2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« はぴはぴ | トップページ | プレイバック山河燃ゆ・(19)日本刀を埋めた日 »

2018年3月11日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(10)篤姫はどこへ 〜二人だけの秘め事〜

江戸に来た西郷吉之助は、島津斉彬の手足となって働く
「お庭方」のお役目を拝命。
さっそく、斉彬の書状を持って小石川の水戸藩邸を訪れ
前藩主の徳川斉昭と対面、書状を手渡します。

斉昭は斉彬からの書状を破り捨て、
品川宿でひょんなことからご一緒した一橋慶喜とも対面でき
斉彬としては、守備よく、といいますか
吉之助の人物も見込み通り、いやそれ以上と満足げです。   


薩摩から江戸に入っていた篤姫の元に
実家・今和泉島津家から書状が届きます。

実父の島津忠剛が亡くなったという訃報でした。


吉之助は、ヒー様の正体を確かめに
さっそく品川宿・磯田屋へやってきました。

大山格之助や有村俊斎は、お目当ての飯盛娘がおりまして
吉之助のことなんかすっかりほったらかしにして
2階の座敷に上がっていってしまいます。

ヒー様の座敷に案内してもらった吉之助は
慶喜とヒー様が同一人物に思えてならないのですが
ヒー様は、自分が慶喜であることをあっさりと認めます。

しかし、吉之助が自分を調べている事情は
慶喜にははっきりと分かっているのです。
おおかた、斉彬が慶喜について
調べよと指示したに違いありません。

「俺は将軍になどならぬ!」
いろいろ動かれて迷惑している、と斉彬に伝えさせます。

直後、格之助ひいきのおタマが
息づかい荒く意識も遠のいて倒れてしまいます。

たまたまそこに居合わせた越前出身の男が
短刀で腕に切り傷を入れると、
軽く出血するとともにおタマの呼吸も次第に整い
眠るように落ち着きを見せます。

このような無粋なところで、と名乗りはしませんでしたが
慶喜も吉之助も、この男のことが強烈に記憶に残ります。


「篤がおらぬようになった」
昨日の慶喜の件で斉彬に報告していたところ、
山田為久からの報告で
篤姫がいなくなったことが判明したのです。

吉之助は斉彬からの密命で、
騒ぎが大きくなる前に篤姫を見つけ出して
連れ戻すように言われます。

江戸市中を探し回る吉之助。
確か篤姫が身にまとっていた高貴な着物を
見かけて追いかけますが、人違い……。

しかしその女曰く、
どうやら篤姫と着物の交換をしたようなのです。
捜索は振り出しに戻ります。


江戸の海に、篤姫はおりました。
海の側で生まれ育った篤姫は、
無性に海が恋しくなって浜辺にまで出てきたようなのです。

実父を亡くしたばかりの篤姫は
今の父が養父・島津斉彬であることは分かっているのですが
いま一度だけでも一目会いたかった、と号泣します。
「父上……父上……」

しかし次の瞬間、涙を流している吉之助を見て
西郷しっかいせい! と声をかけますが、
それは西郷を通して自分に対してのエールでもあります。
今日の出来事は、ふたりだけの秘密です。

屋敷に戻った篤姫を、斉彬は何も言わず不問に付しますが
改めて篤姫に輿入れを命じます。
「輿入れ先は徳川家定公。まごうことなき公方さまじゃ」

その指南役として京の近衛家から幾島が招かれます。
幾島は、まずは薩摩言葉から叩き直さないと、と感じています。
そして斉彬は西郷に、新たに篤姫付用人のお役目を命じます。

篤姫への厳しい厳しい教育が始まります。


宿舎に戻ると、品川宿で出会った医者が待っていました。

越前福井藩藩医・橋本左内と名乗る男は
藩主の松平慶永からの書状を斉彬に渡して欲しいということで
吉之助の前に現れたようです。
内容は、斉彬が進めている一橋慶喜の将軍就任です。

一橋慶喜に将軍になるように話を進めておきながら
一方では篤姫に将軍家定への輿入れをさせるという話に
吉之助は全く理解できませんが、
甘いマスクの左内が、ゆっくりと状況を教えてくれます。

簡単に言えば、篤姫が病弱な家定に嫁ぎ、仮に子を成したとしても
その幼子ではこの日本の難局を乗り切ることはできそうになく、
そこで慶喜を将軍にして政治を行おうという考えなのです。

それだけでは納得できない吉之助は
慶永からの書状を斉彬に手渡すと
思い切って斉彬に尋ねてみますが、
およそ左内が言ったことと同じことを教えてくれますが、

耳を疑いたくなる斉彬の一言が、吉之助の胸に刺さります。
「お篤は……不幸になる」


安政元(1854)年3月27日、
篤姫の実父、今和泉島津家当主の島津忠剛が死去。
享年49。

明治10(1877)年9月24日、
西南戦争で西郷隆盛が討ち死にするまで


あと23年6ヶ月──。

(大河ドラマ『翔ぶが如く』では第6回「庭方役拝命」付近)
(大河ドラマ『篤姫』では第13回「江戸の母君」〜第14回「父の願い」付近)


原作:林 真理子
脚本:中園 ミホ
脚本協力:三谷 昌登・小林 ミカ
音楽:富貴 晴美
タイトル映像・題字:L.S.W.F
語り:西田 敏行
──────────
[出演]
鈴木 亮平 (西郷吉之助)
風間 俊介 (橋本左内)
桜庭 ななみ (西郷 琴)
北村 有起哉 (大山格之助)
高橋 光臣 (有村俊斎)
渡部 豪太 (西郷吉二郎)

塚地 武雅 (熊吉)
水野 久美 (西郷きみ)
──────────
北川 景子 (篤姫)
松田 翔太 (一橋慶喜)
高梨 臨 (ふき(およし))
又吉 直樹 (徳川家定)
徳井 優 (山田為久)
戸田 菜穂 (喜久)
──────────
南野 陽子 (幾島)
渡辺 謙 (島津斉彬)
──────────
制作統括:櫻井 賢
    :櫻井 壮一
プロデューサー:藤原 敬久
演出:盆子原 誠


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『西郷どん』
第11回「斉彬暗殺」

デジタル総合:午後8時〜
BSプレミアム:午後6時〜

« はぴはぴ | トップページ | プレイバック山河燃ゆ・(19)日本刀を埋めた日 »

NHK大河2018・西郷どん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はぴはぴ | トップページ | プレイバック山河燃ゆ・(19)日本刀を埋めた日 »