« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月29日 (金)

プレイバック山河燃ゆ・(50)宣告

昭和23(1948)年8月。

東京裁判という最高の機密を扱うスタッフは、
東京の服部ハウスに移らされます。

天羽賢治もそれに倣い、天羽エミーやアーサーが暮らす
ワシントン・ハイツから服部ハウスに移るわけですが、
全く自由がない生活で、これが裁判の判決が出るまで
ずっと続くのかと思うと、先が思いやられます。

外部との通信手段は全くなく、
家族との手紙のやり取りだけは認められていますが
検閲が入った上でのやり取りです。
ほぼ監獄といった方が正確かもしれません。

一方、被告たちが収容されている巣鴨プリズンでは
のんびりと将棋を打つものもおりますが
東郷茂徳や広田弘毅は一様に厳しい表情です。

「我らのうちの何人かは、死刑なのか……」
広田弘毅はため息まじりに呟きます。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(50)宣告"

| | コメント (0)

2018年6月28日 (木)

vol.248・カロリー換算法

vol.248・カロリー換算法
(パーソナリティ:Kassy)

第248回放送です。

カロリー管理できない人は、どれだけ食べているかを分かっていない。
そんな自分への自戒も込めて、イメージしやすい換算法をご紹介します。
※公開が遅くなりましたことをおわび申し上げます。

今回のListening Pointは……
ウォーキング


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年6月27日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(238)

終点停留所の旅“たそがれ”第205弾です。

今回はF岡県F岡市の
南K武バス停をご紹介します。


Qi0775

かつては終点停留所にも設定されたことがある「南K武」。


Qi0781

かつては、前回ご紹介した「N山」方面へ
南K武バス停から真っすぐに南下してきて
写真右手へグイッと曲がるルートで、

写真を撮影した位置から真っすぐに奥に伸びていると見える道も
写真右手へグイッと曲がるように……いわゆる、極端に言えば
「と」の字のように道が形成されていたところ、

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(238)"

| | コメント (0)

2018年6月26日 (火)

プレイバック山河燃ゆ・(49)最終論告

昭和22(1947)年12月31日、
極東国際軍事裁判所で行われた反対尋問で
天皇の平和希望に反する木戸幸一(元 内大臣)の言動は?
との問いに対する元首相・東条英機の発言の波紋が大きいです。

『東条、天皇の戦争責任を示唆──』
新聞各社は東条の発言を大きく取り上げます。

天皇訴追となれば、天皇が裁判所に呼ばれることになりまして
マッカーサー元帥も日本政府も天皇を法廷に出してはならない
という命令なので、キーナン検事は真っ青になっているわけです。
「何してる! 田中隆吉を呼べ!!」

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(49)最終論告"

| | コメント (0)

2018年6月24日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(24)地の果てにて 〜妻子との再会・死線さまよう極刑〜

国父・島津久光に逆らった形の
吉之助は徳之島へ、村田は喜界島へ島流しの刑となります。
ちなみに吉之助の妻子がいる奄美大島は、
徳之島からは見えません。

「旦那さまぁ〜!」
その声に振り返ると、愛加那がわが子を抱いて歩いてきます。
考えても見なかった、妻と
愛して止まない息子菊次郎、娘との再会です。

吉之助が京を去ってすぐに発生した寺田屋事件。
大久保一蔵は、その事件を食い止めることができなかった責めを負い
久光に謹慎を申し出ます。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(24)地の果てにて 〜妻子との再会・死線さまよう極刑〜"

| | コメント (0)

2018年6月22日 (金)

プレイバック山河燃ゆ・(48)兄弟和解

昭和22(1947)年12月22日・広島──。

日赤病院に入院している井本梛子は
8ヶ月も入院してもどかしい思いをしていますが、
少しずつではありますが元気を取り戻しつつあります。

ナースからの書き置きを見ると
「アモウ様がお見えになりました」とありました。
眠っている間に天羽賢治がお見舞いにきてくれたと思うと
それだけでもワクワクしてパアッと表情が明るくなります。

トントン、とノックがあって入ってきたのは
アモウはアモウでも、天羽 忠、弟の方でした。

ストレプトマイシンという結核によく効く薬が最近できまして、
それを使えばすぐに治るらしいのですが、日本では手に入らないので
どうしても結核治療には時間がかかってしまう現状があります。
忠はその名前を頭にとどめておきます。

梛子は、賢治に宛てた“心配しないでくださいね”という手紙を
忠に預け、何かの時に渡して欲しいと依頼します。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(48)兄弟和解"

| | コメント (0)

2018年6月20日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(237)

終点停留所の旅“たそがれ”第204弾です。

今回はF岡県F岡市の
N山バス停をご紹介します。


Qi0771Qi0772

N山。

位置的には南K武からM見ヶ丘団地を回ってK武営業所に
行くルートから見れば、奥というか裏手になりますが、
団地ができていない時代は、
南K武から坂道を登ったところにあります。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(237)"

| | コメント (0)

2018年6月19日 (火)

プレイバック山河燃ゆ・(47)焼跡の聖夜

チャーリー田宮が、ワシントン・ハイツの天羽家に
来たるクリスマスに向けてもみの木と、
息子のアーサーにプレゼントを買って届けにきました。

賢治はまだ裁判所から帰ってきていません。
いたのはアーサーとお手伝いさんで
天羽エミーの姿はありません。
チャーリーが聞けば、すでに休んでいると答えます。

体調でも悪いのか、と心配するチャーリーですが
言葉を濁すお手伝いさんを見て、フッと溜息を漏らします。
「……酒か」

そんな時にアメリカ人女性の来客です。
エミーには、ポーカーで作った200ドルの借金があるようで
返さないなら賢治が帰るまで待つ、と聞きませんが
チャーリーがその場を納めるために200ドル支払います。

「気前がいいのね。おヒマなときは来て、お酒あるわよ」
さんざん皮肉って帰っていきます。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(47)焼跡の聖夜"

| | コメント (0)

2018年6月17日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(23)寺田屋騒動 〜西郷への切腹命令・同士討ちの悲劇〜

連中は、命を懸けて事を起こそうとしている──。

西郷吉之助は、下関に先乗りして
薩摩から兵を率いて上洛する島津久光の出迎え準備に当たります。
久光から、下関で待て、と指示を受けたはずなのですが
有馬新七たちの暴発を聞き、それを食い止めようと京へ急行。

こんど久光に逆らったら、島流しでは済まない、と村田新八は警告しますが
そんな悠長なことは言っていられないし、有馬たちを抑えるためには
自分たちも相当の覚悟を持って説得しなければならないわけです。

ただ、その単独行動そのものが
案の定、久光の逆鱗に触れてしまいます。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(23)寺田屋騒動 〜西郷への切腹命令・同士討ちの悲劇〜"

| | コメント (0)

2018年6月16日 (土)

プレイバック山河燃ゆ・(46)限りある生命(いのち)

天羽賢治は部長に転勤願いを提出します。
仕事がイヤだ というのもひとつの理由、と言う賢治に
昨晩、エミーの乱行を目の当たりにしている部長は
本当の理由が「奥さんだな」と理解します。

部長も昨晩のパーティでのエミーの乱行を目撃しているのです。

現に部長の妻も、始めこそ日本がイヤだと
ヒステリックになりましたが、時間が解決したのか
今では寺社仏閣めぐりを楽しんでいるほどです。
しばらくしたら治る、と楽観的です。

賢治は、酒に頼る一方のエミーのためにも
そして理想を追い続ける賢治が、原爆問題の議事録からの削除など
到底考えられずに仕事がイヤになったことから帰国を決めたのですが、
部長としては、いま賢治がいなくなる方が大問題であります。

1週間の猶予を与えられます。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(46)限りある生命(いのち)"

| | コメント (0)

2018年6月15日 (金)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

甥っ子くん


昨日、6月14日は
Kassyの甥っ子くん(お兄ちゃん)の誕生日♪

久々の『育児』カテゴリーですが、
Kassyの甥っ子くんは覚えていますか?
お忘れの方、ご存じない方は、どうぞコチラでご確認くださいませ。

Kassyとは30年の開きがありますので、
今月43歳に成長したKassyということは
甥っ子くん(お兄ちゃん)は13歳の中学1年生。

着実にでかくなっとります。


てなわけで、例の如くKassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

If you can dream it, you can do it.


(ウォルト・ディズニーの言葉より)
──────────

おめでとうございまーす。

| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

vol.247・定番メニュー

vol.247・定番メニュー
(パーソナリティ:Kassy)

第247回放送です。

飲食関係のチェーン店の定番メニューってありますよね。
それについて、あるよね〜☆ ってグダグダしゃべってます。
※公開が遅くなりましたことをおわび申し上げます。

今回のListening Pointは……
ハンバーグ


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年6月13日 (水)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

MIさん


6月13日は
“ヘビーコメンテーター”のMIさんの誕生日♪


てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

オランダにはこんなことわざがあります。
「くよくよしてもしかたがない。どのみち
予想したとおりにはならないのだから」


(オードリー・ヘップバーンの言葉より)
──────────

おめでとうございまーす。

| | コメント (0)

2018年6月12日 (火)

バス停について本気出して考えてみた(236)

終点停留所の旅“たそがれ”第203弾です。

今回はF岡県F岡市の
O石バス停をご紹介します。


Qi0785

四K田団地方面からH向峠に向かう途中の「O石」。


Qi0787

このあたりにバス停が立っていました。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(236)"

| | コメント (0)

2018年6月11日 (月)

プレイバック山河燃ゆ・(45)ワシントン・ハイツ

東京代々木にある「ワシントン・ハイツ」。

天羽賢治が帰宅すると、酒をあおっていたのか
天羽エミーはうがいをし、香水を身体中に振って
夕ごはんの支度を始めます。

リビングにはおひなさまの小さな飾りが。
井本梛子が昼間に持ってきてくれたようで
エミーは少しムッとしています。

「京都へ行ったんですって?」
息子アーサーの寝顔を見に行った賢治の後を追いかけて
梛子から聞いたわ、とエミーは声低く聞いてみます。

賢治は、東京から一緒に行ったのではなく
偶然京都で会ったのだ、とアーサーを見つめながら答えますが
言い訳は聞きたくない、とエミーがプイッとキッチンへ戻ると
賢治は何も言えません。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(45)ワシントン・ハイツ"

| | コメント (0)

2018年6月10日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(22)偉大な兄 地ごろな弟 〜弟は寺田屋へ!? 国父激怒〜

「みんな喜べ! 吉之助さぁが薩摩に帰ってくっとじゃ!」
大久保一蔵の報告に、沸き立つ誠忠組の面々。
一蔵の尽力により、西郷吉之助が
奄美大島から召還されることになったのです。

3年ぶりの、薩摩。

その3年の間に、大老井伊直弼が暗殺され、幕府の権威は急速に失墜。
武力で幕府を倒そうとする機運が広まっていました。
そうした中、藩主実父の島津久光が進める京への出兵計画が
全国の討幕派の注目を集めていたのです。

薩摩に戻った吉之助は、さっそくお城に上がります。
ただし、西郷吉之助ではなく“大島三右衛門”という名前です。
大島に3年いたから、という安易なネーミングに笑う吉之助は、
いよいよ久光と対面します。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(22)偉大な兄 地ごろな弟 〜弟は寺田屋へ!? 国父激怒〜"

| | コメント (0)

2018年6月 8日 (金)

プレイバック山河燃ゆ・(44)真珠湾攻撃の謎

昭和21(1946)年11月1日・極東国際軍事裁判所。
ヒギンズ検事による検察側の冒頭陳述が行われます。

──1937(昭和12)年、日本は満州の武力支配を達成し
自国の政治的経済的地固めを確立した。

一方戦闘は上海に拡大し、米国人の生命・財産に対する
最初の危害はこの地域で始まった。
この理由により、日本国と米国との関係は
次第に悪化していった。

1941(昭和16)年10月、東条英機内閣が成立した。
東条が首相として日本政府を指導するに伴い
成り行きが急速に戦争に推移していった。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(44)真珠湾攻撃の謎"

| | コメント (0)

2018年6月 6日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(235)

終点停留所の旅“たそがれ”第202弾です。

今回はF岡県F岡市の
N河内バス停をご紹介します。


Ql2324

M渕の旧道からいったん新道に出て、
比較的すぐのところで右に旧道に再び入っていきます。


Ql2314

細い道を登って行くと、
ようやく終点が見えてきました。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(235)"

| | コメント (0)

2018年6月 5日 (火)

プレイバック山河燃ゆ・(43)古都憂愁

昭和21(1946)年8月27日、国際局等軍事裁判所。
満州国の元皇帝・溥儀の尋問は無事に終了しました。

その日の夜、井本梛子の妹・広子の歓迎パーティが行われました。
梛子や父・井本虎造らがアメリカから日本の広島に帰国する中
ひとりアメリカに残って看護師を続けていまして、
その広子が今回日本に渡って来たのです。

原爆に関する病院が広島にできると聞いた広子は
日本で看護師をするならそこで、と決意しての帰国だったようです。

そして天羽賢治は、そこに天羽 忠も呼んでいるわけですが、
忠は薄汚れた服だったのに、急に羽振りが良くなったかスーツ姿です。

賢治は内容は全く聞かされていないようで
医薬品を扱う商売を始めた、というところまでは聞き出せたのですが
問いつめてもまともに相手をしてくれません。
忠は、チャーリーを連れて出て行ってしまいました。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(43)古都憂愁"

| | コメント (0)

2018年6月 3日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(21)別れの唄 〜使命か? 愛か? 揺れる西郷・愛加那の覚悟〜

愛加那と夫婦となり、格好も髪型も
すっかり大島の男になった西郷吉之助(菊池源吾)。

海辺で釣りをしていた吉之助ですが、なんかそわそわしている様子。
そう、身ごもった愛加那が産気づいていたのです。

初めて見るわが子。
初めてこの手で抱くわが子。
「こいがおいの子か……愛加那、お手柄じゃ」

赤子が誕生して7日目、
イジャシハジメと呼ばれる祝いの儀式が行われます。
奄美大島に来て2年、吉之助はついに父となったのです。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(21)別れの唄 〜使命か? 愛か? 揺れる西郷・愛加那の覚悟〜"

| | コメント (0)

2018年6月 1日 (金)

プレイバック山河燃ゆ・(42)英霊

昭和21(1946)年8月13日。
極東国際軍事裁判所では、南京事件の証人尋問が終わり
満州国の元皇帝・溥儀が証人に立つことになりました。

彼の経歴や、満州事変から満州国が建国されるまでの経緯は
頭にたたきこんでおけ、と
モニターを勤める天羽賢治たちに命令が飛びます。


賢治は、焼け野原となっている銀座の一角で
送り火をたいて死者を弔います。

ふと顔を見上げると、そこには
唯一消息不明だった川辺庄平が立っていました。
庄平も、賢治が日本にいることは想定外だったようで
ふたりして偶然の再開に大喜びです。

庄平は、シンガポールで終戦を迎えました。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(42)英霊"

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »