« プレイバックいのち・(05)めぐり逢い | トップページ | vol.250・Kassyの取扱説明書 (前編) »

2018年7月25日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(242)

終点停留所の旅“たそがれ”第209弾です。

今回はF岡県F岡市の
M住団地バス停をご紹介します。


Qi0817

一軒家でいうところの、表札。
カルガモの親子のお出迎え。

Qi0813Qi0814

団地の前にバス停がある、というよりも
団地の中にバス停がある形状。

手前のバス停が降車場、
そして自動販売機の先にはのりばがあります。


Qi0815

M住団地。
似た名前で、近くには“Mろみ団地”というのもあります。


Qi0816

バス停でバスを待っていたら、
東に伸びる道に商店街が連なっているからか
高層ビルが目に入ってきませんで、

かなり開放的な感じ。


Qi0818

バスがスッと入って来ました。

|

« プレイバックいのち・(05)めぐり逢い | トップページ | vol.250・Kassyの取扱説明書 (前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレイバックいのち・(05)めぐり逢い | トップページ | vol.250・Kassyの取扱説明書 (前編) »