2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバック山河燃ゆ・(48)兄弟和解 | トップページ | プレイバック山河燃ゆ・(49)最終論告 »

2018年6月24日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(24)地の果てにて 〜妻子との再会・死線さまよう極刑〜

国父・島津久光に逆らった形の
吉之助は徳之島へ、村田は喜界島へ島流しの刑となります。
ちなみに吉之助の妻子がいる奄美大島は、
徳之島からは見えません。

「旦那さまぁ〜!」
その声に振り返ると、愛加那がわが子を抱いて歩いてきます。
考えても見なかった、妻と
愛して止まない息子菊次郎、娘との再会です。

吉之助が京を去ってすぐに発生した寺田屋事件。
大久保一蔵は、その事件を食い止めることができなかった責めを負い
久光に謹慎を申し出ます。


吉之助が奄美大島から薩摩に呼び戻されたときには
まだ愛加那のお腹の中にいた女の子は
いまこの時に、吉之助に「菊草(きくそう)」と名付けられます。

愛加那は、吉之助が再び薩摩に呼び戻されるその日まで
側に居させて欲しい、とつぶやきます。


久光は、寺田屋事件により、京での働きを朝廷に認められて
ついに江戸城に勅使を遣わすことに成功します。

大老・井伊直弼亡き後、徐々に力が弱まってきた幕府は
無位無官の久光の、武力を背景にした朝廷の意向を無視できず
第十四代将軍徳川家茂は、勅状を丁重に受け取ったとのことで。
これは江戸幕府が開かれて以来、前代未聞のことであります。

幕府は、安政の大獄以来
政界から追放していた一橋慶喜を将軍後見職に
越前藩松平春嶽を政事総裁職に任命したわけです。

久光は、今後は慶喜や春嶽とともに
自分が幕府の中枢に入って動かして行く、とガハハと笑いますが
慶喜は、無位無官の久光の方が幕府にも天皇にも無礼である、と
全く相手にしておりません。

慶喜は、牛男(=吉之助)を思い出し
自分と腹を割って話したければ西郷を連れて来い、と
久光を一瞥して言います。
「芋では話にならぬ」

とても悔しがりつつも言い返せないでいる久光です。


愛加那親子と、その兄・富堅と仲良く暮らしていた吉之助ですが
薩摩から新たな沙汰が下されます。
「徳之島遠島を改め、沖永良部島への遠島を申し付ける」

愛加那と過ごせたのはわずかに5日間でした。

吉之助が流されることになった沖永良部島は
薩摩から最も遠い島の一つであり
一度流されてしまうと、その大半が戻って来られない
辺境の地でした。

久光は「遠島の上 囲いに召し込み」
島に流すだけでなく、さらに牢屋に入れる罰は
極めて異例の厳しい刑法です。

そんな吉之助を、遠くから見ていた男がいました。
川口雪篷です。
「ひどかなぁ……一体何をやらかしたらあげな罰を受けっとじゃ」


「先生」
島役人の土持政照が吉之助を呼びます。
この沖永良部島でも、吉之助の名前は届いておりまして
一度で言いから会ってみたい、と政照は思っていたようです。

土持は、この沖永良部島で生まれましたが
薩摩で学び、役人として再び生まれ故郷に戻ってきました。

農作業をいろいろ手伝ってもらったり、年貢の減免を上役人に申請したりと
農民たちには慕われているようですが、
本人としては、吉之助の真似事をしただけ、と照れ笑いです。
ともかく、吉之助のことを崇拝しているようです。


吉之助は、牢から出ることを固く禁じられていまして
それを監視するお役目を土持が担っていたのです。

そんな土持が持ってきたのが大山格之助と海江田武次の文でして、
寺田屋事件以来、出世街道をひた走る一蔵の
心中が分からない、と嘆いています。

格之助と海江田の文を代読した雪篷は
吉之助に早く死ねと言っているのではないか? と
酒に酔うまま勢いに任せて言っております。

島役人の土持にも、食事について藩から命じられていることを白状させます。
日に一度、わずかな冷えた麦と塩だけと命じられていて、それを島の農民たちが
いつ切腹の命が届くか分からないから、いい食事に変えられていたのです。
今のうちにいいものをたくさん食べさせてあげよう、と。


この日以来、吉之助は藩命に従い
土持が持って来る食事に手をつけなくなりました。
「食事は無用でごわす。どうかお捨て置きやったもんせ」

座禅を組んで全く動かず
それでも一蔵を信じて来る日も来る日も待ち続けます。
かんかん照りの日も、大雨の日も。

おいは死ぬのか……? そいでもよか。
もともと死んだはずの命じゃ……今さら惜しくはなか……。
一蔵どん……すんもはん。ここまでかもしれん……。
愛加那……菊次郎……菊草……。

守らんにゃならんものが、まだある──。
おはんにしかできんこつが、まだあっとじゃ──。
生きろ──。


ちょっとしたイジワルのつもりで吉之助をけしかけた雪篷は
あの日以来、意地を通して死に向かって突進して行く吉之助を
見ていられなくなりました。
「西郷! わいは死んでも友を信じっとか!?」

竹筒の水を飲めない吉之助に、舌打ちをしつつ
口移しで飲ませてやります。

見ていられないのは島の者たちも同じでして
薩摩に背くことになっても吉之助は死なせてはならないと
土持の家に運んで介抱することにします。


文久2(1862)年7月6日、
勅使大原重徳に随従して江戸に到着した島津久光が
一橋慶喜の将軍後見職、松平春嶽の政事総裁職の就任を実現させる。

明治10(1877)年9月24日、
西南戦争で西郷隆盛が討ち死にするまで


あと15年2ヶ月──

(大河ドラマ『翔ぶが如く』では第18回「公家攻略策」〜第19回「異人斬り」付近)
(大河ドラマ『篤姫』では第36回「薩摩か徳川か」〜第37回「友情と決別」付近)


原作:林 真理子
脚本:中園 ミホ
脚本協力:三谷 昌登・小林 ミカ
音楽:富貴 晴美
タイトル映像・題字:L.S.W.F
語り:西田 敏行
──────────
[出演]
鈴木 亮平 (西郷吉之助)
瑛太 (大久保一蔵)
二階堂 ふみ (愛加那)
北村 有起哉 (大山格之助)
高橋 光臣 (海江田武次)
町田 啓太 (小松帯刀)
──────────
松田 翔太 (一橋慶喜)
高橋 努 (富堅)
近藤 春菜 (虎)
斎藤 嘉樹 (土持政照)
大島 蓉子 (土持 鶴)
津田 寛治 (松平春嶽)
青木 崇高 (島津久光)
──────────
石橋 蓮司 (川口雪篷)
木内 みどり (石千代金)
柄本 明 (龍 佐民)
──────────
制作統括:櫻井 賢
    :櫻井 壮一
プロデューサー:藤原 敬久
演出:盆子原 誠


◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『西郷どん』
第25回「生かされた命」

デジタル総合:午後8時〜
BSプレミアム:午後6時〜

« プレイバック山河燃ゆ・(48)兄弟和解 | トップページ | プレイバック山河燃ゆ・(49)最終論告 »

NHK大河2018・西郷どん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバック山河燃ゆ・(48)兄弟和解 | トップページ | プレイバック山河燃ゆ・(49)最終論告 »