« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月31日 (火)

プレイバックいのち・(07)いとしき大地

昭和21(1946)年10月21日、農地調整法、
すなわち農地改革に関する法令が公布されました。

日本には大きな社会変革の嵐が吹き荒れていました。
先祖代々、地主として水田やりんご畑などの小作地を
所有してきた高原家も、その嵐に飲み込まれ
長女の高原未希は、厳しい新時代の渦中に立たされていました。

農地改革がどのように行われるのか。
地主や小作たちの戸惑いや混乱の中で
農地改革を民主的に推進しようと施行の全権を任せる
農地委員会が各市町村で作られることになりました。

続きを読む "プレイバックいのち・(07)いとしき大地"

| | コメント (0)

2018年7月29日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(28)勝と龍馬 〜慶喜との決別〜

禁門の変──。

戦いは幕府軍の圧倒的な勝利に終わりましたが、
しかし戦火は京全体に広がっていたのです。

薩摩軍は、敗走した長州軍が残した兵糧米を
焼け出された京の人々に分け与えました。
さらに、西郷吉之助の指示に基づいて
負傷した長州兵を薩摩藩邸に保護し治療を施したのです。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(28)勝と龍馬 〜慶喜との決別〜"

| | コメント (0)

2018年7月27日 (金)

プレイバックいのち・(06)落日の家

高原未希と工藤清吉の話し合いは着地点を見いだせず
帰宅したばかりの坂口一成に相談してみることになりました。

11万円以上の財産を持つ者に対して課税されるそうで
来年の3月15日までに納めるように、と決まったそうです。
高原家では畑や宅地などで163万円の財産を持つので
累進課税で57.2万の税金を納めなければならないのです。

未希は納めるお金がないのなら土地で納めるしかないと主張し
清吉は、満州から高原正道が帰ってくるまでは
土地は1反でも多く残したい、と言っているわけです。

続きを読む "プレイバックいのち・(06)落日の家"

| | コメント (0)

2018年7月26日 (木)

vol.250・Kassyの取扱説明書 (前編)

vol.250・Kassyの取扱説明書 (前編)
(パーソナリティ:Kassy)

第250回放送です。

Kassyの本当の性格は? 結婚相手は? モテ期は?
昨日占っていただいたオイラの全てを、今ここに大公開!
※公開が遅くなりましたことをおわび申し上げます。

今回のListening Pointは……
恋愛運


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年7月25日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(242)

終点停留所の旅“たそがれ”第209弾です。

今回はF岡県F岡市の
M住団地バス停をご紹介します。


Qi0817

一軒家でいうところの、表札。
カルガモの親子のお出迎え。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(242)"

| | コメント (0)

2018年7月24日 (火)

プレイバックいのち・(05)めぐり逢い

戦後の物資窮乏による急激なインフレーション抑制のため
昭和21(1946)年3月3日から施行された預金封鎖、新円切り替えの措置は、
ひと月に所帯主300円、家族ひとり100円しか使うことを許されず、
女子医専への進学を目指す高原未希に大きなショックと不安を与えます。

とはいえ、今さら諦める決心もつかず
受験するだけはしてみようと思い直し
4月の受験日までの残りの日日を勉強に打ち込んでいました。

そんな3月のある日、弘前から中川邦之が
未希を訪ねてやってきました。

邦之は春から高校2年生になるわけですが、
足が不自由でふさぎがちの高原佐智に
女学校に転入してはどうか、と話を持ってきたのです。
足が不自由でも生きていけるんだ、と自信を持たせたいわけです。

続きを読む "プレイバックいのち・(05)めぐり逢い"

| | コメント (0)

2018年7月22日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(27)禁門の変 〜迫る長州軍 西郷の初陣〜

沖永良部島から薩摩に戻ってきた西郷吉之助は
国父・島津久光がいる京に駆けつけ、
対立している久光と一橋慶喜の仲介を勧めますが、
対面が決まったというのに、久光は勝手に薩摩に帰ってしまいます。

今までの久光に対する反抗心むき出しの態度ではなく
大人しくなった吉之助を見て、軍賦役と諸藩応接係の兼任を命じます。
軍賦役とは薩摩軍の総司令官で、吉之助にとって異例の出世です。

なぜ久光が自分を軍賦役に取り立てたのか、いささか疑問です。
吉之助に対する接し方を軟化させたとは思えず
戦の経験がない吉之助を戦の前線に立たせることで
早く命を散らしてもらおうということなのかもしれません。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(27)禁門の変 〜迫る長州軍 西郷の初陣〜"

| | コメント (0)

2018年7月20日 (金)

プレイバックいのち・(04)旅立ち

高原未希、高原佐智姉妹は
ついに訪れた平和に安堵する間もなく
最愛の母・高原千恵を胃がんで亡くします。
人生の大半を戦争に影響された43歳の短い生涯でした。

昭和20(1945)年も10月半ば、千恵の葬儀は
地主の高原家に相応しく盛大に執り行われます。

棺には、いまだ満州から帰らない父・高原正道の時計と
好きだったメロディのオルゴールとともに
佐智が徹夜で編み上げたストールが納められます。
しかし佐智は、とうとう葬儀には参列しませんでした。

続きを読む "プレイバックいのち・(04)旅立ち"

| | コメント (0)

2018年7月18日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(241)

終点停留所の旅“たそがれ”第208弾です。

今回はF岡県F岡市の
★の原団地バス停(笑!)をご紹介します。


Qi0811

見るからに団地の姿。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(241)"

| | コメント (0)

2018年7月17日 (火)

プレイバックいのち・(03)母よ!

弘前陸軍病院で検査を終えた母の高原千恵は
根っからの病院嫌いでありまして
検査疲れもあるだろうから、と
しばらく入院して療養する予定であったところ、

こんなところにいたら本当に病気になっちゃうわ、と
さっさと退院して帰りたい意向です。
入院なんて言われても帰ります、と言って
付き添ってきた工藤清吉や村中ハルを困らせます。


検査と診察した坂口一成に厳しい結果を示されて
あまりの衝撃に涙をポロポロ流す高原未希。

坂口は、あなたがしっかりしないと悟られてしまい
家族みんなが苦しむことになります、と叱咤しますが
未希は、覚悟をするためにも余命について尋ねます。

坂口は、その問いには答えず
自分もできる限りの手は尽くします、と言うばかりです。
「どれぐらい生きられるかはあなたの気持ちひとつなんですよ」

続きを読む "プレイバックいのち・(03)母よ!"

| | コメント (0)

2018年7月15日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(26)西郷、京へ 〜いざ革命の舞台に〜

徳之島、沖永良部島に流されて1年半、
西郷吉之助は薩摩に薩摩に戻ります。
かつての奄美大島の暮らしを加えると
実に5年半もの島暮らしであります。

今や国父として薩摩藩の実権を握る父・島津久光は
西郷は薩摩に止めておけと厳命し、自らは京に行ってしまいました。

藩主の島津茂久は、力のない自分は飾り物と卑下していますが、
家臣たちの意見はよく聞きたいという気持ちから
久光に同行する大久保一蔵の、西郷を京へと求める申し出を受けて
久光に無許可で、あくまで藩主権限で西郷を京に送り出します。


ボロボロの屋敷前でさんまを焼いているダルマのような男に
一蔵は、西郷が京に向かっていることを報告しますが、
一蔵の話より、さんまの方に気持ちが行っているようです。
「あーっ熱っ熱っ……このままでは終わらへんで」

この男こそ、岩倉具視──。


お座敷では、酒をあおる武士に踊る武士がいますが
踊りが下手すぎて、見ていられません。
「おい! いい加減にしねえか」

ひょっとこのお面を取った武士は、ひょっとこのように口をすぼめて
また叱られたぜよ、と苦笑いです。
そう、踊っていたのは坂本龍馬、龍馬を叱ったのは勝 麟太郎です。

その龍馬が、会いたい人がいる、と勝に話をします。
「勝先生、知りませんろうか。西郷吉之助」


吉之助は、維新へ向けた革命の第一歩を踏み出したのです。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(26)西郷、京へ 〜いざ革命の舞台に〜"

| | コメント (0)

2018年7月13日 (金)

プレイバックいのち・(02)母と娘

終戦を迎え、東京からすし詰めの列車で
青森へ帰郷した未希と佐智姉妹ですが、

その道中で乗り合わせた幸せそうな村中ハルが
一転、入水騒ぎを起こして高原家に転がり込んできました。
そして流産してしまいます。

使用人の工藤清吉は、
未希たちを帰郷の道中でいろいろ助けてくれたご恩のある人だから
できるだけのことはして差し上げなければ、と
親身になって動いてくれています。

気を失ったように眠っていたハルは目を覚まし
おぼつかない足取りで、
未希たちがいる囲炉裏の間までやってきました。

続きを読む "プレイバックいのち・(02)母と娘"

| | コメント (0)

2018年7月12日 (木)

vol.249・ありがとう

vol.249・ありがとう
(パーソナリティ:Kassy)

第249回放送です。

250回を目前に控え、放送を通じてお付き合いいただいた皆さまへ
感謝の気持ちを込めてお届け致します。……込めてるか?(笑)
※公開が遅くなりましたことをおわび申し上げます。

今回のListening Pointは……
御礼申し上げます


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年7月11日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(240)

終点停留所の旅“たそがれ”第207弾です。

今回はF岡県F岡市の
西A山ハイツバス停をご紹介します。


Qi0804Qi0801

ここも団地の奥深く。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(240)"

| | コメント (0)

2018年7月10日 (火)

プレイバックいのち・[新] (01)帰郷

昭和20(1945)年8月15日、日本は、天皇の終戦の詔勅により
昭和6(1931)年の満州事変から始まった15年に渡る戦争に
終止符を打ちました。

終戦3日後・8月18日──。

青森ゆきの列車が、焦土の東京を脱出する乗客を満載して
上野駅を出発します。

戦後まもなく運転している国鉄としては
列車には客車だけではなく貨車をも宛てがう有り様で
さらに切符の発売を厳しく制限した上での運行であり
貨車であっても乗れたのはとても運のいい乗客なのですが、

荷物は膝の上に! 女! もっとつめろ! などと
戦争を終えて帰還する兵士と、
あんたたちがダメだから負けたんだろ! と兵士を愚弄する女など
客車内は殺伐とした雰囲気に包まれています。

その客車内に、高原未希、佐智姉妹が
額に大きな汗つぶを流しながら
人並みに押しつぶされそうになりながら乗っています。

佐智は足をケガしているようで、
姉の未希は佐智の足をさすっています。
「きつかったら途中で降りたっていいのよ」
「うん、平気」

続きを読む "プレイバックいのち・[新] (01)帰郷"

| | コメント (0)

2018年7月 8日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(25)生かされた命 〜生麦事件! 小さな島の小さな革命〜

飢え死にする寸前で助け出された西郷吉之助は
流人の番をする土持政照の家に運び込まれます。

これで懲りただろう、と川口雪篷は酒をあおりますが
それでも吉之助は、天と人からもらった命、とつぶやきます。
「誰かがおいに水を飲ませてくれた……」
飲ませたのは、誰あろう雪篷なんですけどね(笑)。

雪篷は、お由羅事件でこの島に流されてきたのですが
友が救出してくれることを願い、ずっと待っていたのに
なかなか呼び戻してくれず、挙げ句は文もよこさなくなりました。

だからこそ、自分のような淡い期待を持つ吉之助には
目を覚ませ! と言ってやりたくなる気持ちになるのです。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(25)生かされた命 〜生麦事件! 小さな島の小さな革命〜"

| | コメント (0)

2018年7月 4日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(239)

終点停留所の旅“たそがれ”第206弾です。

今回はF岡県F岡市の
Sわら台団地バス停をご紹介します。


Qi0796

階段。

某所のように、階段の下に営業所があれば
少しは評判になったかもしれないこの場所も
階段を降りたって、バス営業所はさらに下にあるので
達成感も、営業所を見下ろせる優越感もなし。

いや、逆にバスを見上げられる場所にはなり得るか?

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(239)"

| | コメント (0)

2018年7月 3日 (火)

プレイバック山河燃ゆ・(51)新たなる旅立ち [終]

「戦犯廿五被告に判決下る」
「東條、廣田ら七名絞首刑──無罪なし 木戸ら十六名終身禁固」
「裁かれた「日本国」」「法廷三年」という文字が踊る新聞に
被告たちの刑が一覧になって掲載されています。

絞 首 刑 東条 英機 (65.東京) 陸軍大将、陸相、内相、首相、陸軍参謀総長
絞 首 刑 廣田 弘毅 (71.福岡) 駐ソ大使、外相、首相
絞 首 刑 松井 石根 (71.愛知) 陸軍大将、中支派遣軍総司令官
絞 首 刑 土肥原賢二 (66.岡山) 陸軍大将、在満特務機関長、陸軍航空総監
絞 首 刑 板垣征四郎 (64.岩手) 陸軍大将、満州国軍政部最高顧問、陸相
絞 首 刑 木村兵太郎 (61.埼玉) 陸軍大将、陸軍次官、ビルマ派遣軍司令官
絞 首 刑 武藤  章 (57.熊本) 陸軍中将、陸軍省軍務局長
終身禁固刑 木戸 幸一 (60.山口) 文相、内相、厚相、内大臣
終身禁固刑 平沼騏一郎 (82.岡山) 首相、枢府議長
終身禁固刑 賀屋 興宣 (60.広島) 蔵相
終身禁固刑 嶋田繁太郎 (66.東京) 海軍大将、海相、軍令部総長
終身禁固刑 白鳥 敏夫 (62.千葉) 駐伊大使
終身禁固刑 大島  浩 (63.岐阜) 陸軍中将、駐独大使
終身禁固刑 星野 直樹 (57.東京) 満州国総務長官、内閣書記官長
終身禁固刑 荒木 貞夫 (72.福岡) 陸軍大将、陸相、文相
終身禁固刑 小磯 國昭 (69.山形) 陸軍大将、朝鮮総督、拓相、首相
終身禁固刑 畑  俊六 (70.福岡) 元帥、陸相、支那派遣軍総司令官
終身禁固刑 梅津美治郎 (67.大分) 陸軍大将、関東軍司令官、陸軍参謀総長
終身禁固刑 南  次郎 (73.大分) 陸軍大将、陸相、朝鮮総督
終身禁固刑 鈴木 貞一 (61.千葉) 陸軍中将、企画院総裁
終身禁固刑 佐藤 賢了 (54.石川) 陸軍中将、陸軍省軍務局長
終身禁固刑 橋本欣五郎 (59.福岡) 陸軍大佐、大政翼賛会創設者
終身禁固刑 岡  敬純 (59.東京) 海軍中将、海軍省軍務局長、海軍次官
禁固廿年  東郷 茂徳 (67.鹿児島)駐独・駐ソ大使、外相
禁固七年  重光  葵 (62.大分) 駐英・駐華大使、外相

 東郷、重光の禁固は罪状認否の日(昭和21年5月4日)より起算

松岡 洋右 (山口) 満鉄副総裁、外相 →判決前に死亡
永野 修身 (高知) 元帥、軍令部総長 →判決前に死亡
大川 周明 (山形) 国家革新運動指導者→精神異常により起訴取消


そしてこの絞首刑の判決を受けた者たちの減刑訴願を
アメリカの最高裁判所に働きかけるのですが、
結果は……却下、でした。

極東国際軍事裁判所は、
ダグラス・マッカーサー元帥によって設立されたものであり
アメリカの裁判所は、その判決を破棄したり
刑を執行したりする機能を持たないため、却下となったのです。

チャーリー田宮も、天羽賢治も、その結末に愕然とします。

裁判は終わった、と全ての肩の荷を下ろして
せいせいしているチャーリーとは違い、
賢治は、自分も戦争に加担したひとりとして
絞首刑者たちと同じことをやってきたんだ、と自分を責め続けます。

続きを読む "プレイバック山河燃ゆ・(51)新たなる旅立ち [終]"

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »