2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(03)冒険世界 | トップページ | vol.263・濃縮版? 短縮版? »

2019年1月23日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(267-1)

終点停留所の旅“たそがれ”第234弾です。

今回はF岡県F岡市の
N鉄バスのAイランドパークバス停をご紹介します。(前編)


Rk0134

コチラはおなじみ、N鉄バスの「A宕浜営業所」。

コチラも確かに「狭義の終点(soramameさん的表現)」なので
せっかくなら紹介しておいてもよさそうな気もするのですが、

このコーナーを始める際、大前提として
『狭義の終点が営業所』『狭義の終点が別交通機関の乗換地点』
となる場合はコーナーでは紹介しない、ということにしておりまして、
今回もそのルールに則り、スルーしておきたいと思います。


Rk0135

営業所の前に立っている終点停留所は「N古渡船場」。
ゆえに、先ほどの画像の、営業所の敷地内にある出発停留所名も
営業所内にありながら「N古渡船場」です。


Rk0144Rk0143

その真ん前にあるのが、M浜旅客ターミナル。
N古島(とO呂島)に渡る出発点です。


Rk0136Rk0138

30〜60分間隔で運航、片道10分のお手軽船旅です。

出港案内板、前はパタパタだったので
変わってしまって非常に味気なくなりました……。
残念。。

それにしても小呂島まで、行く用事も義理もないのだけれど
65分の船旅は……先日のM像O島に渡ったときの
大波による横揺れを経験しちゃうと、ちょっと御免蒙りたいw
往路も復路も、快晴・無風ならいいけれど。


Rk0139Rk0140

歴史のない土地はない。
ここM浜地区にも、深い歴史はあるのです、ハイ。


Rk0142

さ、後編ではいよいよN古島に上陸!
島の北側にある“Nこのしま Aイランドパーク”にお邪魔します。


Rk0141

そしてその次の回で、反対側の終点停留所「Rの宮」へ。
どうぞお楽しみにー。

« 大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(03)冒険世界 | トップページ | vol.263・濃縮版? 短縮版? »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(03)冒険世界 | トップページ | vol.263・濃縮版? 短縮版? »