« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月31日 (木)

vol.283・先輩がうざい後輩の話

vol.283・先輩がうざい後輩の話 (パーソナリティ:Kassy)


 


第283回放送です。


Kassyが大好きなマンガ「先輩がうざい後輩の話」より
実際にうざい先輩に遭遇した後輩の話を
ツイッターから拾ってみました。


 


今回のListening Pointは……


入試会場


 


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2019年10月27日 (日)

大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(40)バック・トゥ・ザ・フューチャー ~最終章スタート! いよいよ1964!へ~

古今亭志ん生が無事、退院となりました。
ただし、病院内で酒を飲ませていたことがばれた
小りんは、銭座に降格してしまいましたが(笑)。

 

昭和34(1959)年、東京は、オリンピック招致が
決まるかどうかの瀬戸際を迎えていました。
嘉納治五郎の主治医であった東 龍太郎が東京都知事に就任し、
その期待が大きく寄せられていました。

まーちゃんこと田畑政治は、
きたるIOC総会に向けて万全を期していましたが、
問題が起こっていました。
総会で演説する予定であった外交官の北原秀雄が
運動会でアキレス腱断裂の重傷!

アキレス腱を切っている人間がオリンピックをやりたいといっても
どうも説得力がなく格好がつかない。
というわけで、白羽の矢が立ったのが、平沢和重だったのです。

外交官を経て、NHKの解説委員となった平沢は
「もはや戦後ではない」この時期にオリンピックを開催しては
日本は世界に恥をさらしかねない、と
オリンピック反対の立場でした。

対アメリカ問題、スポーツ教育の遅れ、人材不足、
交通や宿泊施設の不備、開催国の選手としての実力不足、
平沢は、治五郎が目指したスポーツの祭典としても時期尚早だし
お金がかかるオリンピックは不要だと主張しているのです。

続きを読む "大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(40)バック・トゥ・ザ・フューチャー ~最終章スタート! いよいよ1964!へ~"

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

意外に難しい

本日、ある企業の(私的)ファンミーティングが行われたのですが、
「マニアさんとしての視点での要望を」というテーマで
討論?が行われました。


とはいえ、“マニアさんとしての視点”で見た
企業への要望と一口に言っても、
足を踏み外せば、一般利用者としての要望になりがちで
意外に難しいものです。


実現可能性としては非常に難しいかもしれませんが
ひとつでもふたつでも、採用されるといいなぁ。

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

連続テレビ小説おしん・再起篇(244)~(249)

おしんは、仁の道子との結婚には大反対です。
どうしても一緒になるというのなら、
田倉家を出て行って、好きなところで暮らせと伝えます。
当然、道子の両親と会っても、お断りするつもりです。

希望は、仁と百合の関係を初めて知り、ショックを受けます。
と同時にどうしてそうなったのか仁を攻め立てます。

仁は、百合の自分への気持ちをもてあそんだことは悪いと思っていますが、
道子と結婚して田倉商店を大きくする資金を得られるのなら、
それが田倉商店にとっていいことであると、考えています。

つまり、仁と百合、仁と道子の結婚話は
そのまま、田倉商店の維持、田倉商店の拡大という話につながるようです。

続きを読む "連続テレビ小説おしん・再起篇(244)~(249)"

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

ほんの少しだけ毒を。

まずはソフトバンクホークス日本一、おめでとうございます。


福岡にやってきたころは弱小すぎて、
自分たちの球団と言われてもピーンときませんでしたが、
それが今や、すっかり常勝球団に成長し、
日本に誇れる野球球団であると言っても過言ではないでしょう。


それはひとえに! 野球を観戦しにドームに行けば
高確率で敗北するという曰くつきのKassyが
ドームに行かなかったおかげではなかろうかと!
秘かに胸を張っているのでありますが、いかがでしょうかみなさん!?



こんなことを言うと、石投げられますね(笑)。


| | コメント (0)

2019年10月23日 (水)

「やっとで通った」(後)

(前編より)…ところが、である。
その記事にひとつ気になる部分があった。


「バス路線の一部(つつじヶ丘入口付近)が工事中であり
市道に認定されていないため、発車を見合わせているところ」
「4月の発車が若干遅れることも考えられます」


その文言に一抹の不安を抱えながら、
4月1日号の広報誌を見てみても、どこにもそれらしい記事もなく。
結局、開通したのかしなかったのかわからないまま読み進めると、

続きを読む "「やっとで通った」(後)"

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

狂う予定

自分が立てた計画なんて
外部の事情で狂わされることなんてザラで
計画があってもなくても似たような結末になりますが、


今日は国民の祝日ということをすっかり失念していまして
昼からインターネットカフェにこもって
作業しようと思っていたところに、
まさかの駐車場満車! 空き座席なし!


近隣店舗を検索してみても、
状況としてはほぼ同じで
時間が経つにつれ、逆に客数が増えて行っているような印象。


こんな日もありますさ。
しかたない。

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

増税のしわ寄せ

ほぼ毎週月曜日は心療内科に通院する日でして
かつて記事に投稿した通り、病院横の薬局ではなく
病院から離れた、駅前にある薬局でお薬をいただいているのですが、

薬局となりにある駅前のコインパーキング、時間帯の区別なく
30分100円で、日をまたぐまで最大料金が500円という
周辺の駐車場よりは格安のところに停めております。

6台しかないスペースなので、
よく満車になっていることも多いのですが、
利用できるときはホントに助かっています。

消費税が8パーセントから10パーセントに上がったことで
価格設定がどのように変わるか注視していたのですが、
30分100円は変わらず、
日をまたぐまでの最大料金が600円になっていました。

100円もアップ?? とは思いますが、
まぁ3時間以上も駐車することもなかろうし、
今の自分の環境では、今まで通り100円の利用で済みそうです。

 

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

行事詰め

こう行事が詰まっていると
何がどこで行われるか、ちんぷんかんぷん。


そのすべてに出席するつもりはなくても
「あぁ、それ今日だったの!」と後になって気づくこともざら。


スケジュール帳なんてつけるこまめさも
残念ながら持ち合わせていないので
それはそれで自業自得なのですが。


今のところ、人と会う約束をすっぽかしたことはないので
まぁ、よしとしましょう。


(すっぽかされたことは何度かあるんですけどね ボソッ)



あ! 今日は大河ドラマお休みの日か! 忘れてた!

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

小学校百景

東に教師が教師をいじめる小学校あれば
西に風通しのいいすばらしい関係の小学校あり──。

 

あるアプリがきっかけで知り合った県内の小学生の誘いに応じて
その小学生が通う小学校のバザーに顔を出しました。

本当は、6月に行われた運動会のお誘いも受けて赴いたのですが
その小学生は児童会長でドタバタ忙しいし、
Kassyはどの子なのか全く知らないので、
お互いにすれ違って会えなかったのです。

その小学校は比較的、地域開放型の学校で、
学校行事でも誰でも入ってきていいですよ! というところ。
通常なら、しおりを持った保護者のみゲートを通過させるなどの
警備体制も、この学校では全くありません。

グラウンドにテントが立ち並び、小学校1年生(の保護者の方々)のブース、
2年生、3年生と続き5年生まで、
そして地域にあるお店さんも出店されておられました。
メニューは…けっこう似たり寄ったり(笑)。

そして6年生(の保護者の方々)は、体育館で物販を担当していました。
アクセサリーやバッグ、洋服までいろいろです。

12:15開始というので、12:30ごろに校内に入ったのですが、
もうすでに学生さん、保護者の方々でごった返しています。
さあー、この中から探し出して会うことはできるのでしょうか。

続きを読む "小学校百景"

| | コメント (0)

2019年10月18日 (金)

連続テレビ小説おしん・再起篇(238)~(243)

昭和26(1951)年、
長男・雄の戦友であった川村が不慮の死を遂げ、
生前、川村に譲ってもらった土地は、いずれ
おしんや仁の新天地への足掛かりとなります。

4年の歳月が過ぎ、昭和30(1955)年。
おしんの跡を継いだ仁を中心に盛り立てていっていますが、
川村が譲ってくれた駅前一等地の土地に出店したいと
仁には野望がありました。

おしんは、わざわざ店の規模を広げて失敗するよりは
今のままでいいと思っていますが、
せっかく好景気に沸いているのに
手を広げないとはもったいない、というのです。

雄の命日に久々に帰ってきた希望は、
師匠のところに弟子入りをして5年が経ちましたが
今のところ引導を渡されてはいないので
案外筋がいいのかもしれません。

末の妹・禎は名古屋の女子大に進学して家を出て
入れ替わりに奉公として百合が田倉家にやってきました。
母親が亡くなって父親が再婚したために邪魔者扱いされて
家を出て奉公に上がってきた娘です。

けなげな百合を見ていると、おしんも初子も
自分が奉公に上がったばかりの頃を思い出し
かわいがっています。

続きを読む "連続テレビ小説おしん・再起篇(238)~(243)"

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

vol.282・落ち穂ひろい

vol.282・落ち穂ひろい (パーソナリティ:Kassy)


 


第282回放送です。


ネタに困った困ったとつぶやきながら、なんともない時に
あ、これネタになる! と拾い続けてきた残骸です。
今となっては「なぜ保存した?」ものばかり。


 


今回のListening Pointは……


おっぱい


 


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

「やっとで通った」(前)

いつのころだったか、長姉(7歳上)の
小学校の卒業アルバムを目にする機会があった。


そこに、担任の先生を揶揄した生徒か、あるいは先生自身の自虐か
「あれだけ誘致活動をしたのにバスは来ず」
という意味合いの文言があり、
なんとなく気になりながらもそのまま放置していた。


それから数十年の年月を経て、令和元(2019)年。


ひょんなことで、地元を走るバス路線の
歴史について調べるチャンスを得た。

続きを読む "「やっとで通った」(前)"

| | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

エアースポット

最近、調子がいい。
朝も実に爽快!


なーんて余裕ぶっこいたころに現れる
エアースポット。


乱気流とまではいきませんが、
気分的にズーンと落ち込んでしまう。


先週の木曜日、それとなく復帰を迫られたことが
今頃になって脳内をぐるぐるしだしたか?

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

歳だ…

昨日あったイベントで、
6時間ほど無理な体勢を取り続けた結果、
今日は腰といいひざといい、
あちこちが悲鳴を上げとります。 


歳…いや、体重だな、きっと。 

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(39)懐かしの満州 ~~

古今亭志ん生がかつて
満州に行ったことがある、という話になりました。

あれは戦争が終わる3ヶ月前、
志ん生と圓生のふたりに、慰問として
1ヶ月間の予定で行くことになったのです。

5月、最初についたのは大連という都市でした。
戦時中だというのに空襲もなく、
みんなのんびり過ごしている大連で
志ん生と圓生は2ヶ月も過ごしていたのです。

そこにやってきたのが、
五りんの父・小松 勝でした。
勝は、演芸場の前で売っていた絵葉書を買うと、
志ん生を訪ねて演芸場の中に入っていきます。

勝は、志ん生の噺が聞きづらいと指摘し、
走るときの呼吸法まで教えてくれるのですが
志ん生には志ん生のやり方があるもんで、
「表へ出ろ!」と追い出してしまいます。

続きを読む "大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(39)懐かしの満州 ~~"

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

裏腹に

先日会社に書類を提出しに行ったとき、
事務員さんが言いました。
「そろそろ…帰ってこないの」 


確かに長めにお休みをいただいておりますゆえに
事務員さんでなくても、ウチの会社のスタッフは
だれしも思っていることなんだろうと思います。
「休みすぎじゃね!?」 


それは自分でもよく思います。休ませてもらっていると思います。
ただ、そろそろ戻ってこい、と言われると
戻れるかな、やっていけるのかな、という
不安に陥ってしまうというのも正直なところ。


そこで、よく見る夢が、書類を提出しにたまたま行った会社で
「あ、よかったらちょっとだけ手伝ってくれない?」というのが
いつのまにか「やっとで復帰したよ~!!」という流れに
持っていかれることなのです。


自分の気持ちとは裏腹に、復帰されられている。
いま、自分が最も恐れるストーリーなのです。 

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

連続テレビ小説おしん・再起篇(232)~(237)

昭和25(1950)年夏、
終戦から5年が過ぎた日本はようやく戦後の混乱も落ち着き、
経済成長の時代を迎えようとしていました。

仁はいろいろ計算してみて、魚屋と八百屋だけでは
4人が食べていけないと算出するのですが、おしんはそう思っていませんで、
魚屋と八百屋で充分だと考えています。
その日その日の必要なものを確かに販売していける、
堅実な方法だと信じて疑わないわけです。

実は仁は、予科練時代のつてで東京の百貨店で働きたいと考えているのです。
おしんは、ただこき使われるだけだと反対しますが、
仁は、こんなみみっちい商売をするぐらいなら
出ていったほうがましだ、と決意します。

 

続きを読む "連続テレビ小説おしん・再起篇(232)~(237)"

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

選定中

知り合いのお子さんにお祝い事が多くなる年頃になりました。
小学校卒業、高校受験合格、就職祝い、などなど。
やはりそのパパさんママさんはKassyのお友だち、知り合いということになりますので
恥をかかない程度の、ちょっと奮発したものを贈ろうと思っています。

ただ、直接的にそのお子さんとかかわりのない場合、
プレゼントはありきたりなものになりがち。
小学校卒業や高校受験合格の場合だと、文房具に偏りがちだし、
就職祝いなら、ネクタイ、名刺入れといったものでしょうか。 

今回の場合は就職祝い。となると名刺入れの類になるのですが
1,000円の名刺入れも5,000円の名刺入れも、オイラには
あまり見分けがつかないので(←あくどい)
どうせなら価値が分かってもらえるもののほうが(笑)。 

まず文具屋さんに赴いてみますが、目につくのは高級そうなペン。
でもこういうペンって高級そうにみえるだけで
替え芯とか充実していないと、結局使い捨てになっちゃうんだよなぁ。 

紳士服店で見てみても、名刺入れとかハンカチぐらい。
ネクタイはその人の好みってものがありますし、
見た目に似合う似合わないというものもありますね。 

 

結局、電器店に入って、モバイルバッテリーを買いました。
1台で5台分のスマホを、1台で1台分のタブレットを
充電できるという高性能もの。 

まぁそんな充電し忘れるなんてことはないとは思うのですが、
仕事が忙しすぎて、営業先との電話のし過ぎで充電が減ってたり
帰ってからバタンキューでつい充電し忘れたり
1週間単位で出張に行くなど、役立つことはあるでしょう。
 

喜んでもらえるとうれしいですね。 

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

ピッチタイマー

一日中寝てます。


これは薬の影響です。
眠たくなる薬と、
気持ちを落ち着かせる薬を服用しておりますと
ちょっとの時間でも眠たくなります。


今はのび太くんよろしく、
横になって3秒後に寝ているといっても過言ではありません。
椅子に座っていても、すぐに舟をこぎます。


長時間眠っていて、果たしてしっかり寝ているかといえば
それはそれでまた別問題でありまして、
睡眠の度合いで計ったとすれば、
ほぼほぼ眠れていないに等しいわけです。


2時間おきにトイレに立ちます。
それが、例えば3時間後に起きたとなったら
あぁ、少しは眠ったかな、と感想を持つ程度。
異常ですよね。


前みたいに、8時間ぐっすり眠りたい…。


| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

完成のち不具合発生

8月から進めてまいりました「Kassy号バス化計画」ですが
ようやく終盤!


いよいよこれを付ければ完成! というところで、
スマホホルダーが脱落するという事故が発生。


ああ、あちらをつければこちらが外れ、完成はまた延期…。


もうちょっと時間をかけて、ホルダーを選ぶべきか。
とほほ。

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

違い

毎週通っている心療内科の指定薬局の薬剤師さん方とそりが合わず
同じ薬剤を揃えている別の薬局に移ってしばらく経過しますが、
今考えても、変えてよかったなぁと思うことばかりです。


前は、現状の説明を求められても
「責められている」「怒られている」と感じることばかりで
どちらかというと、心療内科での診察以上に
気が重く、行きたくないというストレスが発生していましたが、


今は、責めるような口調ではなく、ソフトだし
のんびりしているので、こちらもそんな気分になれます。
患者さんも自分以外にひとりいれば多いほうで
口調一つでこんなにも変わるもんだと勉強になります。


車で10分ほど走らねばならないので、
そのあたりは大変ですが、
たとえ徒歩圏内でも、薬局を出た時の気分の落ち込みを考えれば
まったく苦ではありません。


薬局で苦しめられたのは初めての経験ですが、
意外にもみなさん感じることは多かったみたいで
病院の真横の薬局でなくてはならないのよ! などと
いう必要はないのだと、いろんな人に伝えていきたいですね。


| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(38)長いお別れ ~~

昭和36(1961)年12月、
落語家の古今亭志ん生が脳出血で倒れ、病院へ搬送されました。

読売巨人軍の祝勝会の余興で落語を披露する予定だった志ん生は、
壇上に上がってすぐ、急に倒れたそうです。

左の脳の血管が切れたらしく、最悪の事態では言葉が話せなくなり
大好きなお酒も飲めなくなってしまうかもしれません。

 

1938(昭和13)年、嘉納治五郎という大黒柱を失った日本スポーツ界。
港に到着した棺は、そのまま霊きゅう車に乗せられて
火葬場へ向かいます。

「オリンピックはやる。必ず」
訃報を聞いて飛んで駆けつけてきた金栗四三は
それを見送りながら固く決心します。

続きを読む "大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(38)長いお別れ ~~"

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

お元気ですか

あなたもよく知っている、
熊本のしゅんさんに久々に会いに行きました。

ブログを始めるきっかけとなったカミチィさんと
ちょっとした小旅行?を楽しみながら、
Kassy号で行ってきました。

ブログを始めて12年、初期のころからのお友だちで
「ヤッテキ!!『お不快?』」にも出演してくれたよね。
しゅんさんが結婚なさったときには、
大泣きして喜んでましたね。

10年ぐらいぶり…だったけど、とても元気そうでした。

続きを読む "お元気ですか"

| | コメント (1)

2019年10月 4日 (金)

連続テレビ小説おしん・再起篇(226)~(231)

【再起篇】

4年後・昭和25(1950)年。
魚を届けるためのオート三輪に乗る
練習をするおしんは50歳を迎えていました。

この4年で働きに働いて、ようやく田倉商店という店を
出すまでに漕ぎつけたところでした。

仁は大学を諦め、田倉商店を手伝い、
絵が上手な希望は、店の中から吊り下げる商品札を描いています。
中学を卒業する禎は、高校に進学せずに店を働くと言ってくれていますが、
おしんは、どうしても禎には大学に通わせたいと考えています。

ひさの家から田倉商店に引っ越しをします。
ひさの家を出る前に、浩太にも挨拶を済ませておきたいおしんです。
おしん一家が今から暮らすことになる田倉商店の物件を
安く紹介してくれたのが浩太だったのです。

ただ、多感な時期を迎えた息子、娘たちがいる手前、
父親以外に初恋の相手だった男性の世話になったなどと知れたら
母親がどう思われるか分かりませんので、
表向きはひさが斡旋したということにしています。

たとたん、卸屋が商品を引き上げていったのだそうです。唖然とするおしんでした。

続きを読む "連続テレビ小説おしん・再起篇(226)~(231)"

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

vol.281・正直者はバカを見る?

vol.281・正直者はバカを見る? (パーソナリティ:Kassy)


 


第281回放送です。


8%から10%へ増税スタートです。
1,080円が1,100円へ20円アップして、気になる人、気にならない人さまざまです。
まずは軽減税率困ったちゃんからどうぞ。


 


今回のListening Pointは……


自己申告


 


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2019年10月 2日 (水)

イートインスペース

「店内飲食10%」「持ち帰り8%」という
わけわからない税率になってはや2日。
新聞報道でも、多少の混乱が見られた『軽減税率』ですが、
Kassyは、考えるだけの時間と労力がもったいないので
言われるままに支払おうと考えております。


コンビニのイートインスペースは
私自身、画期的サービスだと考えていただけに、
10%支払うのが嫌だからと廃れてしまうのももったいなく、
かといって8%で買ったものをいただくのもどうかと思っています。


税が上がる前の9月までは、
何回かちょくちょく利用させてもらいましたが、
10月に入ってからは今のところ一度も利用しておりません。


『コンビニ遠足』という、イートインスペース完備の
コンビニエンスストアを目的地として
長距離を歩ききり、そこで買ったものを店内でいただき、
引き返して帰っていくという企画も考えたんだけどなぁ。


イートインスペースでご飯をいただいておりますと、
いろんな風景に出会えてちと楽しいのです。
ごくまれに、喫煙のために立ちふさがり
お昼ご飯の間、おっさんの背中を見て過ごすこともありますが、
こちらはエアコンが効いた店内、イライラすることなく
背中を見て過ごすのも苦じゃないです。


今のところ、どちらのコンビニのイートインスペースにも
利用する場合はお会計時に申告してくださいという
ポスターが掲出されているので、
それに従うよりほかに道はないのですが、


もし利用する必要性が出てきたときには、堂々と
10%分支払っていますよ! というでかい顔をして
むしゃむしゃご飯を食ってやろうと考えております。www


| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

Kassy、新聞一面に載る

はい、ごめんなさい。
正確に言えば「載った」です。

でも、新聞一面に載ったのはホントの話。
それはいつかといいますと、
2004(平成16)年4月1日。

当時は消費税5%で落ち着いていたのですが、
それまで「内税表記」「外税表記」と
店舗ごとにバラバラであった価格表示について、
分かりやすい内税表記一本化となり、スタートした日が、その日です。

Kassyは当時、F岡市中心部のB電器店に派遣されていて、
その価格の貼り替え作業を、営業終了後に行っていたところ
新聞社の方が取材に訪れて、
その作業の様子をKassyとともに撮ってった、というお話です。

記事は、単に内税表記統一というだけで、
税率が変わったわけではないので、
そこまで大きく取り上げられたわけではなく、
記事のわりに写真がドドーンと大きく使われていました。

続きを読む "Kassy、新聞一面に載る"

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »