2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« はぴはぴ | トップページ | プレイバック山河燃ゆ・(27)さらば収容所 »

2018年4月 8日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(13)変わらない友 〜〜

安政の大地震によって、島津斉彬が篤姫のために用意した
たんすに鏡台、くし、こうがい、屏風、金刺繍の打ち掛けにいたるまで
何もかもやられてしまい、将軍家お輿入れは
しばらく延期ということになりました。

斉彬は、婚礼時期を引き延ばし続けるのもよくないと
西郷吉之助に、篤姫の婚礼道具を一年で揃えよと命じます。

吉之助は約束通りに一年ですべての道具を揃え直し
安政3(1856)年11月11日に
篤姫は将軍御台所となるべく
江戸城に出立する日を迎えることができました。


篤姫が乗った輿は、そのまま江戸城大奥へ運ばれ
ついに将軍徳川家定との対面を迎えるわけですが、
ふたりにとっては、劇的なというかなんと言うか……。
とてもおもしろいものになりました。

ひと仕事終えた斉彬と吉之助は、祝杯をあげます。


吉之助や大山格之助らを伴って、斉彬は薩摩に戻りますが
その道中、京の近衛忠煕の屋敷に立ち寄ります。
忠煕と斉彬は、かねてから親交のある間柄です。

斉彬、山田為久、そして吉之助は
そこで月照という僧と出会います。

挨拶もそこそこに、斉彬は月照に
しかるべき時が来たら天皇の詔が欲しい、と言い出します。
「一橋慶喜公を次の公方様にとの詔にござりまする」


薩摩の大久保家では、大久保正助に縁談話が舞い込みます。
常盤の早崎七郎左衛門の次女、満寿であります。

正助は、島津久光に近づくために
吉祥院の住職に囲碁を習っておりまして
その折に何度か顔を会わせていたようで、
正助にとっては願ってもないはなしであります。


5月、吉之助は3年4ヶ月ぶりに薩摩に戻ってきました。

祖母・西郷きみをはじめ、弟や妹たちも変わらず息災です。
ひとつ変わったことといえば、
妹の琴が市来家へ嫁に行ったことでしょうか。

その夜、幼なじみの男たちと呑み会が開かれます。

そして正助の祝言が開かれることになったのですが
今まさに始まろうとしたその時、吉之助に
登城せよ、との知らせが入ります。

幕府老中の阿部正弘の訃報が薩摩に届いていたのです。

阿部がいなくなったということは、
次期将軍に一橋慶喜を推挙する動きは
しばらく止めにしなければなりません。

斉彬は吉之助に、再び江戸に向かえと命じます。


正助の祝言は終わってしまいましたが、
正助は吉之助の帰りを待っていました。

吉之助は正助を、斉彬のお許しをもらって
熊本まで同行させることになったのですが
正助には、吉之助のその上から目線が気に食わないのです。
「吉之助さぁは変わってしもうた」

吉之助が江戸で金を湯水のように使っている間
弟の西郷吉二郎たち家族は、貧乏に負けないように
必死に歯を食いしばり、懸命に生きて来たわけです。

江戸に行くなら、自らの手で切り開いて行く。
だから余計なことをしないで欲しい、そう言いたいわけです。

「いつまでも変わらんままではいかんこともあっどが!」
今はこんな言い争いをしている場合ではなく
この日本を変える時だ、と吉之助は正助につかみかかります。

おいの前から消えてくいやい──。

正助のつぶやきが、吉之助をさらに意固地にしてしまいます。
ケンカ別れをしたまま、吉之助が江戸へ再び旅立ちます。

正助は、吉之助を見送りに行かないつもりでしたが
今追いかければ間に合います! と満寿が背中をポンと押します。
満寿が用意してくれた荷物をまとめて、家を飛び出していきます。

必死に追いかける正助。
江戸に向かうのなら背中が見えるはずですが
吉之助とは正面で顔を会わせます。

どこに行くのか、と尋ねた正助に、吉之助は──。
「忘れもんをした……おはんじゃ。大久保正助を忘れて来た!」

行っど!
行っど!

この時正助は、生まれて初めて薩摩を後にしました。


安政4(1857)年6月17日、
老中在任のまま、阿部正弘が病気で急死する。
享年39。

明治10(1877)年9月24日、
西南戦争で西郷隆盛が討ち死にするまで


あと20年3ヶ月──。

(大河ドラマ『翔ぶが如く』では第7回「篤姫お輿入れ」〜第8回「異変のきざし」付近)
(大河ドラマ『篤姫』では第18回「斉彬の密命」〜第23回「器くらべ」付近)


原作:林 真理子
脚本:中園 ミホ
脚本協力:三谷 昌登・小林 ミカ
音楽:富貴 晴美
タイトル映像・題字:L.S.W.F
語り:西田 敏行
──────────
[出演]
鈴木 亮平 (西郷吉之助)
瑛太 (大久保正助)
桜庭 ななみ (市来 琴)
北村 有起哉 (大山格之助)
高橋 光臣 (有村俊斎)
渡部 豪太 (西郷吉二郎)
堀井 新太 (村田新八)
徳井 優 (山田為久)

塚地 武雅 (熊吉)
水野 久美 (西郷きみ)
──────────
北川 景子 (篤姫)
高梨 臨 (ふき(およし))
又吉 直樹 (徳川家定)
藤 真利子 (大久保 福)
戸田 菜穂 (喜久)
国広 富之 (近衛忠煕)
美村 里江 (早崎満寿)
青木 崇高 (島津久光)
藤木 直人 (阿部正弘(回想))
──────────
平田 満 (大久保次右衛門)
南野 陽子 (幾島)
尾上 菊之助 (月照)
渡辺 謙 (島津斉彬)
──────────
制作統括:櫻井 賢
    :櫻井 壮一
プロデューサー:小西 千栄子
演出:野田 雄介


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『西郷どん』
第14回「慶喜の本気」

デジタル総合:午後8時〜
BSプレミアム:午後6時〜え

« はぴはぴ | トップページ | プレイバック山河燃ゆ・(27)さらば収容所 »

NHK大河2018・西郷どん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はぴはぴ | トップページ | プレイバック山河燃ゆ・(27)さらば収容所 »