« 大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(13)復活 ~国境越えた友情! 青春編が今夜完結~ | トップページ | vol.268・サイコロの旅 (後編) »

2019年4月 3日 (水)

バス停について本気出して考えてみた(275)

終点停留所の旅“たそがれ”第242弾です。

 

今回はF岡県O野城市の
旧N鉄バスのO野城総合公園バス停をご紹介します。

 

 

Dsc_0068

「バス専用」の標識がいい味を出していますね。

そう、ここがバス待機場所と考えられています。

 

Dsc_0069

1枚目の出口。

 

 

Dsc_0070

すると、そこが総合公園の建物の目の前。

 

 

Dsc_0071

待機していたバスがニョキッと顔を出すと、

 

 

Dsc_0072

おそらくはこのグラウンド横あたりでお客さんを乗せていた

……のかもしれません。

 

平成時代の初めころでも、ダイヤはかなり少なく

利用者は限定的だったと思われます。

|

« 大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(13)復活 ~国境越えた友情! 青春編が今夜完結~ | トップページ | vol.268・サイコロの旅 (後編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(13)復活 ~国境越えた友情! 青春編が今夜完結~ | トップページ | vol.268・サイコロの旅 (後編) »