0)

2018年2月23日 (金)

プレイバック山河燃ゆ・(14)さらば日本よ

天羽賢治は、刺殺された太田良雄の妻を訪ねて
彼女がもぎりとして働く映画館に赴きますが、
妻は辞めてしまったのだそうです。

彼女が住んでいたアパートも、引っ越した後らしく
あまりに突然のことで、彼女の行方を知る者はおりません。

賢治はその足で、ビリヤード屋日の出にも向かいますが
うちには荒木なんて名前の客は来ない、と
女性スタッフはしらをきるばかりで話になりません。

賢治は、事件の関係者に会っているはずなのに
犯人の手がかりが1つずつ消されていくことに
焦りを覚えますが、
今はただ、証拠集めに奔走するしかなさそうです。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(14)さらば日本よ"

| | コメント (0)

2018年2月22日 (木)

vol.239・祭りのあと

vol.239・祭りのあと
(パーソナリティ:Kassy)

第239回放送です。

「待ち合わせ」いかがだったでしょうか。
方々から感想をいただきありがとうございました!
というわけで今回は久々のフリートークです。


今回のListening Pointは……
インフルエンザ


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年2月21日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(220)

終点停留所の旅“たそがれ”第187弾です。

今回はF岡県F岡市の
RークヒルズN多目バス停をご紹介します。


Qi0645

RークヒルズN多目は、街並がS字に蛇行しているので、

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(220)"

| | コメント (0)

2018年2月20日 (火)

プレイバック山河燃ゆ・(13)それぞれの青春

昭和13(1938)年4月1日。
支那事変がいよいよ本格的な戦争に突入し
政府は、挙国一致体制でこれに望むため
国家総動員法を公布します。

そんな日の朝、UAP通信のジェームス・トムソン東京支局長が
何者かに刺殺されるという事件が発生。
天羽賢治とマリー田宮は、
遺体が安置されている警察署に本人確認に向かいます。

今日の深夜1時半ごろ、帝国ホテルの裏路地で
血まみれになって倒れていたところを
巡回中の巡査が発見、病院に搬送するも
出血多量で3時間後に亡くなったのだそうです。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(13)それぞれの青春"

| | コメント (0)

2018年2月18日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(07)背中の母 〜無愛想な嫁 母の願い〜

嘉永5(1852)年・夏、長いこと労咳をわずらっていた
祖父・西郷龍右衛門が亡くなりました。

龍右衛門が心残りだったのは、西郷吉之助の嫁の顔を見られずに
逝ってしまうことだと、生前言っていたそうです。
父・吉兵衛は、一度断った縁談の相手である
伊集院直五郎の娘との話をダメ元で進めてみることにします。


一方 大久保正助は、未だに謹慎中の身でありながら
郷中の二才(にせ)たちに学問を教え、
来たるべき赦免の日を待ちわびていました。

その学問の最中、帰って来た吉兵衛の
デカイ声が学問所に響き渡ります。
「嫁取りの話じゃが、あっちはわっぜ気に入ってたど!」

まだ早か、と吉之助はやんわり断りを入れますが、
吉之助が嫁を取らなければ、次の琴が嫁に行けず
このままでは行きそびれてしまいかねません。
吉兵衛はそこを心配しているのです。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(07)背中の母 〜無愛想な嫁 母の願い〜"

| | コメント (0)

2018年2月16日 (金)

プレイバック山河燃ゆ・(12)大陸からの手紙

昭和12(1937)年12月10日、
南京城を占領し、南京は陥落します。

日本では、南京が陥落したことに対して
大喜びでデモ行進するなど、
戦争への盛り上がりは最高潮に達していました。

UAP通信社の窓から表通りのデモ行進を眺めながら
天羽賢治は、上海に行っていた時の通訳だった
楊 栄麗の安否を気にしています。

マリー田宮は、日本の兵隊さんは礼儀正しいから
大丈夫よ、と胸を張って答えていますが、
兵隊が礼儀正しいのは平和な時だけだ、と賢治。
「どんな人間でも戦場に出れば、奪い、犯し、殺す」

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(12)大陸からの手紙"

| | コメント (0)

2018年2月14日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(219)

終点停留所の旅“たそがれ”第186弾です。

今回はF岡県I島市の
F翔高校バス停をご紹介します。


Qi0618

F翔高校。

ボクらが住んでいた地域からこの高校にも行けましたが、
高校生のときは、まだ「F岡商業高校」と旧名を名乗っていました。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(219)"

| | コメント (0)

2018年2月13日 (火)

プレイバック山河燃ゆ・(11)いまひとたびの

昭和12(1937)年8月。
天羽 忠は、日本語辞書を片手に父・乙七に手紙を書いています。

内容は、帝国政府から発表された声明です。
支那軍と南京政府に反省を促すため断固たる措置を取るもので
民間人が殺害された(と報じられた)日本国内では
非常に沸き立ち、帝国の志気は上がっている、と──。

そんな時、天羽賢治が東京へ帰ってきます。
午後2時45分に長崎を出た特急富士で、
東京には翌日の3時25分に到着の予定です。

6番ホームに到着した列車にかけよる忠は賢治を見つけ
三島典子の姿を探しますが、どこにもいません。
賢治も、典子の名前を聞いても
何のことやら全く理解していない様子です。

大まかなあらすじを聞いた賢治は、居ても立ってもいられず
今着いたばかりだというのに、再び上海に戻って
典子を迎えに行って来ると言い出します。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(11)いまひとたびの"

| | コメント (0)

2018年2月12日 (月)

逆転の発想

押してダメなら引いてみな。
いわゆる逆転の発想。

夜行高速バスで、
リクライニングシートをどこまで倒していいのか
という問題ですが、

そうか、そういうことなのか。
と思える答えが、
「初めから座席を倒しておく」。

こりゃいいw

| | コメント (0)

2018年2月11日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(06)謎の漂流者 〜好きと思う心〜

島津斉彬が興行した相撲大会で見事に優勝した西郷吉之助。
そこでご褒美が下されるかと思いきや、現れたのはまさかのラスボス。
斉彬本人です。

周囲の者たちがハラハラと見守る中、
遠慮は要らん、という言葉を鵜呑みにして
斉彬を投げ飛ばしてしまった吉之助は顔面蒼白。
そのまま牢に投げ込まれてしまいます。

弟の西郷吉二郎が慌てて家族に知らせ、
吉之助のことを好いている糸は、一目散に駆け出して行きます。


一方、牢に入れられた吉之助は、
同じ牢にひげ面の男が座しているのを発見します。

多少怖じ気づきながらも自己紹介すると
男は、聞いたことのない歌を口ずさみます。
Mid pleasures and palaces
though we may roam...

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(06)謎の漂流者 〜好きと思う心〜"

| | コメント (0)

2018年2月10日 (土)

プレイバック山河燃ゆ・(10)戦都

百蘭たち三門一門が、愛国演芸慰問団として
上海へ渡って行きます。

百蘭のもとで働いている三島典子は、天羽賢治会いたさに
上海行きをせがんで、一緒に渡ることになりました。
そのことを天羽 忠は、手紙で兄に伝えることにします。


上海・UAP通信社の試写室では、川辺庄平が撮影した
事件の映像をクレーバー支局長にも見せますが、
その中に、久永陸軍大尉がいることを賢治が主張しても
「見間違えじゃないのか」と相手にしてもらえません。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(10)戦都"

| | コメント (0)

2018年2月 9日 (金)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

水谷青葉さん


今日、2月9日は
おともだちの水谷青葉さんの誕生日♪


てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

心が愉しむことは、
どんな美容師にもまさる効果があります。


(マザー・テレサの言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

| | コメント (0)

2018年2月 8日 (木)

vol.238・待ち合わせ (後編)

vol.238・待ち合わせ (後編)
(パーソナリティ:Kassy)

第238回放送です。

5人が気持ちを揃えて集まるゲーム、主催者でありながら
収録不能という放送事故も未だにそれに気づかないKassy。
企画をナシにするか、8,000円超の出費をするか。究極の選択です。


今回のListening Pointは……
してんじゃねえよ


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年2月 7日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(218)

終点停留所の旅“たそがれ”第185弾です。

今回はF岡県F岡市の
K州Gんセンターバス停をご紹介します。


Qi0607Qi0608

ここへの取材は2017年9月6日に行っているのですが
この時点ではビニール袋をかけられていました。
将来のバス停?w

黒ビニール袋をかけられているバス停を見かけると
何だかワクワクする気分に浸れるのはどうしてでしょう??
幼い頃の経験からかな。。。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(218)"

| | コメント (0)

2018年2月 6日 (火)

プレイバック山河燃ゆ・(09)上海に一滴の涙を

天羽賢治は、UAP通信社の特派員として
天津に到着しました。

盧溝橋事件以来、戦火が広がりつつある現状で
今日も、空軍が天津上空から爆撃を加え
支那軍を封鎖したという号外が配られたところです。
まさに空軍の向かうところ敵なし、であります。

賢治は、数日のうちに天津から
上海の支局に向かうことになっています。

上海支局に到着した賢治。
出迎えてくれたのは、賢治の通訳として雇われた
楊 栄麗という若い女性でした。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(09)上海に一滴の涙を"

| | コメント (0)

2018年2月 5日 (月)

いいのだ。

Rb0501

偏っててもいい。
誰に何と言われてもいい。
とにかく今夜は身体の中から暖まりたいのだ。

#ただいま帰宅途中

| | コメント (0)

2018年2月 4日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(05)相撲じゃ! 相撲じゃ! 〜波乱の御前相撲〜

嘉永4(1851)年5月8日、島津斉彬がついに
薩摩藩主としてお国入りを果たします。
斉彬が藩主になったことで、何もかもが一新されると
大きな期待に満ちあふれていました。

お国入りして間もなく、斉彬藩主就任のお祝いに
御前相撲が開かれることになりました。
優勝者は米10俵!

俄然、ヤル気の出る西郷吉之助です。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(05)相撲じゃ! 相撲じゃ! 〜波乱の御前相撲〜"

| | コメント (0)

2018年2月 3日 (土)

ようやく完結

Kassy号『ヤッテキ!!』の企画
「スマホなしで待ち合わせ」ですが、
ようやく編集作業が完了し、完結致しました。

11月12日に収録し、11月末から編集作業に入り
休みという休みはこの編集作業に没頭し
(おかげでかなりストックがあった大河ドラマネタも
 アッという間になくなって、追われるありさま)

2ヶ月強、がんばったなぁー。自分(笑)。

もういい。もうたくさんだ。
そう思う自分と、
また次も!! 次こそ!!
そう思う自分が共存しています。

これは、恐らくは映画監督とか番組ディレクターが
何度も通る道なのかもしれません。
やり終えた直後は、へとへとに疲れてしまっているのに
いざゴールが見えて来ると、また旅に出たくなる。

大丈夫です。またやります(笑)。

| | コメント (0)

2018年2月 2日 (金)

プレイバック山河燃ゆ・(08)大陸へ

昭和11(1936)年8月。

喫茶店『リラ』のラジオから、NHK・河西三省アナウンサーによる
「前畑ガンバレ、前畑ガンバレ……」と連呼する実況が流れてきます。
第11回ベルリンオリンピック・競泳女子200m平泳ぎの実況です。

そしてマスターの白浜をはじめ、
張 美齢、楠田 武たちはラジオにかじりつき
前畑秀子選手が優勝、金メダルを決めると
みなが立ち上がり、大喜びです。

「明日から3日間、コーヒー半額!」
興奮冷めやらぬ中、マスターは勢いで言ってしまいます。

しかし、ひとりしょんぼりしている川辺庄平。

美齢のお金の工面で撮影所のカメラを質に入れた後
すぐにお金を入れてカメラを返してもらえましたが、
撮影所からカメラを勝手に持ち出したことがバレてしまい
撮影助手をクビになってしまったのだそうです。

天羽賢治は、弟・天羽 忠が持ち込んだカメラを庄平に貸し
カメラマンという仕事を諦めないように励まします。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(08)大陸へ"

| | コメント (0)

2018年2月 1日 (木)

閑散期

……のはずです。本来は。

ただ、スタッフの数が
年を経るごとに確実に減っていっているのは
紛れもない事実。

減る一方で、一人も増えないっていう、ね。

もうね、不安でしかありません。
閑散期を抜けて繁忙期に突入した将来に対して。
この人数の船で、繁忙という氷河に突入するときの
恐ろしさっていったら……(-_-;;)

| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »