2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« 大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(10)真夏の夜の夢 〜日本スポーツ海外初挑戦〜 | トップページ | 連続テレビ小説おしん・青春篇(61)〜(66) »

2019年3月13日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(272)

終点停留所の旅“たそがれ”第239弾です。

 

今回はF岡県U美町の
N鉄バスの四O寺入口バス停をご紹介します。

 

 

Sb2511

 

D宰府への抜け道? となる山道をひたすら奥に進むと
左手に駐車場らしきものが見えてきました。

Sb2512

 

現在は、豪雨の影響で土砂崩れが発生しており
通行は出来なくなっているみたいですね。

 

あれは確か10年前だったでしょうか、F岡に“ゲリラ豪雨”なる
土砂降り×土砂降りの集中的豪雨が降ったときがありまして、
F岡空港滑走路の東側道路が冠水、
交通マヒが発生する事態になったことがありました。

 

当時勤めていた会社から自宅への通勤ルートであったワタクシ
見事にその交通マヒにひっかかることになりまして、
K屋町の会社を19時に出たのに、22時を過ぎても
H満尾バス停あたりを通過中、といったところ。
(真横にはまだ滑走路)

 

いつもなら、会社を17時半までには上がって
19時には自宅にたどり着いているはずのワタクシが
建設会社の会議に参加した関係で帰社したのが19時で
通常よりも遅く帰り着くのはともかくとして、

 

22時を過ぎてもなお帰宅途中という状況だったので
とりあえず自宅に電話連絡したのですが、
父親から、U美からD宰府を峠越えしてこい、と言った
ルートがこちらのコースでした。

 

まぁ、当時はKassy、俥の免許を取ったばかりでして
道もさほどは知らなかったので、この道も知るはずもなく
父親のルート説明はチンプンカンプンで通らなかったのですが、
今にして思えば、父親には悪いですが通らなくて正解だったなと思いますw

 

 

Sb2513

 

駐車場として整地・舗装したときには
おそらくこのでっかい岩はあったのでしょうね。

 

もともとあったのか、それとも落ちて来たのか。
ナゾです。

 

 

Sb2515

 

駐車場の横に、しっかり主張しています。

 

 

Sb2514

 

路面に何か書いてます。

 

 

Sb2518

 

「福祉巡回バス 転回広場」
真っ正面に来ないと分かりませんねw

 

 

Sb2516Sb2517

 

工事中で現在は行けませんですが、
砂防ダム? の方につながっているみたいです。

 

バス停以外には、何もない場所です。

« 大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(10)真夏の夜の夢 〜日本スポーツ海外初挑戦〜 | トップページ | 連続テレビ小説おしん・青春篇(61)〜(66) »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(10)真夏の夜の夢 〜日本スポーツ海外初挑戦〜 | トップページ | 連続テレビ小説おしん・青春篇(61)〜(66) »