2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« はぴはぴ | トップページ | プレイバックいのち・(12)故郷(ふるさと)へ »

2018年8月16日 (木)

バス停について本気出して考えてみた(245)

終点停留所の旅“たそがれ”第212弾です。

今回はF岡県F岡市の
K塚駅バス停をご紹介します。


Qi0836

K塚駅。

F岡市交通局(市営地下鉄)H崎線と
西N本鉄道K塚線の接続駅です。

地下鉄という、普段は地面の下を行き来する電車が
外の空気に触れられる駅、ということで
その雰囲気は、M浜駅とともにKassyはお気に入りです。

Qi0833Qi0834

駅の階段を下りたところにバス停があります。


Qi0835

バス停銘板の行先欄に書かれる、赤文字の“降車場”。
soramameさん風に言うと“おりばーくん”は
Kassyの大好きポイントです。
理由なんてありません。なんか好きなのです。

最近の、プリントされた銘板では横書きが多くなってきていますが
かつての、行先番号や経由地、終点などを事細かに
しかも一文字一文字を丁寧に書いていた時代では縦書きが主流で、
横書き赤文字というのは、それだけで特別と見ていたのかもしれません。


Qi0831Qi0832

降車場から先は袋小路になっておりまして、
都市高速4号線の真下で転回できるようになっています。


Qi0830

そして線路脇で縦列駐車。
ここに一般車が停まると、かなり目立ちます。


Qi0837

駅の横には交通公園。
飛行機やSL、寝台車が保存されています。


Qi0841

子どもが歩行者として、あるいは自転車運転者として
交通ルールを学べるようにそのコースが敷かれておりまして、
標識、信号機までも本物を揃えております。

数年前、ボロボロだった信号機も
新しいものに更新されたようなので
しばらくは変わることがないとは思いますが、
ゆくゆくはLEDの薄っぺらい信号機になるんですかね。


Qi0838Qi0839

海外のタクシー?
そのあたり、よう分からないので、
Kassyは“昔の自動車”という認識で拝見しました(笑)。


Qi0840

足元を注視しないと気づきそうにありません。
でもみなさんお気をつけください。

« はぴはぴ | トップページ | プレイバックいのち・(12)故郷(ふるさと)へ »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はぴはぴ | トップページ | プレイバックいのち・(12)故郷(ふるさと)へ »