« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月30日 (金)

プレイバック山河燃ゆ・(24)祖国アメリカ

1942(昭和17)年 冬・
カリフォルニア州マンザナール。

日米開戦後、1年が経過していました。
アメリカ西海岸に住む11万人の日系人は
大統領命令による軍の措置で立ち退きを命じられ
現在はマンザナール収容所で暮らしています。

その収容所で、充分に配給されているはずの砂糖と肉が
なぜか住民の口に入っていないらしく、
どこかの時点で横流しされている可能性があります。

どうやら食糧部長が不正を働いているらしい、と
情報を掴み、収容所の住民はその証拠集めを始めます。

天羽賢治も日系人の味方をして明らかにしようとしますが、
チャーリー田宮は、ためにならないと反対の立場です。
ただ、インフォメーションセクションとしては反対とみられて
その一員の賢治は住民たちの反感を買ってしまいます。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(24)祖国アメリカ"

| | コメント (0)

2018年3月28日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(225)

終点停留所の旅“たそがれ”第192弾です。

今回はF岡県N珂川町の
埋金公民館バス停をご紹介します。


Qi0697Qi0703

埋金区公民館。

国道沿いにある小学校から
この公民館にかけて、細い道を進んだところにあります。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(225)"

| | コメント (1)

2018年3月27日 (火)

プレイバック山河燃ゆ・(23)虹の彼方に

1942(昭和17)年8月31日、鹿児島西部第18部隊──。

ゆるやかにラッパの音が鳴り響くと、
各部屋の照明が落とされ、消灯されます。

今夜、伊佐新吉は見張りの番らしく
風で開いた扉にビクつき、それがなにごともないことが分かると
欠伸をしながら定位置に戻るのですが、
そこに立っていたのは鬼頭軍曹でして。

「眠いのなら目を覚まさせてやる」
そう言って往復ビンタです。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(23)虹の彼方に"

| | コメント (0)

2018年3月25日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(12)運の強き姫君 〜私を連れて逃げて〜

重病も峠を越し、一命を取り留めた島津斉彬は
安政2年、お由羅騒動で処罰された人々に対する
特赦令を出します。

そして大久保正助の父・大久保次右衛門も
ようやく鹿児島に戻ってきました。

将軍家へのお輿入れが決まらぬまま、
篤姫が江戸にやって来て2年の月日が
いたずらに過ぎようとしていました。

老女幾島も、焦りの色が見え隠れし
斉彬に催促もしているのですが、
横やりが入ってうまく事が運びません。

横やりを入れているのは彦根藩主の井伊直弼であることは
幾島にはよく分かっています。
幾島は、将軍徳川家定の子を誰よりも願っているはずの
母上・本寿院に近づいてみるのも手、と斉彬にアドバイスします。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(12)運の強き姫君 〜私を連れて逃げて〜"

| | コメント (0)

2018年3月23日 (金)

プレイバック山河燃ゆ・(22)荒野のパーティー

1942(昭和17)年・夏、マンザナール収容所。

常時監視下に置かれ、軟禁状態の日系人たち。

日系人たちは、アメリカに裏切られたという
ショックから立ち直りつつありましたが、
多くは無気力無感動になり、刹那的行動に出るものも。
特に10代20代から出ている現状は憂慮すべきことです。

収容所内でも警察の仕事を担う警備担当もいるのですが
なにせ本物の警察ではないためあまり力は発揮できず、
最終的には自分のことは自分で守るしか方法はないようです。

ラジオを組立てて番組を楽しみたいために
部品を盗んで来い、と言われ使いっ走りに使われた天羽 勇は
途中で警備に見つかってしまい、何も盗れずに戻ってきました。
さんざんにバカにされる勇。

夜遅くに帰宅して、父・天羽乙七に説教を食らいますが
父は父で収容所に入ってから何もしていません。
父さんこそ毎日何をしてるって言うの、と言われて
何も言い返せないのが厳しいところです。

その直後にインフォメーション・セクションから帰宅した
天羽賢治にも、クリーニング屋で働くことを提案されますが、
人のことより自分のことを考えろ、と言って寝てしまいます。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(22)荒野のパーティー"

| | コメント (0)

2018年3月22日 (木)

vol.241・待ち合わせの限界 (後編)

vol.241・待ち合わせの限界 (後編)
(パーソナリティ:Kassy)

第241回放送です。

待たされるのは、場所によってはとても苦痛なもの。
というわけで待たなくてもいい工夫を紹介しています。
※当方のアップロード障害のため、公開が
遅くなりましたことをおわび申し上げます。

今回のListening Pointは……
ハヤワザ


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年3月21日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(224)

終点停留所の旅“たそがれ”第191弾です。

今回はF岡県N珂川町の
KットンヒルズN珂川ハイツ南バス停をご紹介します。


Qi0696

現時点での終点停留所。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(224)"

| | コメント (0)

2018年3月20日 (火)

プレイバック山河燃ゆ・(21)マンザナール収容所

1942(昭和17)年夏
ロサンゼルス ユニオン・ステーション──。

サンタアニタからマンザナールに移送される日系人たち。

病気で気を失って倒れた女性に手を貸す天羽賢治。
今すぐ手当てが必要だ、と兵士に訴える賢治ですが
そんな勝手はできない、病院ならマンザナールにもあると
突っぱねられます。

そこに現れたのは、かつての上司である
AUP通信のクレーマーでした。
クレーマーは女性を病院に診せた方が良いと兵士に言い
兵士も、AUP通信に睨まれるのが恐いのか、従います。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(21)マンザナール収容所"

| | コメント (0)

2018年3月18日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(11)斉彬暗殺 〜西郷! 時はない〜

島津斉彬は篤姫に、嫁ぎ先が将軍家であることを言い渡し
将軍御台所としての厳しい教育を受けさせていました。
そうして斉彬は、篤姫を御台所にするために
徳川13代将軍・家定との対面を果たしたのです。

脇には老中・阿部正弘が控え、家定との対面をフォロー。
家定が聞いているのかいないのかは分かりませんが、
篤姫との婚儀を進めていくことになりました。

しかし、彦根藩主の井伊直弼は、
斉彬が姫を御台所に押し上げようとしている話を知っていて
家定がそれを望むはずがない、と釘を刺しています。

将軍継嗣問題は、
直弼が、血筋として最も正統な紀州藩主の徳川慶福を推挙し、
幕政を根本から改革しようとする斉彬は、篤姫を家定の御台所とし
英邁の誉れ高い一橋慶喜を推挙していたのです。

この「南紀派」と「一橋派」が、そもそもの斉彬と直弼の対立の発端です。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(11)斉彬暗殺 〜西郷! 時はない〜"

| | コメント (0)

2018年3月16日 (金)

プレイバック山河燃ゆ・(20)大統領令9066

1942(昭和17)年2月 リトル・トーキョー。

「いいですか、重大なニュースを送ります」
加州新報で勤務中の井本梛子は
同僚のジョニー石橋からの電話を受けます。

ルーズベルト大統領が、大統領令第9066号に署名したのです。
このことはつまり、太平洋の西部沿岸を軍事貿易区域に指定し
日系人全てを追放する権限を
陸軍上官が大統領から与えられたというわけです。

日系人とは、1世・2世にとどまらず
日本人の血がまじっている混血も含むということで
日系人を排除するのは憲法違反だと大統領は渋っていたのに
大きな変わりようです。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(20)大統領令9066"

| | コメント (0)

2018年3月15日 (木)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

たっくんさん


今日、3月15日は
“ヘビーコメンテーター”のたっくんさんの誕生日♪

てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

間違いをせずに生きるものは、
それほど賢くない。


(フランスのことわざより)

──────────

おめでとうございまーす。

| | コメント (0)

2018年3月14日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(223)

終点停留所の旅“たそがれ”第190弾です。

今回はF岡県N珂川町の
上K原バス停をご紹介します。


Qi0684

時代は変わり、新幹線がそばを“飛んで”いくさまを
誰が考えたでしょうか。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(223)"

| | コメント (0)

2018年3月13日 (火)

プレイバック山河燃ゆ・(19)日本刀を埋めた日

1941(昭和16)年12月・
アメリカ リトル・トーキョー。

外出は控えるように、などとアメリカ在住の日本人向けに
注意喚起しているラジオを聞きながら、
天羽乙七は日本刀を光にかざしてまじまじと眺めています。

日本刀を眺めていると、だんだんと心が落ち着いて来る。
そんな心の拠り所でもある日本刀を乙七は庭に埋めてしまいます。
故郷・鹿児島の天羽しまにもらった家宝を
アメリカに取り上げられてしまっては顔向けできないからです。

妻の天羽テルは、日本が本当にアメリカと
戦争を始めたのかと未だに信じられません。
自分は敵国人扱いされても仕方ありませんが、
長男の天羽賢治がFBIに逮捕されたことが理解できません。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(19)日本刀を埋めた日"

| | コメント (0)

2018年3月11日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(10)篤姫はどこへ 〜二人だけの秘め事〜

江戸に来た西郷吉之助は、島津斉彬の手足となって働く
「お庭方」のお役目を拝命。
さっそく、斉彬の書状を持って小石川の水戸藩邸を訪れ
前藩主の徳川斉昭と対面、書状を手渡します。

斉昭は斉彬からの書状を破り捨て、
品川宿でひょんなことからご一緒した一橋慶喜とも対面でき
斉彬としては、守備よく、といいますか
吉之助の人物も見込み通り、いやそれ以上と満足げです。   


薩摩から江戸に入っていた篤姫の元に
実家・今和泉島津家から書状が届きます。

実父の島津忠剛が亡くなったという訃報でした。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(10)篤姫はどこへ 〜二人だけの秘め事〜"

| | コメント (0)

2018年3月10日 (土)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

うっちゃんさん


今日、3月10日は
“ヘビーコメンテーター”のうっちゃんさんの誕生日♪


てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。
その道はどこに行き着くのか、と問うてはならない。
ひたすら進め。


(ドイツの哲学者・ニーチェの言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

| | コメント (0)

2018年3月 9日 (金)

プレイバック山河燃ゆ・(18)戦下の隣人たち

1941(昭和16)年
(アメリカ時間)12月9日・(日本時間)12月10日
日米開戦から2日目。

天羽賢治は、印刷所の人や同僚たちに反対されつつも
アメリカの民主主義を信じて、
「加州楼」経営者夫人・大野なみの自殺事件について
詳細と捜査当局への疑問を公にします。

大野なみの葬儀がしめやかに執り行われますが、
これについてもFBI捜査官がズカズカと乗り込み
秩序を保つためにすぐの出棺を求めます。
みな捜査官を冷たい目で見ますが、これ以上は逆らえません。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(18)戦下の隣人たち"

| | コメント (0)

2018年3月 8日 (木)

vol.240・待ち合わせの限界 (前編)

vol.240・待ち合わせの限界 (前編)
(パーソナリティ:Kassy)

第240回放送です。

みなさん、待つ我慢の限界はどれぐらい?
実はそれは、シチュエーションによって
限界時間が変わることが分かりました。

今回のListening Pointは……
遮断機


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年3月 7日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(222)

終点停留所の旅“たそがれ”第189弾です。

今回はF岡県F岡市の
W久団地バス停をご紹介します。


Qi0659Qi0657

W久特別支援学校。

地下鉄の「W久」ゆきも見えますw
ただし、実際には走っていないですけどね!

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(222)"

| | コメント (0)

2018年3月 6日 (火)

プレイバック山河燃ゆ・(17)パールハーバー

カクテ日米国交ヲ調整シ合衆国政府ト相携(あいたずさ)エテ
太平洋ノ平和ヲ維持確立セントスル
帝国政府ノ希望ハツイニ失ワレタリ

モッテ帝国政府ハココニ合衆国政府ノ態度ニ鑑ミ
今後交渉ヲ継続スルモ妥協ニ達スルを得ズト認ムルノ外ナキ旨ヲ
合衆国政府ニ通告スルヲ遺憾トスルモノナリ──

極東国際軍事裁判所。
通詞の天羽賢治は、マイクに向かって発します。
「1941年、昭和16年12月8日、
 日本はアメリカ合衆国に対して奇襲攻撃を行いたり」

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(17)パールハーバー"

| | コメント (0)

2018年3月 4日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(09)江戸のヒー様 〜お庭方拝命〜

「行ってくっでーっ!!」
安政元(1854)年1月、薩摩を出発した西郷吉之助は
島津斉彬出府のおともで、初めての江戸へ。
憧れの斉彬のそばで働けるだけで、夢見心地な吉之助です。

薩摩を出発して45日、
通常よりも6日も早く一行は江戸へ到着。

江戸・芝にある薩摩藩上屋敷には
藩主斉彬とその家族を筆頭に
1,000人以上の藩士が住み込んで働いています。

吉之助は「38番」という番号で屋敷に入り
有村俊斎と同室となります。
ちなみに大山格之助は階下です。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(09)江戸のヒー様 〜お庭方拝命〜"

| | コメント (0)

2018年3月 3日 (土)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

やまさん


今日、3月3日は
“ヘビーコメンテーター”のやまさんの誕生日♪


てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

人生は一冊の書物に似ている。
馬鹿者たちはそれをパラパラとめくっているが、
賢い人間はそれを念入りに読む。
なぜなら、彼はただ一度しか
それを読むことができないのを知っているからだ。


(ドイツの小説家・ジャン=パウルの言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

| | コメント (0)

2018年3月 2日 (金)

プレイバック山河燃ゆ・(16)1941年12月8日

昭和16(1941)年11月29日、
第74回大本営政府連絡会議──。

先日出されたハル・ノートの内容は
到底受諾しうるものだという民意には同感しつつも
最後の最後まで外交を継続したいという気持ちが
東郷茂徳にはあります。

参謀本部としては、外交をしたいというのは構わないが
あくまでも戦争に勝てるような外交を
してもらいたいというのが正直なところです。

東郷は、開戦日を知らせて欲しいと食い下がります。
開戦日も知らずに、戦争に勝てる外交は無理だからです。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(16)1941年12月8日"

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »