2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

« エアースポット | トップページ | vol.282・落ち穂ひろい »

2019年10月16日 (水)

「やっとで通った」(前)

いつのころだったか、長姉(7歳上)の
小学校の卒業アルバムを目にする機会があった。


そこに、担任の先生を揶揄した生徒か、あるいは先生自身の自虐か
「あれだけ誘致活動をしたのにバスは来ず」
という意味合いの文言があり、
なんとなく気になりながらもそのまま放置していた。


それから数十年の年月を経て、令和元(2019)年。


ひょんなことで、地元を走るバス路線の
歴史について調べるチャンスを得た。

物音一つ立っていない太宰府市民図書館で
むかしの広報誌を、自分が生まれた昭和50(1975)年(※)から
1ページ1ページめくってみた。
(※)出生地は大野城市です。ご心配なく、大野城市の広報誌も読みました(笑)。


昭和58(1983)年2月1日の広報紙『市政だより太宰府』で
「4月から発車の見通し」の表題とともに
停留所と時刻表が掲載されていた。


昭和58年といえば…オイラは小学2年生の坊主で、
その年の6月からスイミングスクールに通い、
10月からは公文式に通わされることなど知るよしもないガキ。
そして長姉は中学3年生で、中央区にある学習塾に通い始めたころ。


なんだ、4月に開通したなら、
姉貴もバスに乗るには便利になったわけだし
何もなかったんだな、と思った。


ところが…。(後編へ続く)

« エアースポット | トップページ | vol.282・落ち穂ひろい »

バス・電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エアースポット | トップページ | vol.282・落ち穂ひろい »