« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月29日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(16)斉彬の遺言 〜師の志を継ぐ西郷に迫る大獄〜

薩摩から京に戻った西郷吉之助は
斉彬率いる薩摩兵3,000を迎える準備を
着々と進めていました。

それだけの大軍を京に入れたとあっては
幕府も大老・井伊直弼も黙ってはいないだろうと
準備して来た吉之助たちの表情は嬉々として明るくいました。

そこに、月照が沈痛な面持ちで現れます。
薩摩から近衛忠煕宛てに急ぎの書状が届いたとか。
それには、斉彬の訃報が──。

江戸詰めながら、親が急病と嘘を言って
薩摩に帰るふりをして京に入っていた有村俊斎は、
斉彬に毒を盛った下手人探しに躍起になりますが、
吉之助はむしろそんなことはどうでもよく、

薩摩からの出兵がダメであれば、
次は水戸から兵を出してもらおうと調整を始めます。
そして近衛に、水戸の出兵を認める詔を出してもらうように依頼します。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(16)斉彬の遺言 〜師の志を継ぐ西郷に迫る大獄〜"

| | コメント (0)

2018年4月28日 (土)

プレイバック山河燃ゆ・(32)二つの戦場

1944(昭和19)年12月・マニラ。

突然の魚雷攻撃で輸送船から脱出した天羽 忠と伊佐新吉は、
近くを通る船に助けられ、やっとの思いでマニラに入港します。
船から流出したのか、重油で顔も格好も真っ黒です。

聞けば、第2船団だけが無傷でマニラ入りでき
第1船団も、忠たちが乗った第3船団も
甚大な被害だったようです。


マッカーサー司令官念願の
フィリピンレイテ島、ミンドロ島の攻略は成功し
残るは山下将軍指揮下の27万の兵がいるルソン島となりました。

その入口に布陣しているのは、第23師団の旭兵団です。

ガダルカナルを手中にしたアメリカ軍は
マッカーサー元帥の指揮のもとフィリピン攻略作戦を開始。
1945(昭和20)年1月6日にはルソン島リンガエン湾に上陸します。
マニラを奪還するのは時間の問題です。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(32)二つの戦場"

| | コメント (0)

2018年4月27日 (金)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

Riverside houseさん


今日、4月27日は
“ヘビーコメンテーター”のRiverside houseさんの誕生日♪


てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

仕事では
感謝されることの喜びに重きを置かないほうがいい。
プロとしてベストを尽くし、見返りを求めない。


(太田光代さんの言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

| | コメント (0)

2018年4月25日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(229)

終点停留所の旅“たそがれ”第196弾です。

今回はF岡県F岡市の
I屋バス停をご紹介します。


I屋地区はF岡市S良区に属しておりますが、
I屋からS原方面へは隘路のためか、
バス車両が通行できないようで。

I屋地区の公共交通機関として
F岡市の補助金で運行されていた路線バスは
都心とは真逆のN珂川方面にいったん出て
N珂川・O橋方面へ向かうことになります。

というわけで、前回ご紹介のS賀橋から
I屋へルートを辿ってみましょう。

あ、言うまでもありませんが
S賀橋〜I屋も、N珂川〜S賀橋が廃止されたと同時に
運行を取りやめとなりましたので、現在はバスは走っておりません。

I倉タクシーによるタクシー輸送に切り替わっておりまして
タクシー車両を使用するので、バスが通れなかった
I屋からS原、W山小学校方面へ接続するようになっております。


Rd2105

S賀橋バス停から右折、
画像でいう右下に伸びる旧道をさらに進みます。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(229)"

| | コメント (0)

2018年4月24日 (火)

プレイバック山河燃ゆ・(31)太平洋戦線

1944(昭和19)年11月。
アメリカ軍が乗り、フィリピンのレイテ島に向かう船が
航行を続けています。

船内では「明日はできないかもな」などと笑いながら
アメリカ人兵士がトランプなどに興じていますが、
その中を天羽賢治たちが通っていくときに
髪の色が違う少尉だ、と足を引っかける兵士あり。

賢治たちは、戦争の縮小、停止を行うために
最後の決戦と日本が目論むレイテ島で
日本軍に降伏を促すビラを作成し配布する準備に入ります。

>犬死はやめ給へ。
>生きて今後の日本につくし給へ。
>夜ひるの別なく此の紙をふり、一人づつ來給へ。
>連合軍は優遇する。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(31)太平洋戦線"

| | コメント (0)

2018年4月22日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(15)殿の死 〜斉彬の上洛軍 井伊独裁を阻止せよ〜

一橋慶喜は、ついに次期将軍となる決意を固めます。
西郷吉之助たちは急いで京に向かい、
将軍継承に関する詔を賜るべく、朝廷へ働きかけます。

そしてついに天皇から幕府に詔が下されることになりました。

が、その詔の写しを読んでみると
“世子は、英傑・人望・年長の三件を
そなえたものを選ぶべし”としか記されておりませんで、
どこにも“一橋慶喜”とは書かれておりません。

とはいえ、“年長”という言葉を考えた時
候補に挙がっている幼少の紀州慶福よりは
年長である慶喜を指し示しているものとされ、
吉之助たちは、慶喜で決定、と楽観視していました。

将軍継承が慶喜に傾いたことを受けて
島津斉彬は列強と対峙するため
軍事力強化をより一層押し進めます。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(15)殿の死 〜斉彬の上洛軍 井伊独裁を阻止せよ〜"

| | コメント (0)

2018年4月20日 (金)

プレイバック山河燃ゆ・(30)血の証し

1944(昭和19)年10月・ミネソタ州ミネアポリス。

アメリカ陸軍日本語学校出身の兵士が
降伏を勧めているときに撃たれて戦死しました。
その知らせの直後だけに、日本語学校の兵士たちに
日本の映画を見せるのも辛く感じる天羽賢治です。

弟・天羽 勇からの手紙では
上等兵から伍長に昇進した喜びとともに
敵であるドイツとの戦いであると同時に
自分への偏見との戦いであるとしたためてありました。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(30)血の証し"

| | コメント (0)

2018年4月19日 (木)

vol.243・信じるものは救われる? (後編)

vol.243・信じるものは救われる? (後編)
(パーソナリティ:Kassy)

第243回放送です。

まぁ、一つだけにとらわれて自分を見ても始まりませんよ。
スピリチュアルの次はタロットに挑戦じゃ!!
※当方のアップロード障害のため、公開が
遅くなりましたことをおわび申し上げます。

今回のListening Pointは……
正位置・逆位置


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年4月18日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(228)

終点停留所の旅“たそがれ”第195弾です。

今回はF岡県N珂川町の
S賀橋バス停をご紹介します。


かつてN鉄N珂川営業所から、
行先番号[9]でやってこれたS賀橋。
それより前の時代はN鉄大橋駅から、
さらに前の時代にはT神方面から直通が走っていたS賀橋です。

ご存知の方も多いかと思うのですが、
現在は5ヶ山ダムの底に沈んでしまっており
バスが走っていた風景をたどることはできませんが、

せっかくなので、昨年(2017年)9月に赴いたときと
2014年にダム見学会に参加した時に撮った写真を
見比べていただこうと思います。

まずはスマホで見たGoogle Mapの画像から。

Rd2606


続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(228)"

| | コメント (0)

2018年4月17日 (火)

プレイバック山河燃ゆ・(29)離婚

ミネソタ州ミネアポリス・
アメリカ陸軍日本語学校──。

『日本軍歌合唱』を高らかに歌いながら
行進するアメリカ二世の陸軍兵士たちは
日本の映画鑑賞を行い、日本の考え方、性格を
少しでも身につけるぺく日夜努力しています。

オーソン相川は、天羽賢治の妻・エミーが
チャーリー田宮の家でしっとりとダンスしていたところを
相川の妻が目撃したらしく、
エミーとチャーリーの関係について賢治に忠告しておきます。

賢治は、おそらく梛子が不在の間のことだからと
あまり深く考えてはいなかったようで
ただそう言われては、気をつけておくと答えておきます。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(29)離婚"

| | コメント (0)

2018年4月15日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(14)慶喜の本気 〜井伊の刺客! 左内西郷窮地に〜

将軍徳川家定の、次期将軍に関する気持ちを
一橋慶喜に向けるように大奥に送り込まれた篤姫。
そんな中、この動きの後押しをして来た老中首座の阿部正弘が急死し
島津斉彬は表立った動きをいったん止めざるを得なくなります。

西郷吉之助は、大久保正助とともに熊本を訪問した後
そのまま江戸に向かうことになりました。


安政4(1857)年10月21日。
アメリカ総領事のタウンゼント・ハリスは
日本との通商条約締結の足がかりを得るため
再三にわたり将軍家定の謁見を強要。

多くの幕閣たちが反対する中、
ついに家定がハリスに対面する日がやって来ました。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(14)慶喜の本気 〜井伊の刺客! 左内西郷窮地に〜"

| | コメント (0)

2018年4月13日 (金)

プレイバック山河燃ゆ・(28)アメリカ陸軍日本語学校

1943(昭和18)年5月・ミネソタ州ミネアポリス。

アメリカ陸軍日本語学校に入って行く
天羽賢治の姿があります。
賢治はここの学校教員として働いているのです。

陸軍兵士たちからもなかなか慕われているようで
受け持ちのクラスの生徒たちと明るく笑い合っています。

2月のガダルカナルの決戦のときの
日本軍が発した文書が届き、
オーソン相川は、賢治の受け持つクラスに
その翻訳を依頼します。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(28)アメリカ陸軍日本語学校"

| | コメント (0)

2018年4月11日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(227)

終点停留所の旅“たそがれ”第194弾です。

今回はF岡県N珂川町の
M畑発電所バス停をご紹介します。


Qi0712

前回の訪問地、Iの瀬からさらに坂を登ると

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(227)"

| | コメント (0)

2018年4月10日 (火)

プレイバック山河燃ゆ・(27)さらば収容所

昭和18(1943)年3月・鹿児島。

兄・三島啓介らが発刊していた『リラの友』。
その冊子を流し読みしながら、
兄のことを思い出していた三島典子。

ふと外で、誰かが呼んだような気がしました。

不審に思って庭に出てみると、そこには
ボロボロの服で、無精ヒゲをのばした兄が
マリー田宮を抱えて立っていました。

しかしここには、特高刑事・荒木義勝が
すでにマークしています。
典子と啓介は、荒木にバレないように
マリーを病院に連れていきます。

「必ず来ると思っていた」
見上げると、目の前に荒木が
啓介を睨みつけて立っていました。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(27)さらば収容所"

| | コメント (0)

2018年4月 8日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(13)変わらない友 〜西郷の帰郷〜

安政の大地震によって、島津斉彬が篤姫のために用意した
たんすに鏡台、くし、こうがい、屏風、金刺繍の打ち掛けにいたるまで
何もかもやられてしまい、将軍家お輿入れは
しばらく延期ということになりました。

斉彬は、婚礼時期を引き延ばし続けるのもよくないと
西郷吉之助に、篤姫の婚礼道具を一年で揃えよと命じます。

吉之助は約束通りに一年ですべての道具を揃え直し
安政3(1856)年11月11日に
篤姫は将軍御台所となるべく
江戸城に出立する日を迎えることができました。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(13)変わらない友 〜西郷の帰郷〜"

| | コメント (0)

2018年4月 7日 (土)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

しゅんさん


今日、4月7日は
“ヘビーコメンテーター”のしゅんさんの誕生日♪


てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

少しずつ少しずつ努力していると、
ある日とんでもない奇跡が起こるものです。
奇跡を起こしたかったら、
焦らずに少しずつ気長にジワジワと努力することです。
リキまない。
諦めない。
気長に少しずつ。
少しずつ。


(斉藤一人さんの言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

| | コメント (1)

2018年4月 6日 (金)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

ぷりんさん


昨日、4月5日は
“ヘビーコメンテーター”のぷりんさんの誕生日♪
(昨日は隔週木曜日の『ヤッテキ!!』更新日でありまして
 一日遅れのご紹介となりました。あしからず)


てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

信じよう、人の心を。
この世に悪い人なんていやしないよ


(アニメ『ちびまる子ちゃん』より)

──────────

おめでとうございまーす。

| | コメント (0)

2018年4月 5日 (木)

vol.242・信じるものは救われる? (前編)

vol.242・信じるものは救われる? (前編)
(パーソナリティ:Kassy)

第242回放送です。

自分自身は何者か、この先どこへ向かって行くのか。
その指標とすべく、占いにちょこっと手を出してみました。
※当方のアップロード障害のため、公開が
遅くなりましたことをおわび申し上げます。

今回のListening Pointは……
分岐点


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年4月 4日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(226)

終点停留所の旅“たそがれ”第193弾です。

今回はF岡県N珂川町の
Iの瀬バス停をご紹介します。


Qi0708

待機場&バス停の全景。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(226)"

| | コメント (0)

2018年4月 3日 (火)

プレイバック山河燃ゆ・(26)人間テスト

昭和18(1943)年2月、鹿児島・西部第18部隊──。

天羽 忠が上官に呼ばれます。
忠は射撃の腕も藩内随一で、調練や学科とも成績は抜群。
班長や小兵の受けもよく、申し分のない模範兵であります。

が、幹部候補生としての推挙ができません。
それはすべて、忠がアメリカ生まれの2世であるからです。

両親がともに日本人であり、身体に流れる血は
紛れもなく日本人の血であると忠は説明しますが、
敵国アメリカで生まれ育った者に一応の警戒を払うのは
理の当然であります。

忠の兄弟(天羽賢治と天羽 勇)もアメリカ国籍でありますので、
2人ともアメリカ軍に入る兵役の義務があることを考えれば
この先、アメリカ兵となった兄弟と鉢合わせすることもありえます。

アメリカ兵であれば躊躇なく撃ちます、と答える忠に
上官は、それが兄弟でもか? とイジワルな質問です。
「はい! 自分は日本兵であります!!」

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(26)人間テスト"

| | コメント (0)

2018年4月 2日 (月)

プレイバック山河燃ゆ・(25)暴動

パーティ会場を占拠していた池島たちを
銃に短刀をつけたアメリカ軍が乱入してきて逮捕します。
駆けつけた天羽賢治は、やめないか! と叫びますが
時はすでに遅く。


チャーリー田宮が軍に連絡を入れて
池島たちをやめさせたわけですが、
それにしても行き過ぎです。

そもそも池島たちは、食糧部長による
砂糖と肉の横流し事件を告発したわけで、
犯罪者となるようなことをしたのではありません。

アメリカ当局は、その横流し事件を握りつぶしたどころか
池島を犯罪者に仕立て上げて逮捕するという暴挙に出たのです。

マンザナール収容所の池島の母親や仲間たちが
インフォメーションセクションに押しかけて来て
「努を返せ!」と怒鳴り声を上げ
賢治が息子を売ったと思い込んで賢治を睨みつけます。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(25)暴動"

| | コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »