2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック山河燃ゆ・(21)マンザナール収容所 | トップページ | vol.241・待ち合わせの限界 (後編) »

2018年3月21日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(224)

終点停留所の旅“たそがれ”第191弾です。

今回はF岡県N珂川町の
KットンヒルズN珂川ハイツ南バス停をご紹介します。


Qi0696

現時点での終点停留所。


Qi0694Qi0695

「KットンヒルズN珂川ハイツ南」の降車専用。

かつてはここから、
先日ご紹介の「上K原」へ路線がありましたが、
廃止されて路線短縮しております。

行先欄に白テープを貼って目隠ししているのがお分かりでしょうか。

以前の手書き筆文字タイプとは違い、銘板に直接プリントされているので
よくよく見たら文字の部分に厚みが増されるわけですが、
いろいろ工夫して撮ってみたものの、まるで分かりませんなぁ。
コントラストやらいろいろいじってみたんですけど(^ ^;;)

バス停鑑定士”soramameさん“の言葉をお借りすれば
そこが最初から『狭義の』終点の場合、バス停銘板の行先欄は
空欄か、赤文字で“降車場”の文字が入る場合が多いですが、

こうして路線短縮で、図らずもそこが『狭義の』終点となってしまった場合、
それまでの行先がなくなって終点となってしまったので
白テープなどこうした修正が必要になるわけです。

その2種類の銘板を比べた場合、Kassyとしては圧倒的に
空欄or“降車場”といった、前者のタイプが大好きです。
──って何の話ですねん(笑)。


Qi0689

もう少し坂道を下ったところには、


Qi0690

「KットンヒルズN珂川ハイツ南」のバス停。

これまたsoramameさんの言葉をお借りすれば、
先ほどご紹介の降車バス停が“おりばー”くんならば
こちらは“のりばー”くん。


Qi0691

ダイヤ改正前後に見ることができる、ある意味、風物詩。
ごくまれに、気まぐれで再配布されることもありますが。


Qi0692

路線図。

青線と赤線が描かれていますが、こういうふうに系統(行先番号)別に
それぞれ独立した線として描いた方が分かりやすいのか、
バス停ベースに描いた方が分かりやすいのか、いつも考えます。

青線と赤線とで共通の停留所があるんですけど
そういうのは一つひとつを比べていかないと分かりませんよね。
しかし停留所からその路線だけが停車するのであれば、
確かに分かりやすい方法でもあります。

Kassyとしては絶対に後者だと思っています。
しかしそれはそれで
図が複雑になってしまいかねないリスクがあります。


Qi0693

ここがかつて、狭義の終点停留所“でなかった”時代の名残り。


Qi0688

バス転回場はさらに南下。


Qi0686Qi0687

ごくごく一般的な転回場。
アスファルトを敷かれているだけでも“御”でしょうかね(笑)。

« プレイバック山河燃ゆ・(21)マンザナール収容所 | トップページ | vol.241・待ち合わせの限界 (後編) »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック山河燃ゆ・(21)マンザナール収容所 | トップページ | vol.241・待ち合わせの限界 (後編) »