2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« プレイバックいのち・(23)愛あればこそ | トップページ | プレイバックいのち・(24)結婚式 »

2018年9月26日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(251)

終点停留所の旅“たそがれ”第218弾です。

今回はF岡県O垣町の
H津バス停をご紹介します。


Rg2747Rg2749

青い空が特徴的です。

目の前に海、そして船があると
ハンパないほどの漁港感が感じられて、
なんかいいですね。

Rg2748Rg2752

H津。

soramameさん風にお伝えすると
今でこそH津は“狭義の終点”ですが、
かつてはK崎車庫方面へつながっていました。

ココに訪れたのは今年の7月27日。
というわけでお盆ダイヤの案内が出されていますね。


Rg2751

こういうものも、漁港感をあげるアイテムです。
(と言いつつ、何のための施設かは存じませんがw)
(漁に使う道具や荷物を置いておくのでしょうか)


Rg2750

ちょうど、目の前をバスが通っていったので
景色に絡めて撮っちゃおう! としていたら、
スマホで準備に手間取り、アタフタしている間に
あんなに遠くにバスが行ってしまいました。


Rg2743Rg2744

バスが左に曲がったところには、転回場があります。

転回場は比較的オープンになっているところが多い中で
周囲を木が囲み、見られない状態になっているのは
あまりないような気がします。

Kassyが小さい頃の、最寄りの狭義の終点だった
F農前も、木と小山で取り囲まれておりましたがw


Rg2745

路面はひび割れています。
その破片をタイヤが跳ね上げて、
さらにひび割れが進むという悪循環です。


Rg2746

待機場(転回場)から見る、海。

青空と海が並ぶと、とても綺麗です。

« プレイバックいのち・(23)愛あればこそ | トップページ | プレイバックいのち・(24)結婚式 »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレイバックいのち・(23)愛あればこそ | トップページ | プレイバックいのち・(24)結婚式 »