« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月31日 (金)

プレイバックいのち・(16)嵐の青春

昭和29(1954)年3月、高原佐智と中川邦之は
終戦直後から密かに温め合って来た愛を実らせて結婚。
愛娘の花嫁姿を無事に見られたと安堵した父・高原正道は
披露宴が終わって帰宅すると、忽然と姿を消しました。

日本酒1本とぐい飲み2つがなくなっていて
それを持ってお気に入りのところに
呑みに出かけたんじゃないの、と村中ハルは笑いますが、
高原未希は不安に感じて、母が眠る墓地に急行します。

父が、いました。
しかしすでに息を引き取っていました。
医師である未希は瞳孔を確認するまでは冷静でしたが、
父の遺体を抱きしめて号泣します。

続きを読む "プレイバックいのち・(16)嵐の青春"

| | コメント (0)

2018年8月29日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(247)

終点停留所の旅“たそがれ”第214弾です。

今回はF岡県F岡市の
K馬バス停をご紹介します。


Qi0848

夕焼けと呼ぶにはまだ早い。
でもちょっぴり幻想的。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(247)"

| | コメント (0)

2018年8月28日 (火)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

soramameさん
松原さつきさん


今日、8月28日は“ヘビーコメンテーター”の
soramameさん & 松原さつきさんの誕生日♪

てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一人お一つずつ。

──────────

soramameさんへ

一つのことを、
一生やり続けられる
確信する日がくる。


(スティーブ・ジョブズさんの言葉より)


松原さつきさんへ

今日も、生涯の一日なり


(福沢諭吉の言葉より)

──────────

お二人ともおめでとうございまーす。

| | コメント (0)

2018年8月27日 (月)

プレイバックいのち・(15)花嫁の父

昭和28(1953)年12月に戻ってきた高原正道の身体は
8年に渡るシベリア抑留の厳しい生活で
再起不能の病魔に蝕まれていました。

一方で、高原佐智は中川邦之からの求婚を断っていて
それが高原未希は自分を責め続け、
仕事上でも処方箋を作り忘れたり
カルテの名前を書き間違えたりとミスが頻発しています。

見かねた村中ハルは、事情を未希から聞き出し
理由も言わずに断るなんて、と厳しい顔です。

佐智は、邦之のことが好きだからこそそばにいたくないのです。

一緒にいるのは邦之が可哀想すぎると言いたいわけです。
邦之のような心根の優しい男性なら、誰とでも結婚できる。
邦之の幸せを祝福できる、佐智はそんな気持ちなのです。
「私はひとりで大丈夫。ひとりがいいの」

続きを読む "プレイバックいのち・(15)花嫁の父"

| | コメント (0)

2018年8月26日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(32)薩長同盟 〜奇跡の密約・火花散らす男たちの心理戦〜

慶応元(1865)年8月、江戸幕府は
兵庫の開港などを迫る諸外国の圧力を受け続けていました。
日本国内の、幕府を倒そうという機運も高まる中、一橋慶喜は
ある企てを果たすためにフランス公使・ロッシュを招いたのです。

軍艦で兵庫に乗り入れてもらいたいというまさかの慶喜の言葉に、
顔を見上げるロッシュとおそばにいるふき。
そこまでしてもらえれば、あとは慶喜に手だてがあるそうです。
「この一橋慶喜に、お任せください」

その慶喜の思惑どおり、イギリス・オランダ・フランスの
連合艦隊が突如として兵庫沖に現れ、
京は異国を恐れる人々で大混乱に陥ります。

明日、慶喜が孝明天皇のところに赴くことが分かりました。
朝廷に兵庫の開港を認めさせる……のではなく
異国の力を利用して天皇を揺さぶり、
長州征伐の勅命を引き出す狙いなのです。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(32)薩長同盟 〜奇跡の密約・火花散らす男たちの心理戦〜"

| | コメント (0)

2018年8月24日 (金)

プレイバックいのち・(14)父と娘(こ)

昭和28(1953)年の暮れ、
故郷・津軽の村で診療所を開いて1年が経ち
高原未希もやっと村人たちから信頼されるようになり
故郷の村で生きていく自信も覚悟もついてきていました。

そんな中、終戦後
消息も定かではなかった父の高原正道が
突然帰ってきました。
ソ連に8年も抑留されての帰国でした。

亡くなった妻の高原千恵の位牌に手を合わせる正道。
終戦の年の秋に胃がんで亡くなって、8年です。
正道は、自分が満州に行っていたせいで
家族にいろいろと辛い思いをさせたことを詫びます。

続きを読む "プレイバックいのち・(14)父と娘(こ)"

| | コメント (0)

2018年8月23日 (木)

vol.252・働き方改革 (前編)

vol.252・働き方改革 (前編)
(パーソナリティ:Kassy)

第252回放送です。

かつての労働環境から今の環境への移り変わりと、
働き方改革によって変わりつつある現在の労働環境をご紹介します。
※公開が遅くなりましたことをおわび申し上げます。

今回のListening Pointは……
正社員


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年8月22日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(246)

終点停留所の旅“たそがれ”第213弾です。

今回はF岡県F岡市の
T見町バス停をご紹介します。


Qi0842Qi0843

夕暮れ。
訪問したときには、1台のバスがお休み中でした。

かつて、もっとバスがやって来ていたときには
ヤル気に満ちた、めちゃめちゃポジティブな……
建物に向かって、いわゆる“前向き”駐車していたと思うのですが
1時間あたり1本の運行本数である現在は、こんな感じ。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(246)"

| | コメント (0)

2018年8月21日 (火)

プレイバックいのち・(13)希望

昭和27(1952)年7月、医師国家試験に合格した高原未希は
母校の坂口一成教授から勧められて
一度は弘前の病院に勤めるつもりにまでなりましたが、

偶然、村で急患のいのちを救ったことがきっかけで
再び未希に、今まで無医村だった故郷の村に
医者として残ることを決意させていました。

しかし、いざ開業するとなると
自宅の改造費や設備費など莫大な金銭が必要となり
今度はそれが未希の悩みの種となります。

空襲で焼け、そのままになっていた東京の土地は
妹・高原佐智のためにとっておいた未希ですが、
佐智の後押しもあり、
東京の村中ハルに相談してみることにします。

続きを読む "プレイバックいのち・(13)希望"

| | コメント (0)

2018年8月19日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(31)龍馬との約束 〜倒幕の切り札は長州!〜

討幕を実現するため、西郷吉之助は
敵対する長州と手を組むことを考え始めていました。
そんな吉之助に、坂本龍馬が会いに来ました。

師匠の勝 安房守は江戸で謹慎しておりまして
龍馬が学んでいた海軍操練所はお取り潰しとなり、
土佐藩を脱藩した龍馬は土佐にも戻れないわけです。
「買うてくれんかよ、このわしを」


「おかえりやったもんせ、旦那さあ」
吉之助にとって、糸と結婚して初めての帰郷です。
しかし身一つの帰郷ではなく、
行く当てのない龍馬を連れての帰郷であります。

せっかく龍馬が来ているのに、二人で雨漏りの修理です。
吉之助は、我が家の雨漏り修理もですが
日本の雨漏りも何とかしなければならないと考えます。

一方で龍馬は、こんな日本から飛び出して
世界を相手に商売をしたいと考えているようです。
船を使って、食べ物、銃、大砲、軍艦……。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(31)龍馬との約束 〜倒幕の切り札は長州!〜"

| | コメント (0)

2018年8月17日 (金)

プレイバックいのち・(12)故郷(ふるさと)へ

昭和26(1951)年の春、
高原未希は女子医専5年の課程を修了し
波乱の青春期を過ごした東京に別れを告げて
故郷の津軽へ帰ってきました。

ともかく、未希が女子医専を無事に卒業できたのも
農地改革を乗り越えられたのも、すべては
工藤清吉と工藤イネが支えてくれたからに他なりません。
心をこめて頭を下げる未希です。

とはいえ、このまま医師になれるわけではなく
医師としてより多くの経験を積むべく
インターン生として弘前の大学病院に1年間通うため、
弘前の中川邦之の家で下宿させてもらうことになっていて
しばらくはまた家を不在にすることになります。

続きを読む "プレイバックいのち・(12)故郷(ふるさと)へ"

| | コメント (0)

2018年8月16日 (木)

バス停について本気出して考えてみた(245)

終点停留所の旅“たそがれ”第212弾です。

今回はF岡県F岡市の
K塚駅バス停をご紹介します。


Qi0836

K塚駅。

F岡市交通局(市営地下鉄)H崎線と
西N本鉄道K塚線の接続駅です。

地下鉄という、普段は地面の下を行き来する電車が
外の空気に触れられる駅、ということで
その雰囲気は、M浜駅とともにKassyはお気に入りです。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(245)"

| | コメント (0)

2018年8月15日 (水)

はぴはぴ

Happy Happy Birthday !!

ちょんびんさん


今日、8月15日は
ヘビーコメンテーターのちょんびんさんの誕生日♪

てなわけで、Kassyから
奇跡の言葉をお一つ。

──────────

私は失敗したことがない。
ただ、1万通りの上手くいかない方法
見つけただけだ。


(トーマス・エジソンの言葉より)

──────────

おめでとうございまーす。

| | コメント (0)

2018年8月14日 (火)

プレイバックいのち・(11)卒業

昭和25(1950)年3月、浜村直彦は大学医学部を卒業し
インターン研修も兼ねて1年間弘前の大学病院に移り、
それに合わせて高原未希と村中ハルは津軽に戻りましたが、
ふるさとの村は不景気のあおりを受けて
自殺者まで出る騒ぎになっていました。

戦後、りんご景気に沸いていたのが
昭和24(1949)年にとられたインフレ抑制策で購買力が落ち、
りんごの値が暴落して仲買人が相次いで倒産。
代金後払いで仲買人に売り渡していたりんご農家は
その代金がもらえなくなってしまったわけです。

工藤清吉も例外ではなく、その清吉の援助がなければ
とても女子医専になど通えない未希は
大きな痛手となっていました。

続きを読む "プレイバックいのち・(11)卒業"

| | コメント (0)

2018年8月12日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(30)怪人 岩倉具視 〜ヤモリと呼ばれた没落公家の傷心〜

西郷吉之助は、朝廷と一橋慶喜を切り離すべく
京の公家・近衛家の力を借りようとしたのですが、
当の孝明天皇が慶喜に頼り切っておりまして
一筋縄ではいかなさそうです。

とはいえ、このままでは日本は慶喜の思うがままになってしまう。
それを危惧する吉之助は、なお近衛の力を求めますが、
公家たちは、大老井伊直弼の時代に辛酸を舐めているので
あまり本腰を入れて吉之助を助けようとはしません。

そして、その時流によって押し込められた
公家・岩倉具視からの書状を見つめる吉之助です。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(30)怪人 岩倉具視 〜ヤモリと呼ばれた没落公家の傷心〜"

| | コメント (0)

2018年8月10日 (金)

プレイバックいのち・(10)ひとすじの道

昭和23(1948)年 春、中川邦之が旧制高等学校を卒業し
この年に新設された弘前医科大学の1期生として合格。

終戦の帰郷列車に乗り合わせた、高原未希・佐智姉妹、
村中ハル、邦之、浜村直彦の若者5人は
終戦後3年を経て、敗戦の痛みから立ち上がり
自分の道を見つけてたくましく歩き始めていました。

邦之の合格祝いをしようと呼びかけ、5人が高倉家に集まり
工藤清吉・イネ夫婦も準備に大忙し。
そして邦之は、実家のお酒をお祝い用に持ってきています。
自分のお祝いなんですけどね(笑)。

そしてスペシャルゲストとして、
東京から坂口一成も駆けつけてくれました。
弘前に陸軍病院があったとき、坂口が下宿していたのが
邦之の実家・中川酒造だったんですね。

坂口は、アメリカへ2年間
テスト生という名目で医学留学に行くことになり
そのお祝いも兼ねることになりました。

続きを読む "プレイバックいのち・(10)ひとすじの道"

| | コメント (0)

2018年8月 9日 (木)

vol.251・Kassyの取扱説明書 (後編)

vol.251・Kassyの取扱説明書 (後編)
(パーソナリティ:Kassy)

第251回放送です。

Kassyの前世は? どんな仕事が向く? 病気が送るメッセージとは?
先日占っていただいたオイラの全てを、今ここに大公開!
※公開が遅くなりましたことをおわび申し上げます。

今回のListening Pointは……
仕事運


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年8月 8日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(244)

終点停留所の旅“たそがれ”第211弾です。

今回はF岡県F岡市の
YめタウンH多バス停をご紹介します。


Qi0827

YめタウンH多。

コチラには、前職を退職したときにお世話になったお礼で
お茶菓子を大量に買うために立ち寄り、
転職活動中、面接会場がコチラだったので赴き、
あと1回ぐらいは飲食で利用したかもしれませんが、

片手で足りるぐらいの回数しか足を踏み入れておりません。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(244)"

| | コメント (0)

2018年8月 7日 (火)

プレイバックいのち・(09)若者たち

昭和22(1947)年7月22日、高原未希は
女子医専に入って2度目の夏を迎えていました。

青森に帰郷した未希は、妹・高原佐智のことで
三男・中川邦之にいろいろと世話になっている
弘前の中川酒造に挨拶に出向きます。

邦之は弘前ねぶたの絵を描いていました。
戦後ようやくねぶたを再開することになり
その華ともなる絵の製作に熱中しているらしいのです。

続きを読む "プレイバックいのち・(09)若者たち"

| | コメント (0)

2018年8月 5日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(29)三度目の結婚 〜国を動かす男の妻〜

徳川慶喜に長州征伐を一任された西郷吉之助は
長州藩内に、謝罪止むなしの動きがあることをくみ取って
力づくで戦をするのではなく、話し合いによって
長州藩を征伐する手法を摂り、実行します。

しかし慶喜は、それは幕府への裏切り行為だと大激怒。
吉之助と慶喜は仲違いをし決別、薩摩に帰ることにします。
薩摩では、吉之助の活躍ぶりを聞いた藩の役人たちが
こぞって頭を下げ、吉之助を出迎えます。

その中には、農民から賄賂をもらってのうのうと生きていた
井之上までおりまして、吉之助は過去のことには触れず
下手に出て挨拶しています。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(29)三度目の結婚 〜国を動かす男の妻〜"

| | コメント (0)

2018年8月 3日 (金)

プレイバックいのち・(08)姉妹(あねいもうと)

昭和22(1947)年3月、高原家は不在地主と認定され
財産税として物納した残りの農地も結局国に買い上げられ
現在交錯している小作たちに払い下げられることになりました。

少しでも残るなら、という高原未希の願いは叶わず
高原家を預かってきた工藤清吉は、
責任を感じて自殺まで思い詰めていました。

やがて津軽にも春が訪れますが、
未希には厳しい季節が続いていました。

続きを読む "プレイバックいのち・(08)姉妹(あねいもうと)"

| | コメント (0)

2018年8月 1日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(243)

終点停留所の旅“たそがれ”第210弾です。

今回はF岡県F岡市の
F浜バス停をご紹介します。


Qi0825Qi0824

バスの井戸端会議?

決して広いとは言えない転回場で
バス4〜5台が集まっていました。

続きを読む "バス停について本気出して考えてみた(243)"

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »