2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« はぴはぴ | トップページ | プレイバックいのち・(16)嵐の青春 »

2018年8月29日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(247)

終点停留所の旅“たそがれ”第214弾です。

今回はF岡県F岡市の
K馬バス停をご紹介します。


Qi0848

夕焼けと呼ぶにはまだ早い。
でもちょっぴり幻想的。


Qi0847

終点停留所の取材は、地図とニラメッコしながら
近隣から訪問していって、なるだけ移動距離が
長くなり過ぎないように考慮しながら進めておりますが、

ここ「K馬」は、島の奥に終点停留所がありますので
どのルートを通っても、遠いのには間違いありません。

「K馬」は字の通り、ある方面の方々にとっては
非常に縁起のいいバス停でありまして
Kassyは、その縁起にあやかっているわけではないのですが
まずは熱射病にならないように水分補給だけはしておきましょう。

毎年、いろんな味を発売して楽しませてくれるコチラの商品。
1年前、2017年9月8日に訪問したとき、
沿線のコンビニで購入したのはさがほのか味でした。


Qi0849

集落に入り込むと、ポツンと立つバス停。


Qi0850Qi0851

バス停の横には古い建物があったように思うのですが
取材時には改築工事が行われていました。

取材時からもう1年が経過しますので、
現在ではすでに建物が建っているものと思われます。


Qi0853

バスの進行方向から考えると、こちらは到着側なので
“降車場”と赤文字で書くのがセオリーだとは思うのですが、


Qi0854

向かい側はガソリンスタンド(跡地)となっていまして、
標柱を立てられるスペースの問題があったのかもしれません。

車の往来はほぼほぼないので、バス停側に立っていても
バスが反対側に到着しても特に問題はなさそうです。


Qi0852

年間通してってことですね。
気をつけたいところ。


Qi0855

道路の白線を見ると、完全な十字交差点ではなく
右カープの途中で左折1、左折2という感じですね。

ココに到着したバスは、左折2より直進します。
……?


Qi0856Qi0857

1分ほど歩いたところに、転回場があります。

« はぴはぴ | トップページ | プレイバックいのち・(16)嵐の青春 »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はぴはぴ | トップページ | プレイバックいのち・(16)嵐の青春 »